ピクシブ百科事典

VIPカー

びっぷかー

主に高級乗用車をベースに、ドレスアップを目的に外装や内装に手を加えたカスタムカー。
目次[非表示]

VIPカーは、乗用車のカスタマイズのジャンルの一つ。
性能や実用性よりも、審美性…というかクルマをどれだけゴージャスに出来るかとかそんな具合の改造手法である。
たぶんVery Important Personとは関係がないような気がする。

概要

一般的に、4ドアの高級セダンをベースに改造する。
凄まじく型落ちの中古車の場合はともかく、カスタムショップのデモカーや本当に稼いでる人が現行車にそれなりに手を加えると改造費用は文字通り青天井である。

外装

殆ど例外無く純正よりも車高は落とされ、巨大なホイールに薄っぺらい偏平タイヤを履かされる。
サスペンションのストロークが無くなって、地面の振動が直に車体に伝わるようになっても、ドンキホーテコンビニ駐車場で、床をガリガリやるハメになってもまず第一に車高を落とすことが肝心である。

キャンバー角はホイールが綺麗にハの字になる所謂ネガティブキャンバーである。本当にハの字に見えるほどキャンバー角を付けると「鬼キャン」の称号を頂戴する。

前後のバンパーはそのままか、車高を低く見せられるように、地を這うような重厚なデザインのものに交換、或いは加工をする。

カスタムによってタイヤのサイズが変わることが殆どなので、フェンダーはぶっといタイヤが収まるように加工する必要があるが、走り屋系のカスタムと違ってそれっぽいオーバーフェンダーを付けるよりも、元のフェンダーを叩き出したり、或いはオーバーフェンダーを取り付けたあとに一見してオーバーフェンダーを外付けしたことが分からないように成型し塗装してしまう事が多い。
鈑金加工や塗装などの作業なので、結構お金が掛かる。

当然、このような改造をしてしまえば乗り心地は筆舌尽くし難いものになるが、殆どのオーナーが「クルマは見せるためのもの」と割り切っている筈なので乗り心地に触れることは野暮である。尤もそれなりに手を入れたスポーツカーもそんなに乗り心地は良くないので五十歩百歩であるが…

内装

とにかく、派手さと掛けた金額がモノを言う分野である。
特にちょっと古い国産高級車や、中の上くらいのセダンは内装がヘボい事もあるので、きちんと手を加えると化けることも。
中には一見してシックな感じで「おっ?」と感心してしまうものもあるが、車によっては一般的な感覚と乖離してるような気もする。
カスタムによって確かに内装はそれなりにアップグレードしてるんだけど、高級乗用車は中の人を疲れさせないことがコンセプトであるにも関わらず普通の人が乗ると何故か落ち着かなかったりする。
出力○○○○Wを誇るオーディオのせいかもしれないし、やたら沢山ある液晶ディスプレイのせいかもしれないし、或いは青いLEDのせいかもしれない。
はたまた乗り心地のせいか… 或いは、マフラーを替えた所為で不快な低音がずっと車内に響いてるせいか…

カスタムベースの車によっては、充分に設備が整っていることもあるので元々の内装に殆ど手を加えないオーナーも居る。

しかしながら、最低でも窓に貼るスモークフィルムは必須アイテムである。

オーナー

千差万別である。
やたら威勢の良い兄サンだったり、眉毛を見えなくなるまで剃ってたりラオウみたいな顔の人だったりする。
見てくれはともかく話してみればいい人だったりする事もあるが、間違いなく言えるのは七三分けでスーツをカッチリ着込んだ中年のサラリーマンとか、おじいちゃんやおばあちゃんでは無いと思う。

起源?

起源が関東地方か関西地方すらハッキリしない。
分かってることは、バブル期に大量に現れた所謂「ハイソカー」にこの手の改造を加えられたのが最初と思われるので、この手のジャンルが生まれたのは少なくともバブル期より後である。
関東地方の族車が起源とも言われているし、関西地方の環状族が愛用していたシビックなどのコンパクトスポーツカーの改造手法を乗用車のドレスアップの分野に持ち込んだとも言われている。
或いは、厳つい車作りに定評のあるドイツのチューニングメーカーのケーニッヒAMGのスタイルを真似たという説もある。

関連項目

改造車

pixivに投稿された作品 pixivで「VIPカー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1274

コメント