2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ゲーム概要

文字通り首都高を舞台としたレースゲームでプレイヤーは走り屋となって首都高の走り屋たちに挑むというレースゲーム。PS1までの作品では土屋圭市坂東正明も関与していた。
2006年の首都高バトルX(XBOX360)のリリースを最後に首都高バトルシリーズは途絶えてしまっていたが、2017年1月に復活を果たし、スマートフォン専用アプリ「首都高バトルXTREME」をリリース。しかし、残念ながら同年11月にサービス終了が発表された。

ゲームシステム

初期のころは純粋に1位でゴールというシンプルなものだったがドリームキャスト版以降から格闘ゲームに似た要素の「SPバトル」が導入された。これはHPに似た「SP(スピリットポイント)」を用いたバトルでこれが0になると勝敗が決まるというもの。また、首都高バトル01では1VS2、勝ち抜き戦も導入されている。首都高バトルXでは1VS3、SP不要でゴールにたどり着いた方が勝ちとなる「タイムアタックバトル」が導入。
またプレイヤーの走行パターンによって通り名が決まる「B.A.D.(Battle Abillity System)」も大きな特徴である。

シリーズ一覧

※PS1版以前の作品の追記を随時宜しくお願いいたします。

ドリームキャスト版『首都高バトル』(1999年6月24日発売)

本作よりフリー走行からのSPバトルが展開されるようになり、現在の首都高バトルシリーズのイメージを決定付けた作品。
収録コースはC1上下線及び八重洲線のみだが、当時の次世代機ドリームキャストの性能を駆使して再現された実物レイアウトに極めて近い首都高速やリアルになった車のグラフィック、何よりその首都高速を自由に走れる等は当時としては圧巻であった。
ただし、コース上のビル群などのオブジェは最低限しか再現されておらずいささか殺風景であり、広告も大半が『ワィルドファイナンス(当時実際に至るところに広告があった『ワールドファイナンス』のパロディ)』で占められている。
この時点ではまだワンダラーの概念は無いが、ローリング野郎などのシリーズお馴染みのライバルは本作で軒並み登場している。

ドリームキャスト版『首都高バトル2』(2000年6月22日発売)

DC版の続編で、前作からコース・車両のグラフィックが一新されてより実物に近くなった。
コースは前作のC1と八重洲線に加えて新環状横羽線湾岸線が収録され、大幅にボリュームアップされ、収録車種も大量に追加された。
本作よりワンダラーが実装され、それに伴いライバルが大幅に追加された。
前作や後のシリーズにあるライバル専用車は本作には存在せず、後のシリーズに比べてライバル車両の外装変化が控えめになっている。
前後のシリーズ作品に比べてBGMなどが全体的にアングラテイストである。
なお、本作で制作されたコース・車両のグラフィックは後述の他作品含め長く使用される事になる。

プレイステーション2版『首都高バトル0』(2001年3月15日発売)

プラットフォームをPS2に移したDC版2の続編。
グラフィック類は基本的に前作を踏襲しつつ、プレイアブル車・アザーカー双方で追加車種がある。
BGMは前二作のアレンジが中心。
本作からハザードランプ及びウインカーの点灯・クラクション鳴らしなどの操作が自由に行うことが可能になり、これが特定のワンダラーの出現条件にもなっている。
自動車メーカーからの非ライセンス作品は本作が最後となるが、その分収録車種は歴代最多を誇りライバル専用車両のカスタマイズバリエーションも非常に豊富である。
本作のみの要素として、アザーカーが路上で事故を起こし停車していたりオービスの概念があったりする。
また、非ライセンス作品故か廉価版が長きに渡って出荷されていたようで、2013年12月が最終出荷だったと元気の公式Twitterで公表されている(同時に、続編の01はこの6年前には既に廃盤になっているとも明かしている)。
本作のグラフィックをベースに制作されたアーケードゲームが二作品あり、ナムコ発売の『湾岸ミッドナイト(2001年稼働開始の初代と2002年稼働開始のR)』とセガ発売の『頭文字D Arcade Stage Ver.1(2002年)』である(前者はコース・車両グラフィックからゲームシステムまで0のゲームシステムの大半を、後者は車両グラフィックに手を加えて使用しており、いずれも自動車メーカーからの正式ライセンスにより実名で登場し細部も実車通りに修正されている)。

プレイステーション2版『首都高バトル01』(2003年7月24日発売)

0の続編で、グラフィック類は全て作り直された。
本作より自動車メーカーから正式にライセンスを得た為に全車実名での収録となり、エアロパーツも形状毎の性能差は無くなった。
しかし、実名収録によりホンダからライセンス許可がおりずホンダ車は全車リストラとなった(理由は余談を参照)。
この為、ライバルにも大きな変化が起こり、車を乗り換えた者やチームごとリストラされた者もいる。
また、実名収録にあたってゲームの設定そのものに変化が起こり、本作での収録コースはサーキットの様な扱いにたっている。
この為、アザーカーは全車『元気レーシングプロジェクト』の黄色いハイエースに統一され、ゲーム上ではサポートカーという事になっている。
コースは、首都高速エリアは八重洲線以外の前作までのコースに加えて横浜環状が追加され、新規で名古屋エリア(名古屋高速道路東名阪道※現在の名二環)及び大阪エリア(阪神高速道路)が追加された。
本作から追加されたシステムとして天候変化があり、雨天や雪の中を走る事が出来る。
諸般の事情により本作が収録車種のピークを迎え、次作以降は減少の一途を辿る事になる。

プレイステーションポータブル版『首都高バトル』(2005年4月21日発売)

シリーズ唯一の携帯ゲーム機用作品。
収録コースは01の東京エリアに準じている。
登場車種は日本の主要メーカーのみになり前作から大幅に減ったものの、ホンダからとある車種が非ライセンス車両として一台だけ登場する。
アザーカーは本作ではプレイアブル車種が走っている。
移植機種の性能上、バトル方式はこれまでのフリーランからのパッシングではなくバトル画面でライバルを選択し、そこからのスタートとなる。
後に、本作をベースにして発売されたのがPSP版湾岸ミッドナイトである。

Xbox360版『首都高バトルX』(2006年7月27日発売)

現時点では据え置きゲームでのシリーズは最終作となる。
グラフィックは大幅に進化し、綺麗になったもののPSP版から更に収録車種が減ってしまった。
この為、ライバルの数に対して車両被りが非常に多く目立ってしまっている。
収録コースも、渋谷線新宿線が追加されたものの、入れ替わるように大人の事情で横羽線・湾岸線・横浜環状が削除されてしまいアクセル全開区間が激減している。
一方、アザーカーは0までの様に一般車を思わせるバリエーション豊かなものになった。

ストーリー

首都高バトル0(2001年)

ある夜、瞬く間に首都高を制圧した一人の走り屋が現れる。その名は「迅帝」。その最速の走り屋に最も近い場所にいる13人の走り屋をまとめて「十三鬼将/THIRTEEN DEVILS」と呼ばれるようになる。

首都高バトル01(2003年)

首都高最速の走り屋「迅帝」がある日、首都高バトル0のプレイヤーに敗れた。その敗北から首都高が弱体化し、それに呼応して名古屋、阪神の走り屋が動き出す。

首都高バトルX(2006年)

3年前、復活を果たした「迅帝」が突如姿を消す。この間に首都高の環境は大きく変化を遂げ、古参の走り屋が去り、新たな走り屋たちの台頭により、王者無き首都高の世界はより混沌へと向かっていく。

主な有名なライバル

チーム

ROLLING GUY
R.R.
UNLIMITED
Abflug SRT
A.P.S.

ボスチーム

NOLOSER
DARTS

チーム内の主な有名なライバル

ブラックエンジェル(Speed Master)
堅実部長(のちのC1の大御所など,Galaxy Racers
イナズマシフトの拓也(DIAMOND_IMAGE)
白銀の貴公子(R.R.)

ワンダラー(条件付きのライバル)

死神ドライバー
12時過ぎのシンデレラ
ZERO
SPEED BOX
NOB
オリマブ

ボス(十三鬼将/THIRTEENDEVILSなど)

裏切りのジャックナイフ
ブラッドハウンド
ユウウツな天使
夢見の生霊
迅帝
紅の悪魔
パープルメテオ
白いカリスマ
ザ・ナイト
スカールバレット
スネークアイズ

ラスボス

???

余談

このゲームにはなにかとパロディネタが多い。ブラッドハウンドの車がDTM仕様だったり、迅帝の車がJGTC仕様だったり、紅の悪魔の車が某機動戦士赤い彗星専用のMSを模した改造が施されていたり、果ては名称不明のラスボスの車がとある漫画の主人公の車だったりする。
またライバルの中には「SHINSEN-GUMI」なるチームや阪神エリアの舞台となる大阪に所在するユニバーサルスタジオジャパンをネタにした「Univer-SARU」なるチームも存在したり、実在する人物(プロレーサー、ゲーム雑誌や車雑誌の編集者、ゲーム制作のスタッフ)が登場しているが挙げるだけでかなりキリがない。

同じゲームシステムが用いられているPS3版「湾岸ミッドナイト」のサバイバルモードに湾岸ミッドナイトのキャラに混じって登場し、プレイヤーの前に立ちはだかる。ある条件を満たすと首都高バトルの車も使えるようになる。

首都高バトル01から本田技研工業の車両が一切登場しなくなった理由は、かつてホンダは阪神の環状族の起こした事故のせいで関連会社の無限共々書類送検された過去があり、以降アザーカーの登場する作品=高速道路や一般道での暴走行為を連想させるゲームに長い間使用許可を出さなかった為と言われている。
しかし、2010年代後半から規制が緩くなったのか徐々にではあるがその手のゲームにも許可を出すようになり、「首都高バトルXTREME」で実名登場作品としては遂に初めてホンダ車が収録されることとなった(アザーカーが登場するという前提より)。
類似例として、日産のカスタムカーもXから激減しており迅帝や紅の悪魔の搭乗車種も変更になっていた。


関連イラスト

首都高バトル0 紅の悪魔
夢見の生霊



関連タグ

元気(ゲーム会社) 街道バトル レーシングバトル

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 162635

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました