ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

日産自動車が1982年から販売を行っているロングセラーのコンパクトカーである。

初代のK10型が82~92年、2代目K11型が92~02年、3代目K12型が02~10年、4代目K13型が10年〜(欧州仕様は16年まで)と、日本車としては1世代の販売年数がかなり長い。

そのため各モデルとも生産台数が非常に多く、2021年現在でも修理や改造用に生産されたパーツのストックが豊富に残っているようである。
手頃なサイズと価格、操縦性の良さに加え丸みを帯びた愛嬌のあるデザインもあり、女性からの人気やクルマにあまり詳しくない層からの認知度も非常に高い。

また軽量なボディと改造のしやすさなどもあり、スポーツ走行を楽しむユーザーも少なからずいる。
初代K10には、近年VWゴルフに搭載されて再評価を受けているツインチャージャー(ターボスーパーチャージャーの両方が搭載された)エンジンを搭載したモデルも存在した。

欧州などいくつかの地域の仕様車には「マイクラ(Micra)」と言う名称が使われているが、日本でのK12のオープンカー仕様車にもその名称が使われていた。
そのマイクラは2016年に新型が投入され、日本で販売されている4代目のタイ製のマーチと全く異なる外観・メカニズムとなって切り離しがなされている。

初代をベースにBe-1などの日産パイクカーシリーズの兄弟車や、2代目以降の光岡自動車による改造でビュートなどの派生車が誕生している。
変わったところでは無印良品とのコラボで登場した2代目の派生車種、「MujiCar1000(ムジカー・セン)」も存在した。

車名の由来は「行進」や「行進曲」からで、一般公募による命名であった。

歴代モデル

初代(K10)

マーチ・1.0G(K10)


ジウジアーロによるデザインが施される。
初期は装備が絞り込まれていたが、後に充実化されていった。

2代目(K11)

参考出品2


先代の角張ったデザインから一転、丸みを帯びた可愛らしいデザインになった。
MTの設定はなく、ATもしくはCVTのみ設定されていた。
欧州でも通用する車を目指して快適性やパッケージングを重視した設計である。

3代目(K12)

マーチ


ルノーと共同開発したプラットフォームを一部採用。
初期は3ドアや1000ccモデルもあったが、マイナーチェンジで整理されて廃止される。
オープンモデルのマイクラC+Cも日本では限定販売という形で販売された。

4代目(K13)

日産・マーチnismo(K13型)


(画像は追加設定されたスポーツモデル「NISMO S」)
この代より日本での生産が終了し、国内向けはタイの工場が担当する。
プラットフォームを切り替えて構造の単純化を図ったほか、後席の居住性も改善されている。

2020年にはブラジルでの生産が終了となっている。
2021年にメキシコ仕様が欧州仕様のK14マイクラに似た顔つきに変わったが、日本への導入は未定。

関連項目

日産 コンパクトカー 名車
Be-1 パオ フィガロ パイクカー
マイクラ
(欧米への同型輸出車名)

光岡自動車 ビュート

近藤真彦
(初代初期の広告キャラクター)

外部リンク

公式サイト

関連記事

親記事

日産 にっさん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マーチ(日産)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2343

コメント