ピクシブ百科事典

オープンカー

おーぷんかー

屋根が開く、もしくは屋根が無い自動車の総称である。
目次[非表示]

概要

屋根にあたる部分には製やビニール製の幌を使うことが多いが、近年はFRPなどの軽量な素材を使った自動開閉式のハードトップを使用するものもある。
これらはヴァリオルーフ、メタルトップオープンなどと呼ばれる。

ちなみに、「オープンカー」は和製英語であり、欧米では「ロードスター」、「コンバーチブル」、「カブリオレ」、「スパイダー」など、厳密な区別がある。

歴史

自動車の歴史は馬車からの発展であり、元々は屋根が無いか、幌を利用していたケースが主流である。
その為、近代までは寧ろオープンカーが一般的であり、金属製の屋根を持つものは高級な商品であったと言える。また、屋根を持つ車をハードトップと呼んでいたことからも、屋根がある方が特殊であったことが伺える。
ハードトップ式の自動車普及後は、オープンカーは特殊性上に高価である上に、その構造により剛性・安全性・保安性などに問題があり徐々に廃れていき、オープンカーは趣味性の高いクルマという位置づけになっていった。
現代に残るオープンカーは、マツダロードスターのヒットに起因するところが大きい。これを受けメルセデス・ベンツBMWまでもが追随をすることとなったが、ロードスターほどのヒットとはなっていない。

劇中車としてのオープンカー

古来より映画に登場する車にはオープンカーが多い。これはアニメでも同様である。
別に格好が良いとかではなく、屋根があいていないと役者の顔が見えなくなってしまう為である。
日本車初のボンドカー007シリーズ)であるトヨタ2000GTも本来存在しないオープンモデルが劇中に登場しているように、必要があれば有りもしない車すらでっち上げる。

レーシングカーとしてのオープンカー

F1をはじめ、レーシングカー(特にフォーミュラカー)にはオープンカーが多々見られる。
これは、一分一秒を争う自動車レースの世界では、屋根などという「サーキットでは無用の長物」は取り付ける必要はないとみなされているためである。ただし、オープン構造だと空気力学的には不利になることもあり、一長一短ではある。
F1をはじめとするフォーミュラカーの車体が依然として旧来の形態をとどめているのは、伝統的な側面や、事故時にドライバーを救出しやすくするためなどの理由がある。

代表的な車種

普通自動車

マツダ ロードスター
ロータス エラン
メルセデス・ベンツ SLK/ベンツSSK
BMW Z3/Z4/Z8
ポルシェ ボクスター
プジョー 206cc
フィアット バルケッタ
アルファロメオ アルファスパイダー
など

軽自動車

ホンダ ビート
ダイハツ コペン
スズキ カプチーノ
など

関連タグ

 ロードスター
サングラス 指切りグローブ やらないCAR/暁生乗り

pixivに投稿された作品 pixivで「オープンカー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 179225

コメント