ピクシブ百科事典

Z4(BMW)

ぜっとふぉー

Z4とは、BMWが生産する二人乗りオープンカーである。
目次[非表示]

読みは、日本では「ゼットフォー」が主流だが、他にも「ズィーフォー」、そしてメーカーのおひざ元であるドイツ語だと「ツェットフィーア」とも読める。

市販バージョン

これまで1度フルモデルチェンジを受けている。

初代 E85系、E86系(2003-2008)

BMW Z4


E85はロードスター(幌が開くタイプ)のコードネーム、E86はあとで追加されたクーペのコードネームである。

この代ではガチなスポーツ性を意識したMモデルが存在し、日本に正規に導入されたもので唯一のMT車である。

2代目 E89系(2009-2016)

BMW Z4 2009……(3/3枚)


先代と変わってハードトップ化された。
全車電動で屋根を開け閉めできるようになっている。
先代に存在したMモデルは存在しないものの、一部M仕様のパーツが使われている
「Mスポーツパッケージ」が追加された。

当初はすべてエンジンはBMWおなじみの直列6気筒を搭載していたが、
世界的にエンジンサイズを小さくする流れがあるため
マイナーチェンジによりメイングレードが4気筒ターボ化されている。
が、最上級グレードはさらにスペック、内容の充実がはかられている。

3代目 G29系(2019~)

再びソフトトップに戻った。
トヨタ自動車との共同開発が行われており、エンジンとプラットフォームはA90系GRスープラと共通している(ただしスープラの方はハードトップクーペ)。また排気系については、トヨタが開発したものの方が良かったことから、これを採用している。

モータースポーツ(Z4 GT3)

初音ミク Z4


Pixivを閲覧している人にはZ4という名前や市販バージョンの姿形知らなくても、「初音ミクのラッピングがされた痛車のレーシングカー」の存在を知っている人は少なくないだろう。それがこのZ4である。
正しくはZ4 GT3というサーキット専用のバージョンで、市販バージョンからは見た目はもちろん中身も大幅に手を加えられた本物のレーシングカーである。

キワモノイメージの強い痛車だが、初音ミクZ4は2011,2014と2回のシリーズチャンピオン経験がある強豪チーム「Team UKYO」の車両として使われており、そのほかのチームも利用して世界のあちこちで実績を残している車種である。
なお、2015年からはチームがメルセデス・ベンツ製に入れ替えたため「初音ミクのZ4」がサーキットを走る姿は2014年で見納めとなった。ただし、ミクZ4はイベントなどで展示されていることはある。

2016年からはGT3規格のベース車両がM6に変更されたため、Z4 GT3も2015年でほぼ見納めとなった。

ちなみにお値段は、ユーロ/円の相場によるがだいたい4,000万円を超える代物である。
レース専用だし、特別な契約が必要だったりレーシングチームを持ってないと売ってくれなさそうに見えるが、実はちゃんと支払いができるのなら個人でも購入可能である。
型落ちとなっている今ならもっと安く買えるだろう。

関連項目

Z3(先代)
BMW

関連記事

親記事

BMW びーえむだぶりゅー

兄弟記事

コメント