ピクシブ百科事典

i8

あいえいと

2013年にBMWが発表したプラグインハイブリットのスポーツカー
目次[非表示]

概要

2013.9.10フランクフルトモーターショーにて発表されたBMWの『i』ブランドのスポーツカー。
フロントに131馬力相当のモーター、車体中央にモーター用のバッテリー、231馬力相当の1.5リッター直列3気筒ツインパワーターボエンジンはミドシップとなっている。

エクステリア

市販される自動車の多くは、発表されたコンセプトカーとの外観が大きく異なる事が多いのだが、i8に関してはかなりコンセプトカーのデザインを崩さずに市販されている。非常に近未来的な外見になっており、i8以前のBMW車とは、一線を画すものとなっている。
また、リアホイール上部のカウルには大きな空洞があり、非常に高い空力性能を誇る。

ドアはBMWとしては珍しく、ピラーを軸とした斜め前方上に跳ね上げるバタフライドアを採用し、単純な外観以外の面でも「未来のスポーツカー」を強くアピールしたものになっている。

スペックの特徴

駆動は前輪をモーター、後輪をエンジンが担っている。
ぱっと見たスペックは、(ターボ付きではあるが)1.5L3気筒エンジンという一般的なコンパクトカー並みの小さいエンジンで、さらに出力もモーターとエンジンを合わせても400馬力に満たいためこのクラスの車としてはかなり心もとないスペックに見える。
しかし、カーボンの多用などで実現させた群を抜いた低重心と200kgのバッテリーを含めても1500kgを下回る車重、優れた前後の重量バランス、そして、ターボエンジンとモーターの低回転から高回転までカバーする太いトルクで時速100kmまでの加速は4.4秒(700馬力近いランボルギーニアヴェンタドールが約3秒)と驚異的なものになっている
もちろん燃費もカタログ上ではあるが40km/lを超えと非常に良いものとなっている。

活躍

市販されてすぐに、単純な環境配慮車と言うだけでなく、そのスポーティな外観から電気自動車のF1とされるフォーミュラEのセーフティーカーや東京マラソンの先導車などに採用されており、今後も様々なシーンで目にする機会があると思われる

関連項目

BMW ハイブリッドカー

pixivに投稿された作品 pixivで「i8」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 49855

コメント