ピクシブ百科事典

ミニ(BMW)

びーえむだぶりゅーみに

英国ローバー社の「ミニ」ブランドを買い取った、ドイツBMW社のハッチバック乗用車シリーズ。
目次[非表示]

概要

英国の有名乗用車ブランドであるミニ(BMC)シリーズは、1959年にBMC傘下のオースチンモーリスから発売されて以来、相次ぐ吸収合併で会社は変わりながらも長きにわたり生産販売されていた。
1994年にドイツBMW社が買収で傘下に収めたローバーから商標権を譲り受け、法律による現代の保安装備基準などにに合わせた新ブランドとして2001年に立ち上げた。

BMWは英国オックスフォード近郊にある旧ローバーのカウリー工場を本社とする「BMW(UK)Manufacturing Ltd」(生産特化の子会社)を新たに設立。
オックスフォード工場として2001年4月から新型ミニを生産している。

従来のモデルを「クラシックミニ」と呼び、日本では2001年以降のものを「BMWミニ」や「ニューミニ」と呼ばれる事が多い。
未だ旧シリーズほどではないものの、すでに登場から20年近く大幅なデザイン変更を経ることなく販売されている。

現在のものはBMCのデザインのテイストを受け継いでいるがボディサイズはかなり大きくなり、ラインナップは全体的に中型車化している。
ボディタイプはいずれもハッチバックではあるが、クーペセダンオープンカーステーションワゴン型などかなり幅広い。

歴代モデル

第一世代(2001年-2006年)R50/52/53型

喜久子とタンク



R50はサルーンの「ワン」と「クーパー」、R52は「コンバーチブル」、R53はサルーンの「クーパーS」のモデルコードである。
エンジンはBMWとクライスラーとの合弁会社で、ブラジルに拠点を置くトライテックによって製造される直列4気筒1.6Lの「トライテック・エンジン」(「ペンタゴン・エンジン」)が搭載される。

モデル・グレード名一覧
サルーン
ワン
ワンD
クーパー
クーパーS
コンバーチブル
ワン セブン
クーパー セブン
クーパー パークレーン
クーパーS パークレーン
クーパー チェックメイト
クーパーS チェックメイト
クーパーS JCW
クーパーS with JCW GP kit
クーパー コンバーチブル サイドウォーク
クーパーS コンバーチブル サイドウォーク

第二世代(2006年-2013年)R55/56/57/58/59/60/61型

New Mini At Night



モデルコードは、

  • R55がクラブマンとクラブバン、
  • R56がサルーンのワン、クーパー、クーパーS、
  • R57がコンバーチブル、
  • R58がクーペ、
  • R59がロードスター、
  • R60がカントリーマン(日本名クロスオーバー)、
  • R61がペースマン
となる。

エンジンはBMWとフランスPSAグループとの共同開発による新型エンジン(コードネーム:Prince)シリーズを搭載。

モデル・グレード名一覧
サルーン
ワン
ワンD
クーパー
クーパーD
クーパーS
クーパーSD
ジョン・クーパー・ワークス
クラブマン
コンバーチブル
カントリーマン(日本名クロスオーバー)
クーパーS ALL4
クーペ
ロードスター

第3世代(2013年〜)F54/F55/F56/F57型
ボディサイズの拡大により日本では全てのグレードで3ナンバーサイズとなる。
プラットフォームは新開発の「UKL」と「UKL2」を採用。

モデルコードは、
  • F54はクラブマン
  • F55は5ドアHB
  • F56は3ドアHB
  • F57はカブリオ(日本名コンバーチブル)、
となる。

モータースポーツ

2011年プロドライブがBMWワークスとしてミニでのWRC参戦を開始。

またこれまでBMW・X3でラリーレイドに参戦していたX-レイドラリーチームの手により、ラリーレイドにも参戦。
当マシンの外見はカントリーマンとなったが、中身はそれまで参戦していたX3とほとんど変わらないという評価がされた模様。
2012年のダカール・ラリーに参戦し、ステファン・ペテランセルが総合優勝を飾っている。

関連項目

BMW 乗用車 欧州車
ハッチバック ミニ(BMC)

佐倉慈(がっこうぐらし!)
:本シリーズを愛車としており、彼女が顧問を務める部活の生徒の送迎でも用いている。

関連記事

親記事

BMW びーえむだぶりゅーまたはべんゔぇ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ミニ(BMW)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26173

コメント