ピクシブ百科事典

MR-S

えむあーるえす

MR-Sはトヨタ自動車により1999年から2007年まで製造販売されたオープンタイプのスポーツカー。
目次[非表示]

概要

 この自動車は「スポーツカーとしてはトヨタ自動車の目標である「ドライブを楽しむ」というよりも「運転の修行」になってしまったMR2の反省を踏まえ、後継として設計された。
 足回りをヴィッツ等のもの(NBCプラットフォーム)に変更し、パワーよりも運転のしやすさをとる設計となっている。また、軽量化のためか、完全なオープンカーとなっている。
 車名は日本国外向けも含めてMR-S("MR"はミッドシップMidship Runaboutの略)とするつもりだったが、言語系の齟齬によりMR2(フランス語ではMR)が継続され、米国向けは先代でオープンカー仕様の名称として使用されたMR2 Spyderとなった。
 同クラスのオープン2シータースポーツカーとしてマツダ・ロードスターが存在し、特に2代目と当車は良く似ているが、売り上げ台数がまったく異なる(この車は自称ライバルの2代目のみでも1/4以下の売れ行きであった)。

スタイル・機構

 この車はNBCプラットフォーム採用であるため、トヨタの他の車とあまりにも違う点は存在しない(エンジンなどは1800ccの140馬力でたとえばセリカ等幅広い車種に採用)が、設計で新機軸を搭載した点もある。特にトランスミッションはMTAT(実はシーケンシャルマニュアルトランスミッションSMTちなみに日本で始めて)の二種5速(マイナーチェンジ後は6速)が存在する。

歴史

 1995年に原型となるMR-Jという「4人乗り」のコンセプトカーモーターショーで発表、これは不人気だったのか立ち消えとなり、1997年にこの車のコンセプトカーが発表、差異は外観デザインの細部は異なった。
 1999年に発売されたが、2000年、シーケンシャルMTモデル(日本ではATで運転可能)を追加、2002年、ミッションの切り替え数の増加やタイヤのサイズ、ボディや外装や内装を変更したマイナーチェンジ。2004年法律の関係か、ボディ剛性を強化し、車重が30kgほど増加。2005年ランプ関係の変更、2006年ベース車を2007年1月に生産終了、特別仕様車を1000台限定で発売し、2007年7月、予告どおり生産終了およびモデル廃止。
 この決定によりレクサスブランドのSC(SCは2010年生産終了)を除きトヨタブランドとしてのスポーツカーが消滅し、同事業から86の発売までスポーツカー事業から事実上の撤退となった。また、これによりトヨタの新車購入可能な6速MT車がオーリスのRSで6速MTが採用されるまで消滅。

pixiv

TOYOTA MR-S カラー

ミツバ・ラック MR-S


関連項目

TOYOTA MR-S スポーツカー オープンカー

pixivに投稿された作品 pixivで「MR-S」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13124

コメント