ピクシブ百科事典

オーリス

おーりす

オーリス(Auris)とはCセグメントクラスのハッチバック車で、カローラの派生車種に当たる。取り扱い店舗はネッツ店。
目次[非表示]

概要

車両形式的にカローラ系の「E」軽が割り当てられていること、取り扱い店舗がネッツ店であることからスプリンターアレックスの後継車種であると言える。(2代目については後述)
また、地域によってはこれをカローラとして販売している場合もある。

登場当初はその面構えから「デカいヴィッツ」のような趣だったが、初代後期型では6速MTを搭載した「RS」グレードを新設、MR-S生産終了から2年3ヶ月ぶりに国内向けの6速MTのトヨタ車が復活した。(のちにスポーツカーで6速MTを標準としたコイツが出たせいで若干影が・・・。)

2代目では様々な仕様変更が行われたが、特に外観はそれまでのトヨタ車では考えられないほど前衛的なフォルムとなり、ひと目見ただけでは「え、トヨタ車なの?」と疑われるほどのものとなった。

2代目後期型では、トヨタ車として初のダウンサイジングターボエンジンを搭載したグレード・「120T」が登場。低燃費ながら1.8L自然吸気エンジンにも勝るとも劣らないトルクフルな走りを実現している。
更に後期型登場から1年後、ハイブリッド化の波に押されてオーリスにもハイブリッドグレードが追加。欧州市場では既に初代後期型の姿でオーリスハイブリッドも生産されていたが、これは元々ハイブリッド専用車・プリウスの3代目がオーリスのプラットフォームを採用していたことから、このようなグレードが過不足なく実現できたことが背景にある。

また、ガンダムとのコラボで「シャア専用オーリス」と言うモノが作られた。

シャア専用オーリス

これはコンプリートカーではなくディーラーオプションなのだが、フルオプションにすると車体込みで本体価格330万円以上(税5%当時)、ヘタをすれば総費用は400万円近くもする。
誰が400万円のカローラを買うんだ!?と言いたいところなのだが、結構な反響はあるようだ。
まさに、赤いのは3倍(集客力的な意味で)である。

ここで、具体的な数字を出そう。

なお、代表2グレードで専用パーツ全部乗せのシャア専用機を作った場合、価格差は・・・
※以下の価格は全て消費税抜き、1万円未満切り捨てのため誤差あり。

1.8RS“S Package”(最高額グレード、214万円)+100万円=314万円(約1.46倍)
150X “C Package”(最廉価グレード、162万円)+100万円=262万円(約1.61倍)

しかもこのパーツ代100万円には、取り付け費用は含まれていない。
3倍とまでは行かなかったとしても、2倍は確実である。

参考までに・・・

ランエボⅩ GSR標準車 361万円
WRX STI標準車 351万円
アクセラ2.2XD(ディーゼル) 284万円

等と比べると、その値段が尋常でないことがわかるだろう。

この他、機動戦士ガンダムUCの公開を記念して、フル・フロンタル専用オーリスも登場している。こちらもシャア専用のように外装がワンオフパーツで組み立てられており、袖付きの専用車を主張するように金色のエングレービングをあしらっている。


取り扱い店舗について

初代〜2代目後期の日本仕様ハイブリッド追加前まではネッツ専売である。しかし、2016年4月に日本仕様ハイブリッド追加とともにトヨペット店での取り扱うようになった為にネッツ専売のNマークが廃止され、トヨタのエンブレムマークに変更される事となった。

関連タグ

スタヴ・ストラスコ/常識に尻を向けろ - キャッチコピー
シャア・アズナブル - シャア専用ザク
プリウス - プラットフォームの流用先。内装類のレイアウトもよく似ている。
ブレイド - 違う販売チャネルから生産された姉妹車。同じ車格ながら一部グレードに3.5Lエンジンをぶち込んだせいでスープラと同等のパワーウエイトレシオを叩き出してしまった
CT200h - 謂わば「レクサス版ブレイド」。プラットフォームはオーリス、足回りはブレイド、そしてパワーユニットはプリウスといういいとこ取り。何気に同ブランドで初のハッチバック
ルミオン - 3ナンバーカローラの仲間。

pixivに投稿された作品 pixivで「オーリス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13615

コメント