2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

2011年1月販売開始。レクサスブランドの中では最もサイズが小さく、価格も低く抑えられており(383万円~)、アウディでいうA1のようなFFのエントリーハッチバックモデルである。
CTは「クリエイティブ・ツアラー」の略。
ラインナップはハイブリッドの「CT200h」のみで、指定燃料はレギュラーガソリン。
ライトチューンの"F SPORT"グレードも用意されている。

駆動系は2ZR-FXEエンジン(1.8L直列4気筒)と3JM交流同期モーターを組み合わせており、これは3代目プリウスと共通するものである。
そのため巷では「レクサス版プリウス」と呼ばれることが多いが、

  1. リアサスペンションがダブルウィッシュボーン式独立懸架である
  2. センターメーターではない
  3. ホイールベースが2600mmである(プリウスは2500mm)
  4. 正統派ハッチバックである(プリウスはファストバック
といった点から、同じパワートレインを積んだ2代目オーリスがベースと見るのが正しい。

Lexus CT200h


↑2014年のマイナーチェンジで、レクサスの象徴「スピンドルグリル」へフェイスリフトされている。

ノーマル・エコ・スポーツの3つのドライブモードが用意されており、スポーツモードを選択するとハイブリッドシステムの駆動電圧が最高650Vまで昇圧して加速性能が強化される他、ハイブリッドシステムインジケーターからタコメーターに表示が切り替わる。
また6段変速が可能なマニュアルシフトゲートとパドルシフトを装備しているが、これは3世代目のTHS(トヨタ・ハイブリッド・システム)ではトヨタ・レクサス全体で唯一の試みであった。

プリウス、オーリスともにTNGAプラットフォーム+第4世代THSでフルモデルチェンジされた一方、CTは第5世代THSが登場した後も旧型のMCプラットフォーム+第3世代THSのまま生産・販売が継続されていたが、2022年3月に同年秋に生産を終了すると発表された。

関連記事

親記事

レクサス れくさす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 208

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました