ピクシブ百科事典

レクサス・LC

れくさすえるしー

レクサス・LCとは、トヨタ自動車の高級車ブランド『レクサス』が販売するクーペ。
目次[非表示]

概要

2017年発売。
デザインは2012年にデトロイト・モーターショーで発表されたLF-LCというコンセプトカーが元になっている。当初開発陣からは「このデザインで市販化するのは技術的に無理だ」と思われていたが、客からは大好評であったため、頑張って市販化までこぎ着けた。

ヤマハ発動機と共同開発した、現行の国産唯一のV8自然吸気である2UR-GSEを搭載した『LC500』と、同じエンジンで2020年6月に追加されたオープンカー仕様の『LCコンバーチブル』、THS-Ⅱ(トヨタ・ハイブリッド・システムⅡ)とトヨタ純製のV6自然吸気+アトキンソンサイクルの8GR-FXSを搭載した『LC500h』の3種類がある。プラットフォームはGA-Lで、5代目LSや15代目クラウンと共用している。
LC500hは疑似10段変速の「マルチステージハイブリッドシステム」を同社で初採用している。

性格としてはFRで2tもの車重のラグジュアリークーペで、官能的なデザインやエンジンサウンドを楽しむものであり、ホンダNSX日産GT-Rのような4WDターボで武装する同価格帯のライバルと比べると速さでは全く敵わない。
しかしSUPERGTのGT500では2017~2019年にLEXUS GAZOO Racingのベース車両として採用され、デビュー戦でレクサス全6チームが1〜6位独占、その後も表彰台独占を連発するほどの圧倒的な強さを誇るという、市販車とは逆の光景が見られた。
ニュルブルクリンク24時間レースにも市販車の技術を開発・テストするという名目でSP-PRO(プロトタイプ)クラスに参戦しているが、具体的に何をテストしているのかは謎に包まれている。

パトカー

2020年9月に栃木県警に会社役員の県民から寄贈された。
価格は驚きの1740万円

…ちなみにこの寄贈した人は他にもGT-RパトカーやNSXパトカー、フェアレディZパトカーを寄贈しており、SUPERGTツインリンクもてぎで開催される際に栃木県警が公開しているので運が良ければ今後この超高額スポーツパトカーが並んでいる姿を見られるかもしれない。

フィクションでの扱い

MFゴーストでE・ハンニネンがLC500を採用している。しかし性能調整(グリップウェイトレシオ)があるとはいえ、同じエンジンで300kgも軽いRC Fがあるのに、なぜLCなのかは謎である。

関連イラスト

au TOM'S LC500
センシティブな作品



別名・表記ゆれ

LC500 LC

関連タグ

レクサス
RC F…LC500と同じエンジンを積むスポーツクーペ

関連記事

親記事

レクサス れくさす

子記事

  • LC500 えるしーごひゃく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「レクサス・LC」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1685

コメント