ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

2016年12月に発売。
製造は、国内では子会社トヨタ自動車東日本の岩手県の工場、海外ではトヨタのヨーロッパ法人のトルコの工場で行う。

車名の由来は、

  • 「Compact High Rider」(コンパクトでリフトアップされた格好いいスタイル)
  • 「Cross Hatch Run-about」(ハッチバックのようにキビキビと気持ちよく走るクロスオーバーSUV)」
という意味合いの文中3頭文字を取ったものである。

TNGA-Cプラットフォーム採用車としては4代目プリウスに次ぐ第2号であるため、「プリウスの(クロスオーバー)SUV版」と呼ばれることもある。
しかしながら試作車をニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦させており、前期型はドイツのザックス社製のダンパーを使用するなど、舗装路でのある程度のスポーツ走行性能を意識した設計はされている。

その一方で後席の居住性や荷室の広さ、後方視認性などの実用性が低いという評価もされているようである。
また本格的なSUVではないためオフロード走行には向いていない。

エンジンは、国内向けは1,200ccターボ付きと1,800ccハイブリッド仕様の2種類を設定。
さらに欧州向けには日本仕様同様の2種類に加えて2000ccのハイブリッドエンジン搭載車、北アメリカ中国本土向けには2,000cc、東南アジア向けには1,800ccのNA(自然吸気)が設定されている。

ただし北米仕様の2,000ccは中国本土向けのそれとは別のエンジンとなっており、中国本土向けには電気自動車仕様も存在する。
駆動方式はFF4WDがあるが、ハイブリッド版4WDの「E-Four」の設定はない。

安全装備として、衝突防止、車線はみ出し警告、ハイビームとロービームの自動切り替え、一定の車間での追従走行の4つの機能をセットにした「Toyota Safety Sense P」(2018年5月販売分から「Toyota Safety Sense」に変更)を標準設定している。

2019年10月のマイナーチェンジでは、TOYOTA GAZOO Racingチューンの『GR SPORT』グレードが新設定。
加えて海外で先行発売されていたiMT(自動ブリッピング機能付きマニュアル・トランスミッション)仕様が国内導入された。

姉妹車としてはレクサスUXとイゾアが存在する。
レクサスUXは、中国向けC-HRの2,000ccエンジンとヨーロッパ向け2,000ccハイブリッドエンジンを搭載し、外観デザインは独自のものを採用している。
イゾアは中国の自動車メーカー・中国第一汽車集団とトヨタとの合弁企業である「一汽トヨタ」向けの車である。

2017年度には日本で約11万7,000台の新車販売台数を記録し、クロスオーバー車も含めたSUV部門でトップになった。

2020年3月時点での評価は、
渡辺陽一郎:ベストカーWEB編集部
2020年12月時点での評価は、
同上
等を参考にして頂きたい。

モータースポーツ

正式発売前の2016年6月に開催されたドイツのニュルブルクリンク24時間レースに、TOYOTA GAZOO Racingが市販車プロトタイプで参戦、悪天候化のコースコンディションの悪さやチームのうっかりミスによるガス欠にめげずにクラス3位で完走を果たした。
2019年にはタイのトヨタ法人がエンジンを3S-Gに換装したもので参戦してクラス3位に入っている。

またアジアパシフィックラリー選手権(APRC)参戦のために、TRDとCUSCOが共同開発した2.0Lターボのラリー仕様が存在している。
2019年9月に開催されたAPRCの一プログラムである北海道の大会でデビューと勝利を飾っている。
更に2020年にはタイの子会社によるチームが、同規定仕様でタイランド・ラリー選手権に参戦した。

ただし上記のモデルはあくまでレース用に専門業者の手で専用改造されたものであり、市販モデルそのままの状態ではオフロードや悪路での走行には全く向いていない点には注意が必要である。
もっとも、初心者向け1Day開催のTOYOTA GAZOO Racing・ラリーチャレンジに専用改造がなされていないものが参戦したことがある。

関連項目

トヨタ 乗用車 クロスオーバーSUV

外部リンク

関連記事

親記事

トヨタ とよた

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「C-HR」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2900

コメント