2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

日産自動車がこれまで市販車として販売した「キックス」として、

の3車種が登場。

開発主体とコンセプト、車両規格、設計思想、走行性能などを見ても、同じ名前だけで全くの同一車種ではない。
また1995年の東京モーターショーと1998年のパリモーターショーに同名のコンセプトカーを出展している。

軽SUV(KIX) (PA0(H59A)型)

キックス



2008年から2012年まで販売された三菱パジェロミニOEM提供車。
グリルなど一部の外装デザインや設定カラーが異なる、4WDのみでFR仕様車がない、などを除けばほとんど変わりはない
軽自動車でありながらもオフロードや悪路での走行性能に優れる。

普通クロスオーバー車(KICKS) (P15/RP15型)(メイン画像)

日本での基準において中型の普通自動車となった他、世界中の全ての仕様車がFFとなった。

2016年にブラジルで初めて生産販売され、リオデジャネイロオリンピックのオフィシャルカーにも使用された。
その後中華人民共和国カナダ米国台湾タイでも販売を開始し、現地生産の国と地域も増加。

日本ではジュークの実質的な後継車種として2020年6月に市場投入。
生産は4代目マーチと同じタイで行われ、先行のブラジル仕様車とはサイズが多少異なる。
また国内仕様車の動力システムはシリーズ式ハイブリッドシステムe-POWERのみで、安全運転支援システムのProPILOTを標準装備する。

現行車はあくまで2代目ノートとプラットフォーム※を共有する「クロスオーバーSUV」である。
足回りについては先の軽SUVのものとは異なり、至ってスタンダードな設計となっている。
4WD仕様の設定もないのでオフロードや悪路走行には全く向いていなかった。

…が、2022年7月19日のマイナーチェンジで、念願の4WD仕様車となる『e-POWER 4WD』を新たに設定。フロントだけではなく、リアにもモーターを搭載した電動四輪駆動。さらにe-POWERも第1世代から3代目ノートと同様の第2世代へと進化した。

 ただし既に発売されているSUV系のアリアエクストレイルとは異なりe-4orceは搭載されていない。あくまでも日常利用を想定した車なので購入時は気をつけよう。

さらにコンパクトSUVとして、『インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)』を初採用、全車に標準装備。センターコンソールやシフトレバーも3代目ノート以降のデザインへと一新された。

インド仕様車

2019年、インド市場で日産・ルノーアライアンス下で共同開発されたルーマニアダチア社の新プラットフォームを使用したSUV型車が登場し、「キックス」として販売開始。
P15型より大型化されており、兄弟車に該当する関係にはない。

脚注


※ 使用されているプラットフォームはVプラットフォーム。本来であればパーキングブレーキはサイドパーク式であるがこのキックスに関しては電動式である。


関連項目

日産 乗用車
軽自動車 SUV オフロード
クロスオーバーSUV
e-POWER ProPILOT

ロッキー(ダイハツ) ・・・ダイハツが製造するライバル車。こちらは5ナンバーのBセグメントクラス。OEMでトヨタでも販売している(トヨタ・ライズ)。

外部リンク

公式サイト

関連記事

親記事

日産 にっさん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「キックス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 915

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました