ピクシブ百科事典

AE86

えーいーはちろく

トヨタ 4代目カローラレビン / 6代目スプリンタートレノのうち、1600ccDOHCエンジン「4A-GE」を搭載したスポーツグレード(GT APEX/GTV/GT) の形式名。
目次[非表示]

タグとしてはハチロクの方が多数派の(絶対数としても、AE86タグと(同車を意味する)ハチロクタグとの比較でも)模様だが、これにはまれにAE86以外の「ハチロク」を含むことがある。

概要

1983年発売。1987年生産終了。
発売された時期、B~Cセグメント車は全体的にFFに移行しつつあった(AE80系カローラ/スプリンター自体もセダン・5HB・FXはFFである)ことから、軽量なFRを好む傾向のあるアマチュアスポーツドライバー(所謂走り屋)に高い人気を得た。中には土屋圭市、谷口信輝、勝田範彦、ヤリ=マティ・ラトバラなどのように、AE86から四輪モータースポーツの世界に入っていったプロドライバーも多い。

なお1500ccエンジンを搭載する下位車種は形式がAE85(通称ハチゴー)になる。

その後シビックなどの完成度の高いFFスポーツや、ランサーに代表される4WDスポーツの台頭に押され、レビン・トレノ自体も次代のAE92からFFになるなどしたが、FF化が分かった途端のAE86の人気の沸騰ぶりはすさまじかったという。その後も軽量コンパクトで手頃なFRスポーツというパッケージから、依然として高い支持を受け続けた。
一方で、主にドリフト系の走り屋にも人気だったことから改造車率が非常に高い。その傾向から陸運局が違法改造(法制度上の「整備不良」)に厳しく、他車なら見逃してくれるような些細な改造でも「AE86はダメ」と言われることが多かった。現在でもアフターパーツの中で、AE86用だけは車検対応を保障しない場合が多い。

1990年代後半からは、『頭文字D』の人気により再度注目を集めるようになった。
発売当時はレビンの方が人気であり、販売チャンネルもカローラ店の方がトヨタオート店より強かったこともあって、新車販売台数はレビンのほうが圧倒的に多かった。
しかし『頭文字D』では主人公の藤原拓海はトレノを操っていたため、数少ないトレノに需要が殺到し、中古価格急騰の事態に陥った(なお作中のハチロク遣いは拓海以外に秋山渉乾信司がおり、秋山がレビンで乾はトレノである)。

購入時の注意点

『頭文字D』の影響で憧れる人は跡を絶たないが、ハッキリ言ってしまえば所詮35年モノのカローラである。

その点については、頭文字Dを愛する人こそよく理解されているだろう。1990年代が舞台の原作でもこれでもかと古いクルマ扱いされており、「アウツ・オブ・眼中」、「この時代にハチロクに乗っていても先がない」「非力なポンコツ」などと散々に言われている。発売当時は最新であったハイメカ・ツインカムのエンジンも、原作の時間軸の水準で見ても決して高出力とは言えない(ノーマルで実測100~110馬力程度。今の大衆車エンジン並みかそれ以下の数値である。なので作中のハチロク遣いは拓海を含め、皆なんらかのエンジンチューニングの下に勝負を挑んでいる)し、サスペンション設計の古さも足を引っ張っている。
大半のバトルではランエボ・RX-7のような格上はもちろん、カプチーノのような格下のクルマにも苦戦しており、拓海の天才的な腕に加えてブラインドアタックのような奇策や何らかの幸運や条件の下に、薄氷の勝利を掴んでいる。
尤も、読者はハチロクの「己の腕次第」「主人公の無二の相棒」「チューニングでの伸び代がある」というところに憧れという感情が湧くものなので、クルマ自体の速さをどうこう言うのはピントのズレた話かもしれないが。

現実の話に戻すと、販売終了から35年以上を経た現在ではハチロクは立派な旧車である。
当時の車はボディの鉄板と塗装の質が低かったため錆びやすく、更に走り屋マシンの定番であるとなれば、各部がボロボロなのは想像に難くない。
実際、現在出回っている中古車は殆どが修復歴を持っており、一見大人しそうに見える個体でも過去にどんな乱暴な扱われ方をされてきたかは分かったものではない。
特に頭文字Dのアニメ放映期には、エンジンやボディが半分腐ってるような程度の悪い車や、事故車、ニコイチ車、メーター改ざん車を高額で売りつける悪質業者も横行した。

こうした事情から、数少ない程度のよい個体には相当の高値がついており、この車のカルト的な人気を象徴している。
中古車の購入を検討する場合は、上記の歴史と実情を踏まえたうえで1人で選ぼうとせず、詳しい人間や仲間と一緒に吟味してから購入するようにすべし。

「ポスト・ハチロク」を探せ!

ではFR車が激減した現在において、かつてのハチロクのように「比較的安いFRでアフターパーツが豊富」という要求をクリアできるクルマはあるのだろうか。

・・・という発想からまずドリフト野郎が目をつけたのが、他でもないマークⅡBros.とローレル、A31セフィーロであった。
Dセグメント車ゆえ重量はそれなりにあるものの、当時この3車種はMTの設定もあり、ファミリーカーのド定番であったため場合によっては(特にある程度年数の経ったAT・NA車)タダ同然という氾濫度合い、それでいてFR+パワーアップに耐えうるJZ&RBエンジン(あろうことか、NA・ATながらも2JZ搭載グレードもあった)と、これはまさにドリ野郎が飛びつくであろうパッケージングであった。
それからというもの、この3(+2)車種は現在もドリ車の定番である。
あと、S14以降のシルビアもまだ現実的に考えられる部類だろう。

あと、変わったところではタクシー用として開発されたコンフォートクルーを見つけてきて横向けるバカ(褒め言葉)も居る。まさにリアル『TAXi
ただどちらもMT設定のあるコンパクトFRで、教習車需要狙いでコンフォートには3S-FE、クルーにはRB20搭載グレードも存在したので素性は悪くない。ほんと良く見つけてきたな。
しかもTRDで有名なトヨタテクノクラフトがコンフォートにスーパーチャージャーぶっこんだコンプリートマシン作りやがった。公式が病気

とはいえこれらも90年代の車両、いつまでも頼ってはいられない。
それでは2000年代の車種はどうだろう。

まずトヨタ車限定だと、2016年現在では「2代目アルテッツァ」こと20系ISすらも60万円スタート、120系マークXに至っては10万円台からという中古車相場である。これらはMT換装が必要(しかもそのキットが100万円という・・・)であるためお手軽とはいえないが、まだ2000年代の車両であり経年劣化や部品供給停止の心配が少ないというのは考えるべきところであろう。

じゃ、日産は?
価格も十分に下落したFR+MT車、ありました。
というわけで忘れちゃいけないのがスカイライン。V35以降すっかり影が薄くなった感があるが、それでも純正MT車が設定されていたこと、そして「腐っても鯛」とはよく言ったものでアフターパーツには決して苦労するレベルではないという点は特筆すべきところだろう。2シーターで良ければ、それこそZ33フェアレディを考えてもいいだろう。なにせ、この2車種のMT限定でも底値が50~70万円にまで下落してきているのだ。問題点を挙げるなら車格が車格だけに税金クソ高いことだけど。

さて、ここで広島の方から何か聞こえてきました。
というわけで、ロードスター
2代目NB系の中古車相場は20万円から(Goo-net、2017年3.5現在)であり、MT比率も非常に高い。
社外パーツの状況も申し分なく、何よりも現行型が存在する。
オープンカーゆえの安全性の低さ(ロールケージ&ハードトップを組んで対応するしかない)や2シーターということが問題になる場合もあるだろうが、何れにせよ国産車で貴重な存在であることは間違いない。
で、エンジンはなんとフェスティバやファミリアと同系列。
つまり・・・ロードスターは「マツダにガチでハチロク作らせた結果」ということなのかもしれない。

そしてRX-8
実はこちらも50万円程度のMT物件が登場してきている。
そしてなんとATになってくると20万円前後の物件まで存在する。
・・・ベース車として、一考の余地があるだろう。
(Goo-net、2017年3.5現在)

そして外車では、BMW・3シリーズにSR20や1JZを積むことを提案しているショップまで存在する。
かつて(「ポスト・ハチロク」ネタにお誂え向けに)「六本木カローラ」と言われるくらいの「外車の定番」だが、それだけに流通量が多くサイズも(モデルによっては)中古相場も手頃なFR車ということに注目したんだとか。考え方はマークⅡやA31、ローレルあたりと同じである。

さて世の中には「4WDのフロント駆動殺せばFRだよなw」と考えるバカが居るもので……

「ドリフト天国」がスターレット4WDのフロント駆動殺してFRにしてしまうという珍事発生! そしてそれがあちこちに飛び火して、「90年代の日本3大WRCマシン」のセリカGT-FOUR・ランエボインプレッサ、果てはアルトまでもがFR化されてしまう事例発生!

だが、実はこれでもまだ甘い

「よくよく考えりゃこれだってFRだよな」ハイエースキャラバンを横向けるバカも昔から存在する。
ちなみにアンダフロアエンジンの為意外に重心は低く、ドライバーズポジションが高いため振られているように感じられるが意外に安定性は高いらしい。

そして我が国では、「超低価格ライトウェイト2シーターFR」が今も量産されている。
ボディカラーは潔いホワイトとクールなシルバーメタリックが主流。
需要は全国各地に無数にある。生産中止になるときは、我が国が消えるときだろう。
維持費は四輪最安クラス、毎年の自動車税もわずか6000円で実用性も申し分ない。
その2大量産地域は、静岡大阪である。
そして近年では驚くことに、5速AMT搭載車も登場した。

・・・そう、「超低価格ライトウェイト2シーターFR」とはズバリ「軽トラ」である。軽トラ(とりわけスズキキャリイの報告が多い)を横向けるバカも普通にいたりするのだ・・・。結局やるやつはどうやってでも遊ぶということか。

※ここでの中古車下限価格は特筆なき限り2016.12.04現在goo-net.com、地域限定なしの掲載データを参考にしています。

そして・・・

「ハチロク」復活へ

2009年10月、東京モーターショーにて富士重工業(スバル)との共同開発になるコンセプトカー「FT-86」が登場し、2年半後の2012年に発売。こうして86の名は継承されたのである。→86/BRZ

ただしエンジンは(トヨタ製のヘッドを持つが)スバル製水平対向エンジン、シャーシも専用設計のスポーツカーボディと、「カローラのシャーシにスポーツエンジンを載せただけ」だったAE86とは誕生の経緯が全く異なる。
メーカー側もネーミングについては「AE86のように長く愛される車になって欲しい」という意味だと公称しており、決してカローラのFR版の再来という意味ではない。

このため「パチロク」などと揶揄するオールドファンも多かったが、上に挙げたようなアルテッツァや軽トラなどに比べると遥かにハチロクらしいクルマであるのは事実である。
また各チューニングメーカーから豊富なアフターパーツが揃えられており、ラリー・サーキット・ジムカーナ・ドリフトなど多方面で人気を誇っている他、頭文字Dの続編であるMFゴーストには藤原拓海から指導を受けた片桐夏向が86を操っているなど、往年のハチロクのような立ち位置も実際に築いている。
中古車相場も一時は高止まりであったが、2019年2月現在の車両本体価格下限は100~120万円前後にまで下がっている(※goo-net.com掲載情報)。新型の開発も噂されており、これが発売されれば中古車価格はさらに下落して若者に手の届きやすくなるはず。
出自は全く異なる86だが、現代のAE86と呼ばれるだけの条件は揃っているのである。

なんにせよ旧車特有の問題に頭を悩まされることなくスポーツカーと過ごす喜びを体感したい人はこちらを検討した方が良いのは間違いない。

また1tを切る軽量と、新車で手に入れやすい価格という点ではスイフトスポーツを「現代のハチロク」と呼ぶ人もいるが、FFでターボなので異論も多い。

関連タグ

クルマ トヨタ トレノ レビン カローラ スプリンター
頭文字D - 藤原拓海 藤原文太 秋山渉 乾信司
FT-86 BRZ スバル
違法改造 暴走族

関連記事

親記事

カローラ かろーら

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「AE86」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 846241

コメント