2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

概要


日産自動車シルビア イラスト
S14 zenki


(※左は初代、右は6代目)

1965年から1968年、および1975年から2002年まで販売されたスポーツクーペ

当初は上品な内外装を纏ったスペシャリティーカーの要素が強かった。
ところがトヨタセリカをはじめとする競合車種が駆動方式をFFへと変更する中で、自動車本来のドライビング感覚を楽しめるFRを通したことからスポーツ走行を楽しむ走り屋やライトユーザーからも非常に高い支持を集めた。

モデルは7代(CSP311S10S110S12S13S14S15型)に渡って生産された。
乗車人数は初代CSP311が2人、2代目S10から4代目S12までが5人、5代目S13から7代目S15までは4人である。
駆動方式は前述の通り全代を通してFRのみで、4WDの設定はない。
またメーターについてもデジタルメーターの設定はあったものの、ファインビジョンメーター(自発光式メーター)の設定はない。

4代目S12をベースにWRCグループB規格に合わせて限定生産されたのが240RSである。

5代目S13については、歴代シルビアの中で最も販売台数が多く若者を中心に約30万台を販売した。
未来的でスタイリッシュな外装デザインと各塗装カラーが評価され、国内市販車としての名誉にあたる日本カー・オブ・ザ・イヤーだけでなく工業製品や造形物としてもグッドデザイン大賞を受賞した。
そのシルエットから女性からの人気も集める程であった。

また基本的な部品を共通する兄弟車としてリトラクタブルライト型の180SXが販売される。
両者は比較的手頃な価格で手に入り改造もしやすかったことから、購入者らの手によってシルエイティワンビアといったニコイチの改造車も誕生した。

なお1980年代のグループC規定下では「シルビアターボ」というプロトタイプレーシングカーが存在したが、英国のマーチ・エンジニアリング製のシャシーに日産製V6エンジンを搭載した全くの別物であり、本車とは一切関係がない。

余談ではあるが、3代目のS110型はメキシコ市場でダットサンブランドの「SAKURA」の名で販売されていたが、直接の関係はないものの、2022年に登場した新型の電気軽自動車の名前としてその車名が使われることとなった

日産 240RS
S15 SILVIA specR



関連項目

日産 乗用車 クーペ 名車
180SX スポーツカー ドリフト

関連記事

親記事

日産 にっさん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 70361

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました