ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

1966年から2004年まで生産販売がされた。
セダンを中核として様々なボディタイプが登場した。

車名を一般から公募された約848万通の中から選ばれた。

トヨタカローラと共に自家用車の大衆化に貢献した。

初代・B10型

日産 ダットサン サニー


1965年12月にプロトタイプが発表され、そして1966年2月に社名発表会が行われ、同年4月に正式に発売された。
1リッター直4・OHVのA型エンジンを搭載し、同年11月発売のカローラと共に高度経済成長期のマイカーブームを支えた「大衆車」の先駆となる。
1968年3月にはクーペも追加され、その際広告キャラクターに峰岸徹を起用している。

2代目・B110型

サニー・1.2GX5(KB110)


1970年1月に登場。
一回り大型化した車体サイズとエンジン、TVCMでの「隣の車が小さく見えま~す」のキャッチコピーでカローラに対抗し、モータースポーツにおいても長く活躍した。
翌1971年にはブルーバードと同じ1.4リッター・OHCのL14型を搭載した上級シリーズ「エクセレント」が追加される。

サニトラ


このモデルのピックアップトラック仕様車は長く改良が続けられた。
日本国内向けは1994年、海外向けは2008年9月まで生産された。

またロータリーエンジン搭載バージョンが開発されて東京モーターショーで披露されたこともあったが、オイルショックの影響などもあって市販化は見送られた。

3代目・B210型

2014年5月9日ロケットサニー


1973年5月に登場。
外装デザインが曲線を多用したものに一新され、1975年には排気ガス浄化システム「NAPS」を採用し、排気ガス規制に対応したものに改良された。

エクセレントのクーペはテールライトの形状から「ロケットサニー」の愛称でも知られる。
そのエクセレントは途中で1.6リッターエンジンとなったため、レギュラーシリーズに1.4リッターエンジンを追加している。
広告キャラクターは、前期型は大石吾朗、後期型は関口宏西田佐知子夫妻、末期型は佐野周二が採用された。

4代目・B310型

サニー・1.2GL(B310)


1977年11月にモデルチェンジ。
2代目B110型を意識した直線基調の外装デザインに回帰した一方でエクセレントは廃止された(バイオレットの姉妹車・スタンザに移行)。

1979年1月にはステーションワゴンの派生車「サニーカリフォルニア」が追加され、同年10月のマイナーチェンジでフロントデザインがスラントノーズに変更された。
1980年11月のマイナーチェンジではそれまでのエンジン排気量が1.3リッターと1.5リッターに拡大。
広告キャラクターは松坂慶子を採用(1980年のマイナーチェンジ時)。

5代目・B11型

サニー・1.5ターボ ルプリ(HB11)


1981年10月にこのタイプにモデルチェンジ。
バンに関してはB310が1983年7月まで製造・販売が行われたが、1982年9月発売のADバンへの移行に伴いこのB310を持って事実上廃止となる。
このモデルより駆動方式がFFに変更された。

1982年1月に内外装をグレードアップしたモーター店向けの兄弟モデルとなるローレルスピリットが発売。
同年9月にはE15E・T型ターボを搭載した「ターボ・ルプリ」と、CD17型を搭載したディーゼル車が追加される。
広告キャラクターは先代と同じく松坂慶子で、ターボ仕様者の追加時には時任三郎も起用された。

1983年10月のマイナーチェンジでクーペ仕様車を廃止(海外向け仕様では継続)、3ドアハッチバックに切り替わる。

6代目・B12型

サニー・1.5スーパーサルーン(HB12)


1985年9月に登場。
外装デザインをより直線基調としながら、車体剛性の強化を図るなど完成度を大幅に向上。
「トラッドサニー」の愛称で人気を博し、積雪・寒冷地でのニーズに応えてパートタイム4WD仕様車も新たに設定された。

1986年2月にはクーペの派生車サニーRZ-1が追加される。
同年8月には1.6リッターDOHCのCA16DE型ツインカムエンジン搭載車が、さらにその翌月にはフルタイム4WD車が追加されている。

日産自動車サニーイラスト


1990年1月に7代目・B13型にモデルチェンジ。
外装デザインは先代・B12型の正常進化ながら、ガソリン車に搭載されるエンジンがDOHCに改良された。
その一方で3ドアが廃止され、代わりに兄弟車としてNXクーペが登場した。

サニーカリフォルニアに関しては同年10月にモデルチェンジするも、2代目ADバンの兄弟車となった。
その後は1996年にウイングロードに改名し、2018年3月まで3代にわたって生産販売された。
広告キャラクターは前期型は陣内孝則伊丹十三、後期型は一色紗英を起用している。

なお後述の8代目登場後も、メキシコではダットサン・ツルの車名で2017年7月まで販売された。

8代目・B14型

サニー・1.5スーパーサルーン(FB14)


1994年1月にモデルチェンジ。
外装デザインをスペース重視且つ若々しく大幅にリファインし、1.5リッター車は10モードでリッター19.2kmの低燃費を実現。
同年5月には「ルキノ」のサブネームを付けた2ドアクーペが追加される。

なおこれまでサニー生産を担っていた神奈川県座間市の工場の規模が大幅に縮小される事になり、福岡県苅田町の九州工場(現在は子会社の日産自動車九州として分社)に移管している。

9代目・B15型(最終モデル)

サニー


1998年10月に登場。
B12型を意識したオーソドックスな外装デザインに回帰し、新型プラットフォームを新たに採用。
スポーティーグレードの「VZ-R」は、最高出力175馬力を発生する1.6リッター・DOHCのSR16VE型を搭載。

2004年10月に日本国内向けの販売が終了。
2006年には国外向けの生産も終了し40年の歴史に幕を下ろした。

その他

サニーには多くの派生車種や兄弟車があり、7代目B13型のプラットフォームはラシーンに流用され、9代目B15型は光岡自動車の2代目リョーガのベース車となった。

トヨタカローラとは、「CS戦争」と呼ばれるほどの熾烈な販売競争を繰り広げたライバルであった。

また元々「サニー」はソニー株式会社の商標であったが、事業に支障がないと判断されたらしく日産への使用許可が降りている。

関連項目

日産 乗用車 名車
チェリー パルサー
ティーダ 日産ノート

関連記事

親記事

日産 にっさん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サニー(日産)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18299

コメント