ピクシブ百科事典

NXクーペ

えぬえっくすくーぺ

日産自動車が1990年から1994年まで製造販売していた自動車である。
目次[非表示]

概要

同時期に販売されていたサニーB13型(7代目)をベースにしたクーペタイプの乗用車で、トヨタサイノス同様、安価でおしゃれな「セクレタリーカー」として開発された。
先代のサニークーペRZ-1とは打って変わり、日産自動車のカリフォルニアデザインセンター(NDI)で設計された外観は、フェアレディZ(Z32)と共通のデザインテイストを持たせており、丸みを帯びたカジュアルなスタイリングと、へこんだオーバルシェイプのヘッドライトが特徴となった。北米の女性をメインターゲットとして企画しており、日本ではサニーRZ-1の後継であるが、北米においては日産・エクサ(Nissan Pulsar NX)の後継として位置づけられている。そのため、エクサで人気のあったTバールーフをラインナップに設定している。一方で着脱式のリアハッチについては、さほど人気が無かったために採用しなかった。
エンジンは直列4気筒で、1500ccと1600ccはGA型、1800ccと2000ccはSR型で、仕向け地によってキャブレターまたはフューエルインジェクションが組み合わせれた。トランスミッションは5速マニュアルまたは4速オートマチック

販売

当時の日本の若者(メインターゲットとなる販売層)がスポーツ指向の強いクルマを求めていたため、上述の通り北米向けに企画された「NX」にはマッチせず、日本国内の販売は惨憺たる結果となる。一方でメインターゲットであるアメリカ合衆国では、そこそこ販売数が伸びたようである。またヨーロッパオーストラリアなどでも販売されており、それぞれ車名は北米向けがNX1600/NX2000、ヨーロッパ向けは100NX、そしてオーストラリア向けはNXであった。なお、事実上の後継車はルキノである。
日本国内仕様のボディカラーは8種類もの色がラインナップされたが、ほとんどのオーナーがメインカラーであるイエローを選択する比率が高かった。

広告

テレビCMが話題になった。モーフィングという手法を使い、イエローのNXのコンピュータグラフィックスが変幻自在に曲がりくねるというものだった。CGはリズム&ヒューズ・スタジオによるものだった。

pixivに投稿された作品 pixivで「NXクーペ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1768

コメント