ピクシブ百科事典

カローラ

かろーら

トヨタ自動車が生産販売する乗用車。他の車種名の一部や販売店名としても使用されている。
目次[非表示]

概要

1966年より販売。

車名は、英語で「花冠」を意味するコローラ(Corolla)に由来する。
これはクラウンの「王冠」(Crown)と、コロナの「太陽冠」(Corona)という由来および頭文字の「C」に合わせたネーミングであるとされている。

トヨタの代名詞的存在で、日本でのポジションは「ちょっと良い大衆車」である。時代に応じた開発、生産、販売技術を投入し続けてきた結果、日本国内で1969年から2001年度までの33年連続で車名別登録車販売台数1位をキープし続けた実績を持つ。
また世界累計販売台数でも1997年にVWビートルを抜いてギネス記録を更新しており、現在も世界車名別販売台数1位の常連である。

海外では中華人民共和国英国ベルギーメキシコブラジルタイトルコなど各地で現地生産を行っており、世界での知名度・存在感は大きい。

基本的なボディタイプはセダンだが、派生モデルや兄弟車なども含めてクーペやスタンダードなハッチバックステーションワゴンライトバンクロスオーバーSUVなど非常に幅広く5代目までは5ドアリフトバックもラインナップされていた。頭文字Dで知られるハチロクAE86)も、実は5代目カローラのクーペ版である。
また同じ「カローラ」と名乗るセダンでも、世界の地域によって全く異なるプラットフォーム・設計で生産されている場合が多く、この点は注意が必要である。

1987年発売の6代目から駆動方式がFRからFFベースに変更されている。
2013年発売の11代目からはハイブリッド仕様も設定されるようになった。
2019年発売の12代目からはボディサイズが3ナンバー化された。

2011年には、10代目の北米仕様車のマイナーチェンジ時のPVとして初音ミク(ワールドイズマイン)とのコラボが行われている。

主な兄弟車・名前を借りた派生車

カローラセレス
カローラレビン/スプリンタートレノ
カローラFX
カローラWRC
カローラランクス
カローラフィールダー
カローラツーリング
カローラスパシオ
カローラルミオン
カローラスポーツ
カローラアクシオ
カローラクロス

カローラⅡ
カローラターセル

モータースポーツ

2代目のクーペは発足当初の世界ラリー選手権(WRC)に参戦し、トヨタ車初勝利を収めた。

5代目の途中に追加された初代FXはいわゆるグループAのカテゴリーレースで活躍しており、全日本ツーリングカー選手権では、一度優勝したことがある。

8代目では欧州専売のハッチバックをベースにしたものがWRCに参戦。
1999年にスバルインプレッサ三菱自動車ランサーエボリューションを破りマニュファクチャラーズチャンピオンとなっている。

10代目カローラアクシオはSUPER GTのGT300クラスに参戦し、エヴァンゲリヲンとコラボした他、富士スピードウェイでの優勝を飾っている。

12代目はハッチバックのカローラスポーツがBTCC(英国ツーリングカー選手権)やフォーミュラ・ドリフト参戦時のベース車両として採用され、優勝争いの常連となっている。

販売店

当初はトヨタパブリカ店とトヨタディーゼル店で扱っていたが、その後パブリカ店の大半とディーゼル店の一部がトヨタカローラ店に転換にした。

なお2020年5月より実施されたトヨタ販売店の原則全車種併売化により、トヨタ店への改名や販売会社同士の合併による統合が進んでいる。

関連項目

トヨタ 乗用車 セダン
クーペ ハッチバック
ステーションワゴン ライトバン

AE86 AE85 AE92 TE71

関連記事

親記事

トヨタ とよた

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カローラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 123015

コメント