ピクシブ百科事典

AE92

えーいーきゅーにー

カローラ・スプリンターの4A-G搭載グレードの型式名。 一般的にはレビン・トレノの型式名として知られている。
目次[非表示]

概要

1987年、ベースのカローラ&スプリンターがモデルチェンジしたのに合わせ、こちらもモデルチェンジ。
先代はそのまた先代(TE71)のシャーシを流用したモデルだったが、この代からはレビンとトレノもFFとなった。
また、ボディタイプも先代の2ドアノッチバック&3ドアハッチバックから、2ドアノッチバックのみとなっている。

AE92にはMR2に搭載されていたスーパーチャージャーを装着した4A-GZEエンジンが搭載されている「GT-Z」というグレードが設定された。

FF化の影響や2代目ソアラをモチーフにしたデザイン、更にはバブル景気など様々な要因が重なって歴代レビン、トレノの中で最も多い販売台数を記録している。バブル当時は金のある学生が親から買ってもらう日本車の最高ランクであったり、シーマからライバル視されるなど、良くも悪くも一世を風靡した。

・・・が、販売台数が多くて中古車価格が値崩れを起こしてしまう。
さらに、ソアラやスープラが中古で安く手に入るようになることが追い打ちをかけ、
海外への輸出や廃車解体などで現存台数はハチロクより少ないといわれている。

搭載エンジン

先代同様、4A-Gエンジンを搭載する(GT APEX)。
登場初期は120馬力とハチロクより10馬力下がっているが、マイナーチェンジでハイオクガソリンに対応したことにより、140馬力に向上している。

また、AW11型MR2後期型から登場した4A-GZEエンジンも設定された。
こちらはスーパーチャージャー付きで、前期型が145馬力、ハイオク対応の後期型で165馬力を発生する。
また、廉価モデルで4A-FEエンジンを搭載するモデルもある。

さらに、1500ccエンジンを搭載したモデルもある。
こちらの型式はAE91となる。

要するに、1600㏄モデルがAE92で、1500㏄モデルがAE91ということである。

デザイン

先述の通り、2代目ソアラをモチーフにしている。
これで「ソアラは高くて買えないけどレビンは安いから買える。」ということになり、販売台数が伸びた一因となった。
トレノは先代同様、ヘッドライトがリトラクタブル式である。

また、GT-Zはボンネットにエアダクトが設けられている。

レビン・トレノだけではなかったAE92

あまり知られていないが、AE92はレビン・トレノだけの型式ではない。
概要にも書いたが、E90系カローラ・スプリンターのセダンには4A-G搭載グレード、「GT」があり、これらの型式がAE92なのである。



他にも、3ドアハッチバックのカローラFX、かつてのハチロク3ドアハッチみたいな形をした5ドアハッチバックセダンのスプリンターシエロもこの「GT」グレードがあり、これらも型式がAE92となる。



ただし、これらも現存数は少ないようである。
理由の一つに「ハチロクやMR2をレストアする際の部品取り(主にエンジン)」というものがあり、AE92以降のカローラ、スプリンターのオーナーにはハチロクを毛嫌いする人もいるとか。

関連タグ

TOYOTA レビン トレノ

pixivに投稿された作品 pixivで「AE92」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7058

コメント