ピクシブ百科事典

MR2

えむあーるつー

MR2は複数の意味があるが、ここではトヨタ自動車が発売したスポーツカーに関して記述する。
目次[非表示]

概要

 トヨタが1984年から1999年まで発売した製造販売したスポーツカー。国内では上位機種の名称であったMR-Sに引き継がれる形で販売終了したが、海外ではこの名前は引き継がれた。名称はミッドシップ・ラナバウト(小型ミッドシップカー、エンジンを車体中央においた形式)の2シーター(座席二席)からきている。

流麗なデザインは女性からも人気が高い。

形式

 1500cc~2000ccのエンジンを中央に置き後輪で駆動する。モデルによってAW11SW20に分ける。

AW11

 この車種は1983年に発表された試作車を元に1984年から製作された車種で、初のリアミッドシップエンジンとして知られる。また大量生産しやすいようにカローラのエンジンや足回りを流用した(1500~1600ccと排気量が妙に少ないのはこのため)。
 この車種はマイナーチェンジ(内装の変更、スーパーチャージャーなどが搭載可能に)を一回行い、1989年に次のSW20に引き継がれた。AW11生産終了後の約10年後に、まだ免許も持っていなかった元陸上部員の女子高生が解体所に置かれていた青いこいつに10万円で飛びついて、「ミスター」と名付けた(→『オーバーレブ!』)。

 TTEがこの車両をグループS規定の下に改造してWRCに参戦する計画も存在した(222D)が、グループS自体が消失したため立ち消えとなった。

SW20

 この車種は1989年に発売され、以前のモデルと異なりセリカをベースとして開発され、エンジンを2000cc(ターボチャージャーあり、なし)に変更した(当然ミッドシップである)ものであるが、結果エンジンの強力さに比べ足回りやブレーキの弱さが明らかとなった。
 そこで、1991年一度目のマイナーチェンジにてブレーキの強化、タイヤの口径変更などを行った。
 1993年に2度目のマイナーチェンジを行う、これはセリカ(およびコロナカリーナ)のモデルチェンジにあわせたものと推測される。この時点でバブル景気が崩壊しかけており、注文生産になった。
 1996年のマイナーチェンジにはブレーキの構造変化および助手席へのエアバッグ装着。外装の変更。
 1997年のマイナーチェンジは、軽量化、エンジン変更、排気系改良。内装の変更。
 1999年に後継車両のMR-Sに引き継がれ、製造中止。
 10年にもわたる同一モデルの生産はトヨタとしては珍しい。

関連項目

自動車 スポーツカー セリカ カローラ AW11 SW20小柏カイ

引用・参照元

Wikipediaよりトヨタ・MR2

関連記事

親記事

トヨタ とよた

子記事

  • SW20 えすだぶりゅーにーまる
  • AW11 えーだぶりゅーいちいち

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「MR2」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 142528

コメント