ピクシブ百科事典

リトラクタブルヘッドライト

りとらくたぶるへっどらいと

1980年代の日本車に多く見られた男のロマン溢れる格納式ヘッドライトの事。この呼び方は和製英語で、英語圏ではHidden headlampsやpop-up headlampsと呼ばれる
目次[非表示]

概要

自動車ヘッドライトの種類の一つ。通常はボンネット内部で格納されているが、必要な時にヘッドライトが展開するというもの。
起源はアメリカの独立系自動車メーカー・コードが1930年代に販売したコード810・812とされている。
日本では最初に採用されたのは1967年にトヨタが発売した2000GT

自動車の開発には前頭部に一定の高さでヘッドライトを装備する事が北米で義務付けられているため、海外のクーペ(スーパーカー)をこよなく愛する自動車デザイナー達の間で必要な時だけ規定を満たした高さのヘッドライトを展開出来るリトラクタブルヘッドライトが注目され始めた。

1978年発売のマツダRX-7登場後、クーペ(スーパーカー)ブームの盛り上がりもあって企業を問わずあらゆるクーペにリトラクタブルヘッドライトが採用されるようになり、やがてセダンにも使われるまでに普及。元の自動車のデザインはさる事ながら前頭部からライトが展開する様は車好きな男達のロマンの象徴でもあった。

しかし、90年代に入るとヘッドライトの最低地上高の緩和、ライトを自動展開させる分重量も増しメンテナンスが大変になる、突起物があると通行人にぶつかった時に危ないなどの理由で一気に数が減少。
国内車で最後に販売されたリトラクタブルヘッドライト装備の車は偶然にもクーペブームの火付け役となった同じマツダ・RX-7シリーズ(2002年生産終了)であった。全世界規模でも2005年のシボレーコルベットを最後に姿を完全に消す事となった。

現在ではヘッドライトの常時点灯が義務付けられている国が増えている事、安全の問題から北米で前頭部が低い車が姿を消した事などから、リトラクタブルヘッドライトを採用する意義は完全にロマンでしかない。そのため、今後リトラクタブルヘッドライトが復活する事はないと思われる。

もう10年以上前に廃れた技術のためリトラクタブルヘッドライトを知らない世代も多く、最近では若い警察官に高度な改造車と疑われた例もあったとか。

リトラクタブルヘッドライトを持っていた国産車

RX-7
ファミリアアスティナ
ユーノス
ロードスター
ユーノスロードスター
コスモ※異例の4連式ヘッドライトを採用

スープラ
セリカ
ターセル
コルサ
カローラⅡ
スプリンタートレノ
MR2
シルビア
・180SX
・240SXファストバック
・フェアレディZ
・バラードスポーツCR-X
アコード
ビガー
プレリュード
NSX
SPACY125STRYKER(唯一無二のスクーター
スタリオン
GTO
エクリプス
アルシオーネ
ピアッツァ
PAネロ
GSX750S-3/4(唯一のオートバイ

関連タグ

自動車 ヘッドライト 男のロマン クーペ ジェネレーションギャップ

pixivに投稿された作品 pixivで「リトラクタブルヘッドライト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 877

コメント