ピクシブ百科事典

三菱・スタリオン

みつびしすたりおん

三菱・スタリオンとはかつて三菱自動車が販売していたFR3ドアクーペである。
目次[非表示]

通常グレード

スタリオンは三菱が普通車部門で最後に開発した後輪駆動車である。1982年5月14日、発売。キャッチコピーは「ヘラクレスの愛馬、アリオンが今、星になって帰ってきた」。車名の由来も「Star+Arion」である。決して種馬の方のスタリオンではないです注意してください。

エンジンには2LのG63Bと2.6LのG54Bが用意されていた。欧州市場ではおもにG63Bバージョンが、北米市場ではG54Bバージョンが輸出されている。豪州市場では「4G63(=こちらの表記でG63B)」を搭載したモデルが輸出されていた。映画「キャノンボール2」やドラマ「ゴリラ・警視庁捜査第8班」に出演し、このうちゴリラ仕様のスタリオンは5台限定で販売された。

モータースポーツ

Gr.AとGr.Nで大活躍。アメリカではそのタフネスさから耐久レースで一躍有名となり、実際に1984から87年までのLongest Day of Nelson Ledgesを制するなど、数々の勝利を収めた。

スタリオン4WDラリー

1983年、三菱はスタリオンをベースとしたスタリオン4WDラリーを東京モーターショーに出品。最高出力はなんと360ps、最大トルクは32.0kg-mだったという。

悲劇のモンスター



このように、通常版はリトラクタブルライトだったフロントマスクが取り払われ、丸形のヘッドランプを取り付けていた。当時最強と言われていたアウディクワトロを上回るコーナリングスピードを見せつけ、かなり期待のできる車だった。しかしながら、開発が難航し、予算もかさみ、結局は開発途中でプロジェクト中断となってしまった。因みに、1984年に行われたミルピステラリーではエクスペリメンタルクラスでクラス優勝を飾っており、いかに高性能だったかが分かる。試作車輌は5台で、生産台数も5台、つまり試作車5台のみである。現存車輌は3台おり、その中で香港-北京ラリーを走った個体が現存していることも判明した。日本には2台がおり、残る一台はイギリスに。岡崎工場には市販車仕様のレプリカが一台展示されている。スタリオン4WDは「SS」にも登場している。

ちなみに

現存していない車輌にはこのような話が残っている。
それは、廃棄処分作業の時。プレス機に挟まれたスタリオンはどんどん押しつぶされていった。もはや原型が何だったのか分からない鉄の塊になってしまったプレスの最終段階でそのスタリオンは油脂類を抜いており消火剤をかけていたにもかかわらず火を噴いた。かつて、プレス作業で火を噴いた車は一台もいなかったという。逸話?いいえJをつけ忘れてます、実話です

ゲームにおけるスタリオン

首都高バトル

サイレントバーバリアンや灼熱の嵐が駆るマシンとして登場している。ちなみにA187型。2Lモデルは収録されていない。

グランツーリスモ

通常版は登場しないのになぜかスタリオン4WDが登場している。どうしてこうなった

街道バトル

通常版、4WDともに登場。とくに4WDはボス「SSの中年」のマシンとして登場する。なお、街道バトル2において彼の駆るマシンは546psなのに対し、ディーラーモデルは350psであるうえ、チューンできない。ライバル専用車…なのか?これまた2だが、フォーエバーナイツを倒した後の月の毎月2週目に中古車ディーラーに行くとスタリオン4WDが売っている。しかも、新車は黒のみなのに対して、中古車は水色、ピンク、黄色、青紫などのさまざまな色が含まれている。

関連タグ

三菱自動車   スタリオン  GTO 後継者 エクリプス…後継者  ランサーエボリューション

関連記事

親記事

三菱自動車 みつびしもーたーす

兄弟記事

コメント