ピクシブ百科事典

シボレー・コルベット

しぼれーこるべっと

ゼネラルモーターズのシボレーブランドで販売されている2シーターのFRスポーツカー。

概要

1953年、アメリカ初の本格的量産スポーツカーとして誕生した、シボレー・ブランドのフラグシップモデルである。ハーリー・J・アールとエド・コールを中心に開発を進め、1953年のモーターショー「モトラマ」で披露され、コルベットと名付けられた。

C1型(1954年~1962年)

1959 Chevrolet Corvette C1


造形に自由が利くFRPによるグラマラスなデザインで、オープンカーのみ。
最高出力150馬力の3,859cc直列6気筒OHVエンジンを搭載。
パフォーマンス面での不満から販売が伸び悩んだため、ゾーラ・アーカス・ダントフによりリファインが進められた。
1955年モデルより、最高出力300馬力の4,343ccV型8気筒OHVエンジンに変更。

C2型(1963年~1967年)

C2型 Chevrolet Corvette


原型となった「スティングレイ・レーサー」(1959年)の名を取って「スティングレイ」のニックネームが与えられた。レーサーモデルゆずりのシャープなデザインで、クーペ・ボディ中心となる。この代から暫くリトラクタブル・ヘッドライトが続く。
1963年型のみリアがスプリット・ウィンドウで、後世レア・モデル扱いされる。
最高出力360馬力の5,358ccV型8気筒OHVエンジン(インジェクション仕様)を搭載。
1965年に登場のZ06は最高出力425馬力の6,489ccV型8気筒OHVエンジン(通称「ビッグブロック」)を搭載。

C3型(1968年~1982年)

コルベット


超音速機のエリアルールにヒントを得、コークボトルのような括れを持つグラマラスなデザインが特徴。コンセプトモデルの「マコ・シャーク」(1961年)が元になっている。
1969年より排気量7,440ccのエンジンがラインナップに加わった。
1971年に施行されたマスキー法(大気浄化法)による排気ガス規制で全てのモデルの最高出力がダウン。
1973年のオイル・ショックにより、最高出力190馬力の5,733ccV型8気筒OHVエンジンへ一本化される。

C4型(1983年11月~1996年)

1996 Chevrolet Corvette C4


C3型をシャープにしたようなデザイン。
最高出力205馬力の5,733ccV型8気筒OHVエンジンを搭載。
1989年にハイパフォーマンスモデルのZR-1が追加される。
ロータス設計のLT5エンジン(5,727ccV型8気筒DOHC)は1989年型で375馬力、1993年型で405馬力を発揮。

C5型(1997年~2004年)

2001 Chevrolet Corvette Z06


空気抵抗の低減を図ったグラマラスなデザイン。
C4型以来積み重ねた改良により、ヨーロッパのスポーツカーに近い性質となった。
2001年、2002年のルマン24時間ではクラス1-2フィニッシュを為し遂げた。
エンジンは前モデルのC4型と同じ。

C6型(2005年~2013年)

2012 Chevrolet Corvette C6


細部まで切り詰めたシャープなデザインで、全長で100mmの小型化。
リトラクタブル・ヘッドライトを廃止し固定式ヘッドライトとなる。
キャデラックXLRの兄弟車。
Z06用に最高出力511馬力のLS7エンジン(6,997ccV型8気筒OHV)が用意された。
2008年にハイパフォーマンスモデルのC6・ZR-1が投入された。最高出力647馬力のLS9エンジン(6,156ccスーパーチャージャー付V型8気筒OHV)を搭載する。

C7型(2014年~)

コルベットC7


現行モデル。
メリハリのあるグラマラスなデザインで、再び「スティングレイ」のニックネームが与えられた。
徹底的に軽量化が行われ、車両重量は1540kg。
最高出力460馬力のLT1型エンジン(6,153cc直噴式V型8気筒OHV)は12.3km/Lの低燃費(この種の車にしては)も両立させている。

関連タグ

ゼネラルモーターズ シボレー コルベット
アメ車

pixivに投稿された作品 pixivで「シボレー・コルベット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10219

コメント