ピクシブ百科事典

エリアルール

えりあるーる

航空機の設計手法の一つ。断面積変化を小さくすることで音速付近での抗力増大を抑えるもの。

航空機設計手法の一つ。
機体の断面積変化を小さくすることで音速付近での抗力増大を抑えるもの。
具体的には、主翼と接する部分の胴体を細く括れさせて断面積の急増を緩和する。
NACA(現・NASA)のリチャード・ウィットカムが発見し、1954年にコリア・トロフィーを授与された。

pixivに投稿された作品 pixivで「エリアルール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12

コメント