ピクシブ百科事典

デロリアン

でろりあん

デロリアンは、今は亡き自動車会社及びそこで製造された幻の名車、さらにはヒット映画にてそれをベースに造られたタイムマシーンのことを指す。
目次[非表示]

デロリアン(De Lorean)はアメリカ合衆国にかつて存在した自動車製造会社である。

またこのメーカーは自動車をたった一種類製造したため、その自動車『DMC-12』を指す通称としても用いられ、世界的にヒットした映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズ』に登場するタイムマシンのベースカーとして広くその存在を知られている。

本記事では、デロリアン社および自動車モデルのDMC-12の両方について解説する。

企業概要

この会社は1975年10月24日、当時ゼネラルモーターズの副社長であったジョン・ザッカリー・デロリアンが、理想の車を作るためにGMを辞職し独立して自ら設立したのがデロリアン・モーター・カンパニー(Delorean Motor Company Ltd. 、DMC)であった。
本社はミシガン州デトロイトに、製造工場はイギリス北アイルランドのベルファスト郊外、アントリム州ダンマリー村に存在した。

長い開発期間を経て、1981年に『DMC-12』が発表された。

当初は順調な売り上げを見せており、派生車種もいくつか検討いたものの、発売価格が2万5,000ドル(当時の為替レートで約625万円!)と高値であったこの車種は、翌年以降たちまち売り上げが不調になっていった。
また、北アイルランドへの工場誘致の条件として交付されていたイギリス政府からの補助金が停止された(これに関してはアーサー・アンダーセン、優秀な会計士、デロリアン社の資金を社長が私的流用などを黙認していたことが後に明らかになる)。

さらに1982年10月19日に、社長のジョン・デロリアンがコカイン所持容疑で逮捕されるスキャンダルが発生したことにより、会社は資金繰りが立ち行かなくなり、倒産してしまった。なお会社に残された設備はStephen Wynneが引き取り、現在でも部品等は入手可能であるとされ、また新たに製造することも可能であるとされる。
また逮捕された社長に関しては裁判の末、無罪となったものの、信頼をなくしており、新たなプランは所有していたものの、それを実行に移すことはなかったという。

車両概要

この車両イタルデザイン社(イタリアのデザイン会社、5代目カローラや二代目いすゞジェミニのデザインも行った)のジョルジェット・ジウジアーロがデザインし、ロータスがメカニック設計を請け負った。

ガルウィングドア等の先進的な発想を取り入れたことにより車両の開発は非常に難航し、ロータス創業者コーリン・チャップマンの生涯における最後の作品になってしまった。

この車種自体の特徴として、たのスポーツカーよりも車高が高いことがある。これは法律上の問題(ヘッドライトの高さを確保するため)である。また、この車はフレームの上に強化プラスティックを載せる手法があるが、メンテナンスのコストを減少させるため無塗装のステンレスでおおわれている。

エンジンフランス製「PRV」V型6気筒(SOHC、1本のカムシャフトがシリンダーヘッドに置かれたエンジン。2849cc。プジョールノーボルボ乗用車用に共同開発した量産品)を後部に搭載する、リアエンジン・レイアウトを採った。このエンジンはこの種のスポーツカーに乗せることがあまりない1973年のエネルギー危機後に開発された出力よりも経済性を優先した実用型のエンジンであった。

実際に製造されたこの車の中には風変わりなバージョンも存在する。1981年モデルの最後を締めくくっているのが2台の純金パネル装備車(1台12万5,000ドル以上!)であり、この車は2005年現在もネバダ州リノの博物館とテキサス州の銀行に展示されている。なお、最後に製造された車も同様な純金パネルであったとされるが、これは宝くじのような富くじ方式で一般人の手に渡り、その後の行方は分からない。

この車両は初年度約6,500台を販売するなど売り上げは好調であり、ターボチャージャー搭載や4枚ガルウイングドア4座仕様追加等のかなり無謀とも思われるバージョンも構想されるものの、次年度以降の売り上げの落ち込みおよび会社の不祥事により、それらは製造されることはなかった。

最終生産車が作られたのは工場閉鎖後のことで、工場に残っていたパーツ等で1982年12月24日に作られた4台が一般向け生産の最後となった。
この車種(および会社では)最終的に8,583台が製造されたと見られているが、500台が調整用として確保されたため実質8,083台と思われる。

なお、Stephen Wynneにより、再生産の可能性が示唆されている(これは公道を走らせることはほぼ不能であり、撮影用やコレクション用として扱われる)。また、電気自動車として復活させるというアイディアも存在している。

参照

wikipedia同項目

上記の電気自動車化とは別に、日本EVクラブの広島支部では「普及型EVと同じ急速充電に対応したEVデロリアン」が存在している(車検もパスしているためナンバーも取得済みである)。

タイムマシンとしてのデロリアン

ここまで会社および車両に関して述べてきたが、単にデロリアンといえば、映画バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズ』に登場したタイムマシンとして改造されたデロリアンが有名だろう。
この車は劇中でも大きく数回改造がされており、PART3の最後に失われるまで、何回も姿を変更している。

なお、この項目は基本的にネタバレを大量に含むため、この映画を見ていない場合閲覧には注意を要する。

基本仕様

 後述のどの仕様でも、
  ・タイムサーキットをオンにして
  ・行き先の時間(月/日/年(西暦)/時/分)を設定して
  ・時速88マイル(≒140キロメートル)へ加速する
 以上のプロセスをもってタイムトラベルが可能となる。

PART1

俺、ミラじゃねぇーし


最初期の仕様。
タイムトラベル用のエネルギー源は核燃料(プルトニウム)で、タイムマシンに改造したドクはこれを過激派からだまし取って入手していた。当然これがなくなるとタイムトラベルができなくなる。他にも、タイムトラベル直後に車体がドライアイス(二酸化炭素の固体)で覆わるといった不具合も残っていた。日本製(FUTABA=双葉電子工業)プロポで遠隔操作することも可能(テスト搭乗者がドクの愛犬アインシュタインだったため)だったりと、実は地味な面でも結構スゴイ

この実験中にマーティは1955年にタイムトラベルすることになるが、その際に消費してしまったプルトニウム(原子炉)に代わって、雷エネルギーから必要なエネルギーを得るための端子が追加された。イラストはこのときの仕様で、車から伸びているフックがその端子である。このときエネルギー量の説明で言及されたエネルギーの単位「ジゴワット」(jigowatt)は脚本家のミスとして有名。正しくは「ギガワット」(gigawatt)。

ちなみに、開発したドクは1955年当時に持っていた広い土地と邸宅を売り払ってまで製作したあたり、ガチで彼の人生をかけた発明と言える。

実はドクが閃いた次元転移装置(フラックス・キャパシター)の構想はマーティが辿りついた1955年の事であり、しかもマーティが完成品のデロリアンでやってきた事から次元転移装置の実現に確信を得たようである。

PART2

デロリアン


厳密にはPART1の最後に登場した仕様で、飛行機能や動力源としてミスター・フュージョン(そこらのゴミ等で核融合を起こす機器。ちなみに未来での市販品)を追加、さらにはPART1初期の仕様の不具合も改良したシリーズ中もっとも高性能なデロリアン。

ナンバーも2015年仕様のバーコードのようなものになっており、飛行中にタイムトラベルしてもやはり炎の轍を空中に残す。

一回のみの使用だが、瞬間的にタイムトラベルできる機能を持っていたようである。

PART3

デロリアン タイムマシン 本日の進こ・・・?


ここでは大きく2回の改造がされている。

1回目は、PART2の最後、すなわち1955年に落雷の直撃を受けて1885年に行ったデロリアンを時代に取り残されたマーティーと当時のドクが「発掘」してタイムトラベル可能な状態まで修復した仕様。イラストの仕様である。
落雷による過電流でタイムトラベルに必要なマイクロチップ(主人公マーティーお墨付きの日本製だが、戦後10年のドクの頭の中では日本製=劣悪品のイメージだったため複雑な表情をしていた)が焼き切れてしまっていたため、真空管や電解コンデンサー等で代用回路を造り接続。可能な限り小型化したらしいがそれでもデカ過ぎて車内に組み込めず、ボンネットに括り付けるというアバンギャルドな姿になった。これによってタイムトラベル機能は復帰したが、飛行機能も破壊されておりこちらは修理できなかった模様。
またミスター・フュージョン(核融合炉)は無事で、「電気エネルギーの心配」はなかった。他にも経年劣化で使い物にならなくなったタイヤホイールが1955年当時主流だったホワイトリボンタイヤ(アメ車などにみられる白いラインの入ったタイヤ)に履き替えられたり、行き先である西部開拓時代の道路事情を踏まえ車高が上げられている。

2回目は、ガソリンを失い(核融合炉はあくまでもタイムトラベル用で、走行には転用できない)自走不可能になったデロリアンを蒸気機関車で押すことで時速88マイル(約142㎞/h)を得られるよう、線路上を走行するためにホイールが改造されている。
この仕様で無事に1985年に戻ることができたが、クレイトン渓谷改めイーストウッド渓谷からヒルバレーの住宅地にたどり着いたところで慣性力を失い停止、そのまま列車と衝突してバラバラになり、その生涯を終えた。

意外と生涯が短かったデロリアン!?

1985年を基準に考えると僅か3日ほどで「完成→改良→破壊」した忙しないタイムマシンであった事となる。

デロリアンが複数!?

1955年には「1985年から来たデロリアン」「1885年から封印されていたデロリアン」「2015年からビフが乗ってきたデロリアン」「暗黒の時代改変が起きた1985年からきたデロリアン」の4つが存在した事となる。まさにタイムトラベルが無いとありえない現象である。

あれ?これって修理できたんじゃね?

1885年で燃料漏れを起こして自走不能になっていたデロリアンだが、1885年にはタイムトラベル不能になっていたデロリアンがある。つまり、ニコイチすれば解決じゃないの?

・・・と、誰もが思うだろうがよりにもよって先にアルコール度数が強い酒を燃料代わりにしようとしてエンジン部品を破損させてしまっている。もし、今度はこっちを封印するデロリアンにすると部品調達がほぼ不可能なままで発掘されて手詰まり・・・もありうるのだ。
では、「燃料を封印していた側から持ってくればいいんでは?」と考えもあるのだが、ドクが1955年まで封印する為に一番経年劣化しやすいガソリンを先に抜いていた可能性がある。つまり1885年ではPART3デロリアンでなんとかしないと致命的なタイムパラドックスが発生する危険性があったのだった。

開発期間

ドクはタイムマシン開発に30年かけたとあるが、マーティが1985年から来た時にまだ草案の域だった次元転移装置が実証された事を目の当たりにしている。しかも、タイムマシンそのものの完成形まで見てしまっている事から1985年まで確実なタイムトラベルができる為に必要なものが世に出てくるのを待っていた可能性がある。
1955年にマイクロチップの代替にした回路、完成した次元転移装置、時間旅行に消費する多大な電力を必要とするのを知った事によってより確実なものを研究したと思われる。
もっともこうなるとベースにした車がデロリアンであった必然性も頷ける。

関連タグ

タイムマシン BTTF バック・トゥ・ザ・フューチャー 自動車 DMC-12 マイケル・J・フォックス 童夢零

pixivに投稿された作品 pixivで「デロリアン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 550055

コメント