ピクシブ百科事典

アメ車

あめしゃ

主にアメリカ合衆国の自動車メーカーが生産する自動車のことを指す。アメリカ車の略称。

ヨーロッパ産フォード車やGM大宇などが製造するシボレー車は指さないことが多い。

メーカー

ゼネラル・モーターズ(GM)、フォード・モータークライスラーの大手3社を総称してビッグスリーと呼び、これらがアメリカの自動車産業をリードしている。

かつては他にもパッカードやスチュードベーカー、カイザー=フレーザー等、多くのメーカーが存在したが、徐々に淘汰や吸収合併を受け、1980年代にアメリカン・モーターズがクライスラーに吸収されてからは3社体制が続いている。2008年にテスラ・モーターズが参入し、現在は4社体制となった。

特徴

オートマチックトランスミッション、カーエアコン、サウンドシステム、クルーズコントロール(半自動運転装置)などの快適装備をフル装備した豪華な内装のアメ車は、かつての日本人の憧れであり、日本車はアメ車を目標に進化してきたといっても過言ではない。アメ車といえばうるさい重低音V8サウンドなんか燃費悪くないか?ってイメージが出てきそうだが、最近のアメ車はダウンサイジングターボ・ダウンサイジングスーパーチャージャー(フォードのエコブーストなど。コレはターボだが、アメリカ全体ではスーチャーの方が自動車用過給機の主流)も出てきてはいる。

アメ車は他の地域の大衆車より、大柄なのが特徴。ハイウェイの長距離巡航に最適化された、おおらかな乗り味が持ち味である。しかしこれは裏を返すと交通条件が正反対の日本には不向きな車が多い、ということである。このことから日本市場ではアメ車はあまり人気がない。

しかしそれでも、所ジョージらアメリカ文化への憧れを持つ世代の中年層を中心に、未だに一部に熱烈なファンがいる。

しかし現在のアメ車は1980年代の日本車の隆盛による没落期に逆に日本車を手本として進化したため、非常に日本車ライクになってきている。明らかに大味な点はターボを積むと高いブースト圧と引き換えに大きなターボラグを生む所謂ドッカンターボにしてしまう程度か(そもそもアメリカでは自動車用過給器は機械式のスーパーチャージャーが主流)。日本車に対抗して発売した1500cc直4~3000ccV6程度のクルマは昔ながらのアメ車のカラーはない。むしろ80年代後半頃の旧き佳き日本車といったテイストである

さらにアメリカでは軽視されてきた経済性・環境性能に関しても近年は年々厳しくなっている。現在連邦の自動車形式登録の際のカタログ基準値には、ストップアンドゴーの少ない「ハイウェイ・モード」と、ニューヨークやロサンゼルスなどの市街地走行を想定した「シティモード」の2種を記述する必要がある。この点、高速道路の整備を理由に燃費計測法をどんどん甘くしてきた日本とは逆である。

もっともフォード マスタングのV8モデルや、ダッジ チャレンジャーなどはスーパーカーブーム華やかなりし頃のアメリカ・マッスルカーの特徴を色濃く残している(ムスタングのV6モデルはボディが同じだけのまったくの別物)。ただし技術的には経済性・環境性も含めて進化している。

アメリカ合衆国における乗用車のAT/MT比は96:4と圧倒的。にもかかわらず多くのモデルにマニュアルトランスミッションが設定されている。これは消費者の目が厳しいアメリカでは“購買者に充分な選択肢を用意しているか”がメーカーや販売店の評価につながるからである。
いい加減にしろってぐらいオートマ優遇でメーカーも国内市場ではマトモに売らない日本にも、並行輸入で入ってきていたりする。

80年代
コルベット スティングレー

pixivに投稿された作品 pixivで「アメ車」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 343153

コメント