ピクシブ百科事典

車社会

くるましゃかい

移動手段が主に自家用自動車に依存している地域
目次[非表示]

概要

自家用車が全く無しでは生活の困難となる地域。
日本では主に地方都市や、大都市周辺の郊外地域で見られる。

米国

20世紀初頭、全米の大都市にはくまなく路面電車が開通し、大都市の近郊には「インターアーバン」と呼ばれる鉄道網が整備されていた。しかし1920年代になると一般市民でも自家乗用車を購入・所有できるようになってモータリゼーションが到来し、さらに地方都市の中間層以上が落ち着いた自然や治安を求めて郊外へ移住するようになり、旅客鉄道の整備では間に合わないような都市開発が進んだ。

こうした郊外都市の拡大が全土で広がり、現在アメリカの旅客鉄道は古くから大都市の中心街を除いては、日本欧州諸国と比較すると広大な国土の割にはあまり発達していない。
その一方で長距離の都市間国道や無料の高速道路網が全土にほぼ満遍なく整備され、「自動車旅行」やモータースポーツという産業と文化が発展した。
その栄枯盛衰は「古き良きアメリカ」の文化として、ディズニー作品カーズの題材としても描かれている。

日本

日本では1960年代以降にモータリゼーションが到来して道路網の整備が進んだ事や、先進国の宿命として70年代には少子高齢化が始まった事、80年代以降に国鉄及びJRが赤字路線の廃止を進めた事などから、地方部における車社会化が進んだ。

なお自家用車への依存は何も公共交通機関の乏しい地方都市に限った事だけでなく、大都市周辺の郊外などでも見られる。これはいわゆるニュータウンとして、高度成長期以降に開発がされていなかった丘陵地や田畑を造成した地域である。
開発時にはすでにモータリゼーションが進んでいてマイカー持ちの移住者が多かった事もあるが、徒歩や自転車には厳しい坂が多かったり、路線バスの本数などに煩わしさがあったりした事などから、これらの住民は鉄道やバスに頼らない生活スタイルを確立したといえる。

またスーパーマーケットショッピングモールなどロードサイド型の商業施設や、訪問型の在宅医療や介護サービスも拡充し続けている事から、一概に「車社会は嘆かわしい」と断ずるのは早計であるといえよう。

関連記事

親記事

生活 せいかつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「車社会」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 146

コメント