ピクシブ百科事典

普通列車

ふつうれっしゃ

列車のうち急行や特急じゃない奴 昔風に言うと鈍行
目次[非表示]

概要

普通列車は列車種別で基本的なもの。一部においては各駅停車のいいかえ。
普通車と言うと、グリーン車とかじゃないと解釈されかねない。

JR・国鉄の場合

特に都心では必ずしも一番遅い種別ではないそれどころか通過駅が存在する普通もある各駅停車の項も参照。

快速

本質として、JR・国鉄では「優等列車」、つまり急行列車でない全ての列車が普通であるということが挙げられる。快速列車も広義の普通列車である。
もうちょっと詳しく述べると、JR・国鉄の急行列車とは優等料金を運賃と別に徴収する全ての列車を指す。例えば特急は「特別な急行」なので「特別急行」、つまり急行の一部であるため普通ではない。かつて国鉄にも準急があったが、同じく「準急行」として急行の一部であった。両者とも特別急行券・準急行券を徴収する。
対して快速は基本的に優等料金を徴収しない種別である。指定席やグリーン車が存在する場合に指定席料金・グリーン料金を徴収するが、特急や急行と異なり指定席・グリーン車のみの料金であり、同じ列車に自由席があれば特急などと異なり料金は徴収されない。
国鉄・JRにとっての快速列車とは「快速運転をする普通列車」の略称に過ぎず(私鉄の快速急行が「快速運転をする急行列車」であるのと同じ)、特別快速などの更なる派生種別もまたその一部に分類される。

分類上は同一路線だが、運用上は別路線として運用される場合

現在ではこうした場合停車駅の少ない「路線」に悉く「快速」と名付けているため、首都圏のごく一部でしか見られない現象である。
京浜東北線と、東海道本線東北本線の一部は並走している状態にあるが、分類上は京浜東北線は東海道本線・東北本線の線増線に過ぎず、他の区間でいう複々線の緩行線である。従って、「東海道線・東北線(上野東京ライン)」として運行される普通列車は、京浜東北線の線路にしかホームが存在しない駅には停車しない。
客への案内上は、例えば東海道線においては蒲田駅は「存在しない駅」である。しかし、路線分類上の「東海道本線」には蒲田駅は確かにあり、「東海道線普通」は蒲田駅を通過する扱いとなっている。

中距離電車

略して「中電」とも言われる。前述の東海道線・東北線普通もこの中電の一種に含まれる。中電も基本的には普通列車として運用されるが、当たり前のように通過駅が存在し、通過駅に停車するのは「近距離電車」である「各駅停車」が担っていた。
場合によっては中電である「普通列車」は近距離運転の「快速電車」より停車駅が少ない例すら存在した。かつての常磐線においてこの逆転現象が長く続いたが、現在では中電である「普通列車」と近距離の「快速電車」に停車駅差はなく、また「各駅停車」が運行される区間においては中電も「快速」として案内されるためややこしさは緩和されている。

極端に利用の低い駅の通過

こちらは都心よりむしろ地方の駅に見られる現象である。路線内に利用率が極端に低い駅がある場合、一部の時間帯においてその駅のみ通過する普通列車が存在する。通過するのは1つ、2つの場合が多く、「快速」などの種別はつけずにそのまま普通として運行される。

私鉄の場合

殆どにおいて各停=普通と同義であり、ほぼ全ての普通列車が各駅に停車する。しかしながら南海電気鉄道においては今宮戎駅・萩ノ茶屋駅にホームが無い南海本線の列車は「普通」、ホームのある高野線の列車は「各停」と明確に分離されるなど、JRさながらの種別区分を行っている場合がある。
なお私鉄の殆どは有料優等は特急に限られ、急行も快速も優等料金不要種別として運用されるのが普通であるから、普通列車とは専ら「普通列車」という種別を掲げている列車単体に限られる。

関連項目

列車種別 グリーン車

表記揺れ

普通 普通車 各駅停車

pixivに投稿された作品 pixivで「普通列車」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6594

コメント