ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

「大都市」とは、大きな都市のことである。大半の大都市は首都であったり、その地域の中枢となる都市である。

総務省政令指定都市を大都市と定義している。日本においては市の人口が参考にされることが多いが、国によって地方自治のシステムが異なり、行政区画上の市の範囲が非常に広大(例:中国重慶市)だったり、逆に非常に狭かったり(例:オーストラリアシドニー市)、そもそも市が存在しなかったり(例:東京特別区)、必ずしも市の人口と都市規模が一致するわけではない。

21世紀に入り、途上国では高い出生率と労働力の集中により、メキシコシティラゴスのように人口1,000万人を超える大都市(メガシティ)が多数誕生している。しかし貧困層が多い途上国の都市は、ニューヨークや東京のような先進国の大都市ほど繁栄しているわけではない。

三大都市

江戸時代には江戸大坂が三都とされていた。
1960年代以降は東京大阪名古屋が日本の三大都市とされている。

しかし近年、一部の郷土愛の強い福岡県民と自虐的な愛知県民が「福岡市こそが三大都市の一角をなす大都会」と盛んに主張するようになり、ネット上でしばしば論争を呼んでいる。

三大都市圏

現代の大都市は衛星都市を形成するようになり、必ずしも市区人口=都市規模が成り立たなくなっている。都市をより広域な範囲で捉え、東京を中心とする首都圏、名古屋を中心とする中京圏、大阪を中心とする関西圏(京阪神)を三大都市圏としている

都市雇用圏(大都市および通勤者が10%以上の郊外自治体)に基づく人口は、東京都市圏が3,530万人、大阪都市圏が1,207万人、名古屋都市圏が687万人、福岡都市圏が256万人となっている。

六大都市・八大都市

大正昭和初期の日本には六大都市なる枠組みを定めた法律(六大都市行政監督ニ関スル法律)があった。東から東京市横浜市名古屋市京都市大阪市神戸市を指した。これらは当時の人口TOP6であり他都市とは別格的な地位であった。日本の近代化・工業化をリードしてきたため、現代でも大企業の本社は上記6都市に集中している。戦後特別区に再編された東京を除き、残りの5市は1956年に最初の政令指定都市のメンバーとなる。

同法は戦時中に廃止され、戦後は福岡市札幌市の台頭により、八大都市と呼ばれることの方が多くなったが、「六大都市」も不動産業界で今も使われている。

世界都市

経済的、政治的、文化的な中枢機能が集積しており、世界的な観点による重要性や影響力の高い都市のことを「世界都市(グローバル都市)」という。
英米や日本の研究機関が世界都市ランキングなるものを発表しているが、それぞれ独自の評価基準や計算方法を設定しており、必ずしも都会ランキングというわけではない。また、英語の通じやすさ等を含め欧米中心的ではないか?という指摘もある。

主な世界都市は以下のとおり。

  1. ニューヨークアメリカ合衆国
  2. ロンドンイギリス
  3. パリフランス
  4. 東京/東京23区日本
  5. 香港(中国特別自治区)
  6. シンガポール

世界の大都市

日本東京23区大阪市名古屋市横浜市神戸市京都市札幌市福岡市広島市仙台市
アジアソウル釜山北京上海広州深圳重慶武漢成都南京天津香港台北高雄ハノイホーチミンシティ、バンコクマニラシンガポールジャカルタムンバイデリーイスタンブールクアラルンプールドバイリャドテヘランバグダッドタシュケントなど
北米ニューヨークロサンゼルスシカゴヒューストンサンフランシスコフィラデルフィアダラスボストンシアトルフェニックスメキシコシティトロントモントリオール
南米サンパウロリオデジャネイロブエノスアイレスサンティアゴボゴタリマ
ヨーロッパロンドンパリマドリードバルセロナベルリンハンブルクミュンヘンミラノローマアムステルダムウィーンプラハブダペストワルシャワモスクワサンクトペテルブルク
アフリカカイロカサブランカナイロビラゴスヨハネスブルグ
オセアニアシドニーメルボルンブリスベンパース


関連タグ

政令指定都市 都市 市町村
大都会 都会 都心

関連記事

親記事

都市 とし

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「大都市」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37868

コメント