ピクシブ百科事典

乾信司

いぬいしんじ

漫画、テレビアニメ「頭文字D」に登場するキャラクター。

CV:阿部敦

概要

神奈川三大勢力「サイドワインダー」の北条豪がダウンヒル担当ドライバーとして呼び寄せた18歳の少年。
死別した父の遺品、スプリンタートレノ(AE86後期2ドア)に乗車している。
無免許で毎日同じコースを走り続けている事や、愛車がハチロクで元々は親の車である事等多くの面で拓海に似た経歴を持つ。
学業成績は芳しくないが、知能指数と空間認識能力はずば抜けて高い。

小学4年生の頃に疲労を押して自分を学校に送迎する母を見かねて下り限定でハンドルを握るようになった。
独特のリズムがあり、ノンブレーキ走法が原点となっているとされている。その為スピードのある走りができるのかもしれない。
この走りは助手席に眠る母親を起こさないようにという彼の優しさの表れで、横Gの移動を感じさせない為、本当に助手席で眠ってしまうと母も言っている。
同時に「どれだけブレーキをかけずに走れるか」というゲーム感覚も持ち合わせている。

ただし、あくまでコースに特化した走りである為、他所のコースでは平凡なドライバーだろうとも評されている。また、当人は技術以前に速さを競うモータースポーツの面白さが理解できないため、モチベーションの低さが唯一の欠点である。
走行中のクルマを見るだけでドライバーの実力や感情の変化を察知できる特殊な能力を持ち、チームスパイラル戦では拓海のハチロクから「白い翼」を見たと発言する。

母にせっつかれバトル会場に赴くものの、今だ迷いを断ち切れずギャラリーとして北条豪と高橋啓介のバトルを観戦する。そこで知り合った佐藤真子沙雪との会話を経て心を動かされ、激走を繰り広げる豪と啓介の姿を見て「走りを通してヒーローになってみたい」という願望を抱き、ついに出走を決意する。

余裕を持った独特のリズムで先行して拓海を苦しめるが、以前に見た「白い翼」をもう一度この目で見たいという思いから、突然ハザードを点灯して進路を譲り、拓海を前に出すという常軌を逸した行動に出る。拓海は混乱から走りの精細を欠き、信司は「白い翼」を見ることができず、拓海のハチロクに接触しながら抜き返しを図り、見事成功させた。
その後、再び先行のままバトルを続けるも、走行ラインが乱れると本来の走りができなくなるという弱点を拓海に見抜かれ、ブラインドアタックで抜かされる。その際に拓海のハチロクから「白い翼」が生えるのを見る。

終盤では、走り方の違いから拓海のハチロクのタイヤが苦しくなり、コーナーへの突っ込みが甘くなっているのを見抜き、再度インからハチロクに接触しながら抜き返し、その後拓海に並走されると、お互いガードレールや標識、車体同士に接触しながらのバトルを繰り広げる。
最後はゴール直前にブラインドアタックを駆使して抜き返した拓海のハチロクがエンジンブローを起こしスピン。窮地に直面したことのない信司は判断が遅れ、接触を回避しようと自らのハチロクもスピンさせて体勢を立て直そうと360度ターンさせるも大きく失速。
拓海のハチロクは180度スピンした直後クラッチを切りバック走行に入りゴールラインを駆け抜け、信司の敗北という結果となった。

関連タグ

頭文字D

pixivに投稿された作品 pixivで「乾信司」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10300

コメント