ピクシブ百科事典

シャア専用

しゃあせんよう

シャア専用はシャア・アズナブル仕様のモビルスーツの総称。
目次[非表示]
  1. 機動戦士ガンダムシリーズのシャア・アズナブルの乗る機体のこと
  2. 1のうちシャア・アズナブルが乗るために作られた専用機種
  3. 1のうち、他の量産機との区別化のために(主にプラモデルなどの商品化や、ゲームなどのユニットの名称)つけられるシャアの乗る機体の名称のこと


ぱっと見上記に区別がないようにも見えるが、2の例ではサザビーは本編で最初からシャア・アズナブル専用として1機だけ制作されたもので、他に量産型などの通常機が存在するものや1機だけしか作られなかったが、結果としてシャアの乗機となったものとは区別される。
3の場合、例えば量産機のあるザクやズゴックのシャア搭乗機のプラモデルは「シャア専用○○」で販売されているが、量産機の存在しないジオングや百式、サザビーなどを、例えば「シャア専用ジオング」とは表記せずに販売している。また、MSVや外伝などではジオング百式など、シャア搭乗機以外のものも作られた例も存在するが、通常、「百式」「ジオング」「サザビー」などは、特定の注意書きがなければシャアが搭乗した機体のみを指す。

概要

シャア・アズナブル専用機として赤いカラーリングが施されたモビルスーツを指す(機体によっては頭部に指揮官機の通信用の角も付く)。
文字通りのシャア専用で作られたサザビーや、1機しか作られていないジオングや百式を除けば、いずれの機体も最初からシャアが乗ることを前提として作られたされた特別機というわけでなく、他の量産機と比べて多少性能が上がった程度の改修、ないしカスタマイズ(ザク、ズゴックは指揮官用、ゲルググは先行量産機と位置付けされる)機種のうちをシャアが搭乗したものを「シャア専用」と呼称したもの。

ただし、これは本編放映中、もしくは放映後の後付け設定で、本放送時には「シャア少佐のザク」「シャアが乗るザク」と言われることはあっても、いわゆる「シャア専用ザク」と言われる機体を「シャア専用ザク」と呼称することはなかった。
以下の記述においても、本放送時での設定に、MSVなど後付けで作られた設定や、サンライズが放映後にそれらをまとめて公式設定化したものが混在しているので、注意が必要。

専用のザクに乗りホワイトベースへ強襲を仕掛ける際に通常のザクの3倍のスピードで迫る姿から、=シャアの色という印象が強い(その影で赤をパーソナルカラーとするパイロットがシャアと誤認されるという弊害もある)。
「3倍」というのはホワイトベースのオペレーターが「通常の3倍のスピードで接近する」と発言したことに由来するが、シャア専用のザクが量産型の3倍の性能をもってるわけではなく(資料によって数値は変わるが、大体30%増の推力とされる。ゲームなどではパラメーターで通常機の3倍に数値が設定されたものもある)、何かの理由(後付設定では様々)で3倍のスピードと誤認されたものとされる。

そのため、ガンダムシリーズではは特別な色として認識されており、以降のシリーズにおいてシャアを意識したライバルや、通常の3倍の性能を発揮する機体の色として扱われている。一方でZガンダムではリック・ディアスが当初シャアことクワトロ・バジーナ搭乗機のみが赤で、他の量産機は黒だったが、後にクワトロ機にあやかって他の量産機も赤に塗りかえられたという例もある。

また、『シャア専用』は現実に創通によって商標登録されている登録番号:第4973642号
このため、シャア専用と付く商品は何かが”通常の3倍”になり、カップメンが発売された際には辛さが通常の3倍になった程。
また、シャア専用ザクを模した携帯電話や自動車などが実際に商品化されている。

転じて、二次創作の場では赤に並々なるこだわりを持っているキャラクターとして描かれることあり、多くのアンソロジーコミックでは他ガンダム作品の赤い機体(キュベレイmkII)から、果ては他作品の赤い色をした機体(熱気バサラファイアーバルキリーなど)に執着する場面を見せている。しかし、本人は赤に強い思い入れがある訳ではないらしく、百式ジオングといった機体をリペイントせずに乗ることもある。
 

シャア専用機と分類されるもの

クワトロ、キャスバルなどの別名義も含む。シャア専用とはつかないが本編でシャア以外の搭乗がなく事実上のシャア専用機も含む。一時的に搭乗したものはここでは基本的に除外。「本編」は基本的にはTV放映版(逆襲のシャアは劇場版)を指す。

機動戦士ガンダム

ザク詳細ズゴック詳細ゲルググ詳細
詳細はそれぞれを参照。いずれも撃墜されたものはなく、外伝などでは他の兵士やシャアがその後もシャア専用機に乗る場面もある。

ジオング
放映時にはシャアが搭乗したものしか存在しないが、これはシャアが搭乗することを想定して作られたものでなく、ア・バオア・クー戦当時にゲルググが破壊され、乗る機体がなく、キシリア・ザビから乗るように言われたもの。シャアが搭乗して戦闘した機体の中では、唯一完全破壊の描写がある(リック・ディアスは後述。サザビーは最終的に破壊シーンが描かれていない)。

ムサイ
艦船ではムサイのみが他の艦との区別化されシャア専用として登場(プラモデルなどの設定で、放映中には明確に描写されてはないが)。後半搭乗のユーコンザンジバルなどは他艦との区別はない。

機動戦士Zガンダム

リック・ディアス
当初通常機は黒、クワトロ・バジーナ機が赤とされたが、前述のように、後に赤に統一。元のクワトロ機はカミーユの父親に強奪されそうになり、アーガマに撃墜されている。なおザクやゲルググほど通常機と性能に差はない。

百式
Zガンダム劇中ではクワトロ搭乗の1機しか存在せず事実上シャア・アズナブル(クワトロ・バジーナ)専用機。機動戦士ガンダムZZで登場したものは、大破したシャア搭乗機を改修したもの、ないし新造の2号機とも言われる。

逆襲のシャア

サザビー
前述したように他に量産型サザビーなどがあっての「シャア専用」ではないが、作中ではネオ・ジオンの総帥としての象徴的意味も含めてシャア専用として直々に制作されたもの。なおヤクト・ドーガの赤色のクェス・パラヤ搭乗機はサザビーの予備機とも、元々シャア専用機で開発されるが、性能に満足できずサザビーが作られた、とされる文献も存在する。

外伝、小説、ゲーム版など

ゲームは「シャア専用」と判別できる機体のみ記載(単純にシャアが搭乗できる機体を挙げれば、ゲームに搭乗するほぼすべてのMS、MAが該当するため)

リック・ドム 本編ではシャアはドム系MSに搭乗していないが、小説版はゲルググやジオングに乗らずに最後はこれでガンダムと戦闘。
アッガイ 冒険王漫画版で搭乗、本編では未搭乗。
ゼロ・ジ・アール 「機動戦士ガンダム C.D.A. 若き彗星の肖像」で登場。当初1年戦争時にドズル・ザビがシャア専用として製作を命じたもので、ガルマ戦死の件でシャアが罷免され、当機も開発が頓挫。戦後アクシズで開発が再開され、そこへ落ちのびたシャアが奇しくも当初の計画通りに搭乗することになった。
ナイチンゲール 小説版「逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン」に登場する本編でのサザビーに相当する機体。ゲームなどではサザビーのバージョンアップ機とも。
ガンダム詳細) ゲームギレンの野望シリーズに登場。アムロが搭乗したRX-78ガンダムの鹵獲機でそれを赤くしている。名称はシャア専用ではなく本名の「キャスバル専用ガンダム」として登場。
ギャン ギレンの野望シリーズで登場。ゲルググとどちらを製造するかの2択でギャンを選んだ場合に登場。なお同シリーズでは前述のリック・ドムの他にも、ゲームオリジナルでノイエ・ジールII(初出はSDガンダム GGENERATION)がシャア専用機で登場している。

関連タグ

シャア・アズナブル クワトロ・バジーナ
シャア専用ザク 通常の3倍
シャア専用ズゴック シャア専用ゲルググ シャア専用リック・ドム

シャア専用の商品

913SH G TYPE-CHAR

Soft Bankから限定生産されたシャア専用の携帯電話。現在は販売終了し、サポートのみ。企画を立ち上げた社員はガノタ。実際購入した有名人はガノタで有名なアイドル・喜屋武ちあきなど。

オーリス

シャア専用オーリスの集客力は3倍どころではない。あと、フルオプションにすると値段も2倍はする。ヘタしたら値段も3倍になりかねない・・・

pixivに投稿された作品 pixivで「シャア専用」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 432380

コメント