ピクシブ百科事典

キラーマシン

きらーましん

キラーマシンとは、ドラゴンクエストシリーズに登場する機械モンスターである。
目次[非表示]

概要

初登場はDQ2ドラクエシリーズにおける機械モンスターの元祖といえる存在である。
FC版DQ2では「キラーマシーン」という表記だったが、DQ5以降は「キラーマシン」となった(リメイク版DQ2も同様)。

「殺人機械」の名前の通り、様々な武器を装備し冒険者に襲い掛かる機械戦闘兵士。
DQ2の時代に登場した理由として、DQ3の時代に大量に異世界より召喚されたものの、指令を与える方法が確立する前に大魔王が倒されてしまったために死蔵されていたものを、ハーゴン教団が偶然発掘し研究の末に実用化したものであると(後付設定ではあるが)「モンスター物語」で語られている。
DQ5では仲間になり、最初の個体は「ロビン」という名前になる。
各シリーズを通して強力なモンスターとして扱われ、『DQ6』以降は後継機種がいくつも製造されることとなる。

作品の設定によっては『勇者用戦闘ロボット』なんて設定付けがなされることも(『ダイの大冒険』でもブラス翁が「魔王勇者を殺すために作った」と言っている)。
そのためか、一部の呪文が通用しない場合も多い。

のちのシリーズではマヒャド斬りや弓矢撃ち、レーザービーム等の攻撃をしてくる。
多彩な攻撃を見せつけるために2回攻撃しているらしい。
その鳥山明イズム溢れる無駄のないフォルムにはコアなファンが多く、このモンスターのいない冒険は意味がないと言う者もいるとか。

トルネコの大冒険シリーズにも2以降から登場。こちらも1ターンに2回攻撃してくるためなかなか侮れない。ちなみにメタルハンターは3回攻撃してくる。

前述した『ダイの大冒険』では連載開始前の読切『ダイ爆発!』で登場。
パプニカ王国乗っ取りを目論む宰相テムジンと結託した賢者バロンの魔力で稼動するが、竜の紋章の力を発揮したダイの前に敗北した。

ゲームブック版

ファミコン版2のゲームブック版では、勇者達を殺す為に作られたロボットとして1機のみが登場。関西弁を喋る。
頭部は弱点ではない為、潰されても平気。本当の弱点には「弱点」と描かれている

スライム冒険記

コミック作品「スライム冒険記」では、勇者の武具を守る番人として登場。 当初は「スラきち」が勇者であることを否定していたが、彼が灼熱の炎を吹いたのを目の当たりにすると彼に勇者の武具を与えた。


関連モンスター

キラーマシン型

メタルハンター ラストキラーマシン タイプG
伐採マシン 伐採マシン改 デュランダル メギドロイド

キラーマシン2型

キラーマシン2 キラーマジンガ キラークリムゾン

プロトキラー型

プロトキラー からくり兵 ポンコツ兵
レッドハンター ベテラン兵 メタルクラッシャー

スーパーキラーマシン型

スーパーキラーマシン ゴールドマジンガ ファイナルウェポン

その他

ドラゴンマシン サージタウス キラーマシン3

なんとキラーマシンたちが獲物を見つけたようにこちらをみている!



関連イラスト

キラーマシーン<<世代の壁>>キラーマシン



関連タグ

ドラクエ ドラゴンクエスト キラーマシーン モンスター ロボット モノアイ
ドラゴンクエストシリーズのモンスター一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「キラーマシン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 452594

コメント