ピクシブ百科事典

ナイチンゲール(MS)

ないちんげーる

ナイチンゲールとは、小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

スペック

型式番号MSN-04II
頭頂高22.5m
全高27.8m
本体重量48.2t
全備重量105.7t
ジェネレータ出力6,760kW
装甲材質ガンダリウム合金
スラスター推力133,000kg


人類を粛清するには、誰かがその業を背負わねばならん!

概要

小説『機動戦士ガンダム逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』、『CCA-MSV』に登場するモビルスーツ
劇場版機動戦士ガンダム逆襲のシャアに於けるサザビーに相当する機体であり、作中における扱いや末路などは劇場版と同じである。

同小説に掲載されているカラーイラストではサザビーと同じデザインであるが、後に永野護の初期稿(ナハトガル)をブラッシュアップする形で出渕裕によってデザインが起こされ今に至る。
そのシルエットはサザビーの面影を残しつつもサイズは頭ひとつ分小さくサザビーと比較して前後に長い。
モビルスーツともモビルアーマーとも取れる形状を持ち、更にα・アジールと同型のファンネルを有する背部大型バインダーと5基のプロペラントタンクを装備し、モビルスーツの恐竜的進化を体現するかのようなシルエットを成している。
その特異なシルエットから格闘戦を不得手とするように見えるが、実際にはジ・Oと同様に隠し腕を装備する他、作中ではHi-νガンダムを蹴るという活躍を見せている。

武装

設定当初はライフル・サーベル・ファンネル・シールドの4つだけだったが、『RE 1/100』や漫画版『ベルトーチカ・チルドレン』連載にあたって武装が追加され、構成がサザビーとほぼ同様となった。

大型メガ・ビームライフル

ロングバレルが特徴的な本機の主兵装。通常のビーム射撃に加え、高出力のビームを放射するランチャーモードとビーム・ショット・ライフル同様、拡散ビームを発射する散弾モードの3つの打ち分けが可能となっている。エネルギーは機体供給式だが、ランチャーモード使用時にはゲタ等とケーブルで連結して運用される。この際、出力は百式のメガ・バズーカ・ランチャーに匹敵するとされている。

ビームサーベル

MSの格闘武器としては一般的なもの。主にフロントアーマー裏の隠し腕と併用される。実は、今だに搭載位置がわかっていない

ファンネル

背部大型バインダーに計10基を装備。α・アジールが使用していた物をベースに小型化されており、稼動時間や威力はサイコ・ドーガ以上とされる。バインダーに収納し再充填も可能だが、作中では使い捨てされている。

シールド

サザビーと同型の物を左腕にマウントする。『RE 1/100』では、裏面にビームトマホークとミサイル3基が追加されている。

ビームトマホーク

サザビーと同型の格闘武器。通常は広範囲にビーム刃を展開する大型ビームサーベルとして使用されるが、ビーム刃を展開しなくてもヒートホークとして使用が可能。不使用時は柄を縮めてシールド裏にマウントされる。

拡散メガ粒子砲

元々はスーパーロボット大戦等に登場する際に設定された独自の武装だったが、漫画版『ベルトーチカ・チルドレン』連載にあたって正式に設定された。サザビーとは違い、普段は腹部の装甲でカバーが施されており、発射時に装甲を展開する必要がある。


外部出演

CCA-MSVやその設定をベースとするGジェネレーションシリーズやスーパーロボット大戦シリーズではサザビーの強化発展型として扱われる事もある。

スーパーロボット大戦

ライバル機のHi-νガンダムと違って出演回数は極端に少ない。サザビーに比べて武装は少なめだが攻撃力や機体性能では上回る。
初登場の第2次αでは条件を満たすばシャアとの最終決戦の搭乗機がサザビーからナイチンゲールにグレードアップ、いわば隠しボスとしての登場。そのステータスはサザビー(HP98000)からナイチンゲール(HP160000)と大幅に増大。シャアがニュータイプ能力持ち故、命中・回避に補正が入ることも相まって多くのプレーヤーを苦しめた。
後のDでは無条件で加入する味方機として登場した。サザビーを2割強くした機体で、Hi-νガンダムと夢のツートップが実現できる。

ガンダムVSガンダムシリーズ

マキシブーストで行われた週代わりに新機体ご登場する特別企画「2015年 真夏のマキシブースト祭り」で参戦が決定。コストは3000。
既に劇場版とは別作品扱いで参戦していたHi-νガンダムと参戦枠が同じ小説版となっている。
そのためか、パイロットのシャアはサザビーの時と違ってインカムをつけている・アシストで呼び出すMSがサイコ・ドーガといった違いがある。サザビーと似た武装構成ではあるものの、射撃武装の構成が変更されており、あちらがオールラウンダーな万能機に対してこちらは射撃戦に特化した機体となっている。また、全機体中トップクラスの巨体であるのも特徴。被弾面積自体はほかと比べて大きいが、巨大なファンネルラックの先など、一部の機体先端部分には当たり判定がない。

特筆すべきはサブ射撃のファンネルで、相手にとりつくのだが、発射タイミングがメインと連動なので、相手に合わせた撃ち方が可能。ビーム発射タイミングが操れるファンネルといえば恐ろしさが伝わるか。特射のメガ粒子砲はサザビーのものと比べ細く、曲げ撃ち可能なゲロビと、レバー入れで機体の正面に拡散ビームを発射するものの二種を誇る。特にレバー入れの方は、銃口補正こそないものの、自動落下効果付きであるので降りテクに活用可能且つ慣れれば飛んでいる相手を撃ち落とすことが出来るというとんでもない武装。

慣れるまでが大変だが手誰プレーヤーが使用すると厄介という言葉をこえたナニかといいようがない程の強機体で、中距離以降から避け難い射撃武装の数々を巨体とは裏腹に良好な機動性から放ってくる姿に苦汁を飲まされたプレーヤーは数知れず。
流石にゲームバランスに害したと判断されマキブマキブON両時代に『展開したファンネルの待機時間短縮』『機動力・耐久値低下』と弱体化修正を受け、全盛期と比べ脆くなりやすく、現在は武装は優秀だが繊細な立ち回りを要求される射撃機に落ち着くことになる。

使用上の留意点は間合い
といっても優秀な射撃武装の数々+降りテクでやすやすと格闘戦に持ち込ませないのだが、その巨体ゆえに距離を詰めてのマシンガンやブーメラン等々の近距離での押し付け武装は避け辛いのが欠点。それゆえ敵・味方の正確な位置関係を把握しながらの丁寧な射撃戦を求められる。

ガンダムバーサスではDLC機体として参戦。
曲げ撃ち可能なゲロビ等々といったいくつかの武装がチャージ武装に変更された為、弾数制限を受けなくなったがとっさの利用が難しくなり、射撃戦の手数と中遠距離のプレッシャー低下といった微弱化。
その代わり、特殊格闘でファンネルを横一列に並べて照射ビームを放つ広範囲武装が追加。
中距離戦主体だが、ある程度前に出ることが重要になっているので下がりすぎず、前に出すぎず、冷静な立ち回りを要求されることになる。

余談

人気の割にはそのデザインや巨大さからか立体化の機会に恵まれず、ガレージキットでしか商品化された事はなかったが、ガンプラ「RE/100」の第1弾として本機が抜擢された。

関連タグ

機動戦士ガンダム逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン
シャア・アズナブル ネオジオン
サザビー CCA-MSV

pixivに投稿された作品 pixivで「ナイチンゲール(MS)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43302

コメント