ピクシブ百科事典

メルエム

めるえむ

HUNTER×HUNTERの登場人物。キメラアントの王。
目次[非表示]

(余は 一体 何の為に 生まれて来た…?)

CV:内山昂輝

概要

女王から生まれたキメラアントの王。身長はゴンと同程度の小柄な体格で一人称は「余」。
討伐時の年齢は生後40日である。
自らが種の全てを託された王であるという自覚と自負を、生まれながらにして持っている。非常に誇り高く聡明で思慮深い。自身の発言・命令は常に絶対であり、偽りや誤魔化しは断じて許さない。口癖は「二度言わすな」
自分以外の全ての生物を「」として認識しており、同種である兵隊蟻を食うことにも何の躊躇いもない。しかし、護衛軍の三人にだけはある程度の仲間意識を保有している。
身体能力は他のキメラアントを遥かに凌駕しており、一挙一足は常人には視認すらできず、師団長クラスの蟻でも時間潰しにすらならない。長く伸びたのように振るい、相手を叩き潰すことを得意としている。
何気ない殴打であっても、殴られた生物は基本的にバラバラに吹き飛ぶ。殴られてのけぞっただけで耐えたピトーを見て驚いたほど。

身体もキメラアントの中でトップクラスに硬く、百式観音の100を超える打撃を喰らい続けてもほとんどダメージ無い

NGL母親であるキメラアントの女王の腹を自ら突き破って誕生した後、直属護衛軍と共に念能力者(レアモノ)を喰う為に巣から旅立つ。その後、独裁国家東ゴルトー共和国に進出、マサドルデイーゴ総帥を殺害し国ごと乗っ取る。全国民500万人の人間に号令をかけ、暴力を用いた「選別」計画を実行し、念能力者の軍隊を得ようと目論む。
最終目的は地球上の全ての生物を「統一」し、キメラアントを更なる次元へと進化させること。

変化

「選別」が終わるまでの余興として、将棋囲碁の各種盤上競技の名人と対局し、次々と打ち負かしていく。
当然ながら人間の遊戯のルールは知らないため、ルールブック等を読んでルールを覚えてからの対局だが、いずれもルールを覚えて数時間のうちに東ゴルドーのチャンピオンを完膚なきまでに打ち負かすほどの学習速度を見せつけた。

しかしその過程で軍儀打ちの少女コムギと出会う。
最初のうちは敗北しながらも学習を続けていったが、それまでの人間と違い、いくら学習し強くなっても勝てる気配が全く見えてこない。
焦れた王は精神を揺さぶるために「負けたら何かを差し出す賭けをしよう」と提案するも、コムギは躊躇なく「元より負けたら自身の命を差し出すつもりである」と返答。その答えに、王は覚悟と精神においてコムギに劣っていた事を自覚。
賭けを提案していながら自身の命を差し出すことを想定していなかった甘さの詫びとして、その場で自身の左腕をもぎ取った(コムギは目が見えないのでその事実に気づかないままであったが)。

そうして自身よりも遥かな高みにいるコムギとの対局を続けていくうちに自らの価値観に変化が生じ始め戸惑いを抱く。
その後人間の中にも少数ながら価値を認めるに値する存在がいると認識し、己の力を暴力による抑圧ではなく、現在の不平等な社会を破壊し、弱者を庇護することで理不尽な格差の無い世界を創設するために使うことを決意する(「与える」という上から目線であることは変わっていない)。しかし、この思想はあくまでもキメラアントという種族があらゆる生物との交配が可能であるがゆえの理想であり、人間とは決して相容れないという認識はない。

コムギとの対局を続けているうちに討伐隊による襲撃が開始される。
その時も例によってコムギとの対局の最中であったが、ゼノの「龍星群」によってコムギが重傷を負ってしまう。
ゼノとネテロが王のもとにたどり着いた時はこの重傷のコムギを抱きかかえている所であり、聞いていた話とまるで違う、一個の生命として慈愛溢れる振る舞いをする王の姿にゼノとネテロは戸惑う。

駆け付けたピトーにコムギの治療を任せ、王は戸惑っているゼノとネテロに対して自ら場所の変更を提案する。ゼノは役割終了ということで離脱したためネテロのみがそれについていき離れた場所にある兵器実験場跡にてネテロと一対一となる。
この場に及んでも王は上述の理想を語ってあくまで話し合おうとし戦う意思を見せなかったが、ネテロの「負けを認めさせることが出来たら名を教えてやる」と言う提案に乗って腰を上げる。

戦いは序盤こそネテロの百式観音で王が翻弄されているように見えたが、各種盤上遊戯のように王は急速に学習を続け、ついにはネテロのほんの僅かな「癖」を見切って攻撃を潜り抜け、ネテロに痛打を与える事に成功。
そこからは形勢が逆転し、ネテロは片手片足を失い「零の手」までも使うが王は大したダメージを受けない。ネテロは「勝負での敗北」を認め、王に「メルエム」という名を教えるが、そこで最後の手段として自身の体内に仕込んであった爆弾「貧者の薔薇」を起動。

爆心地で被爆したメルエムは消し炭寸前まで焼け焦げ両手両足も失う大ダメージを受けたが辛うじて生存しており、駆け付けたプフとユピーの献身によって傷を回復し復活を遂げる。
しかしその衝撃からか一時的な記憶喪失の状態に陥り、コムギの存在を忘れてしまった事に加え、コムギによる影響を良しとしないプフの誘導によって以前の王の価値観に戻りかけていたが、宮殿に帰還して出遭ったウェルフィンを問い詰めた際に零れた「コムギ」と言う単語に反応して全てを思い出した。

全てを思い出した王はコムギの居場所を捜索する。
討伐隊によって人質とされ隠されていたコムギを探し、討伐隊のメンバーを見つけて問い詰めるが、同時に爆発の直接のダメージからは復活したものの、「貧者の薔薇」が撒き散らす遅効性の毒に侵されている事を知る。
どう足掻こうと自身の命が長くない事を悟ったメルエムは最後の時間をコムギと過ごす事を決意し、半分キメラアントになっているパームに土下座をしてでもコムギの居場所を教えてくれるよう懇願(流石に王に土下座をさせる事の意味に耐えられなかったパームの方が先に折れ、実際は土下座をする前にパームに制止されたが)。

ようやくコムギに再開したメルエムは早速軍儀を再開する。
軍儀を打ちながら、コムギに対して自身が毒に侵され長くない事、この毒は感染するため長くいると巻き添えになる事を告げるが、コムギはメルエムに添い遂げて共に死ぬ事を選んだ。

ここでメルエムはようやく自身の生まれてきた意味を確信した。
コムギと出会うために、コムギと添い遂げるこの瞬間のために生まれてきたのだと。

やがて衰弱し目も見えなくなり、コムギの居場所を言葉で確認しながら軍儀を続けようとするが、疲れ果て「少し眠る」と言い残し、コムギに抱かれながらメルエムは死んだ。


「 おやすみなさい… メルエム… 」



名前

最初は名前を持つという考え自体がなかったが、コムギに名前を聞き返されたことで自身の名前がないことに疑問を持つ。その後ネテロとの戦いを経て、今わの際に母親(女王)が自分に「メルエム」"全てを照らす光"という意味)という名前を付けていたことを知る。この名前だけは記憶喪失後も覚えていた。

念能力

系統は不明だが、他の系統には当てはまらないため特質系能力者である可能性が高い。

獲物のオーラを食うことで自分のものにできる能力(仮称)

食えば食うほどに自らを強くすることができる。体の傷を癒したり欠損した部位を再生させることも可能。
貧者の薔薇による爆撃を受け瀕死の重傷を負った際にプフユピーを摂取したことで、メルエムと二人との間に精神の共有が生じている。このことから吸収というよりはむしろ同化に近い能力だといえる。
ユピーを口にしたことでユピーの能力も使用できるようになり、変形(を生やす)と砲撃が可能になった(しかもユピーよりもはるかに上手く能力を使いこなしている)。

プフ・ユピーを吸収した後は基礎能力もけた違いに上昇しており、宮殿全体に加えその周囲数キロを覆い尽くすほどの超広範囲の「円」を一瞬で展開可能になる。
この「円」にプフから吸収した「麟粉乃愛泉」の要素がミックスされた結果、「円」そのものが光子のような物質を拡散する特性を兼ね備え、円内部にいるものの姿形だけでなく感情をも読み取る能力、および光子は円の終了後も相手に付着し追跡を可能にする特性を得た。

関連イラスト

メルエム
嵌合蟻王


オウ×ト×ゴエイグン
休載記念


QAQ
何と脆い生き物なのだ…!



関連タグ

キメラアント ネフェルピトー シャウアプフ モントゥトゥユピー
護衛軍 コムギ ネテロ
王ムギ

セル:色々似てる

pixivに投稿された作品 pixivで「メルエム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2923235

コメント