ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

特質系

とくしつけい

漫画「HUNTER×HUNTER」に登場する特殊能力「念」の属性の一つ、またはそれを得意系統とする能力者。
目次 [非表示]

概要

念能力の系統の一つ。

六性図では一番下の頂点に表記される。


他に類のない特殊な能力。

念能力者は向き不向きはあるものの、基本的に本系統以外の5系統の能力は修行によって身に着けることができる。

しかし、この特質系に限っては修行による習得は絶対に不可能である。


この系統の能力を使用するには

  • 生まれつき特質系の性質に属している
  • 何らかの影響で、後天的に自分の系統が特質系に変化する

の2パターンしかない。

先天的に属する場合は、特殊な血統や生い立ちが関係していることが多い。

後天的に変化する場合は、六性図で隣り合っている「操作系」と「具現化系」の能力者が最も可能性が高く、対面の「強化系」が最も低い。

このように発現率が非常に低い系統のため、その能力は強力なものであることが多く戦闘では対処もし辛い。

もっとも、「相手に直接的なダメージを与えられない」「本人が自ら臨んで課した誓約とは別の使用条件がつく」など、能力者本人にとっても扱いづらい能力が多く、「近距離」「中距離」では後れをとりがちな系統でもある。


作中では

  • 他人の念能力を奪ったり借りることでそのまま自分のものとして行使する(盗賊の極意や謝債発行機など)
  • 未来予知や記憶を読み取るなどの情報収集をする(天使の自動筆記やパクノダの能力など)

と言った能力が多い。

また、特質系としての能力を発する媒体として、隣り合う具現化系の能力で具現化した道具を利用するケースも多い。


  • ヒソカのオーラ別性格分析では「個人主義者でカリスマ性がある」と定義されている。
  • 水見式では他の5系統とは違う変化が起こる(例:葉が枯れる、水が異臭を放って泡立つと同時に葉が溶け出す)。


相性


特質系能力者



関連タグ

念能力 水見式

強化系 放出系 操作系 具現化系 変化系

関連記事

親記事

念能力 ねんのうりょく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 513163

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました