ピクシブ百科事典

グラマン中将

ぐらまんちゅうじょう

『鋼の錬金術師』に登場する将軍(メイン画像左)。
目次[非表示]

概要

CV納谷六朗

アメストリス軍東方司令部司令官。
階級は中将で、ロイ・マスタング大佐が東方司令部に在籍していた際の上司。

周囲からは「変人」として名高く、女好きで怠け者だが気前が良く何処か憎めない好々爺であるが、その本質は謀略に長けた策士であり、マスタングの策謀の師でもある。情報網においてもマスタングの更に上を行き、東部に在していながら現在のアメストリス国の状況を熟知していた。

かつては彼も中央司令部に在籍し、マスタング同様に軍の頂点に立とうと目論んだ野心家だったという。しかし、ホムンクルスの仲間に引き込もうとしたレイヴン中将の「不老不死に興味はないか?」という誘いを「不死など下らん」と一蹴したために田舎の東方司令部に左遷され、出世街道から外れてしまったという(ただし、今でも野心を忘れたわけではなく虎視眈々と起死回生の機会を狙っていた)。

自分と似たところがあるマスタングの事を気に入っており、彼の東方司令部在籍時には重用し、謀略について指南や助言をおこなっている他、嘘か本気か「孫娘を嫁に…」とまで発言している。ただし、前述の野望のためであればたとえ愛弟子である彼であっても見捨てる(尚且つ保身のために利用する)と宣言するなど、狡猾な一面も見せている。

名前の元ネタはアメリカの航空機メーカー「グラマン(現ノースロップ・グラマン)社」から。

作中での活躍

中央司令部へ転勤となったマスタングから、東方司令部内の部下数名を同行させたいと要望され快く承諾する。また、このとき普段両者が興じていたチェス盤のセットも「餞別」として贈った。

以降は長らく登場することはなかったが、大総統であるキング・ブラッドレイ(およびホムンクルスの息のかかった軍上層部)からの圧力により、部下たちと引き剥がされた上に軍内での行動に制限が付くなど窮地に追いやられたマスタングは、チェスの駒に収められた暗号でグラマンに秘密裏に連絡し、殉職したヒューズ中佐(特進により准将)の墓前で密会する(このとき、老婦人に扮して現れマスタングを驚かせた)。

マスタングからの要請を受けると共に長年の野望が再燃したグラマンは、時が来たら東方司令部でクーデターを引き起こすことを約束する。ただし、もしマスタングが志半ばで失敗することがあれば彼を悪人に仕立て上げ自身が軍の掌握に乗り出すと宣言する。

「約束の日」の直前、北方司令部との合同演習を開催し、不審に思ったブラッドレイを東部へ誘き出す。更に、自分たちを怪しむハクロ少将がブラッドレイに密告することまで見据え、敢えて彼が「グラマン中将たちは囮で、本当の狙いは手薄となった中央部」だと進言するように仕向ける。結果、ブラッドレイは早急に中央へ戻ろうと列車を利用するが、鉄橋の爆破により彼らの乗る列車を谷底へ落下させた。

しかし、既の所でブラッドレイは脱出しており、アームストロング少将率いるブリッグズ軍が占拠した中央司令部に到達。更にはお父様の発動した国土錬成陣により他の国民たち共々一時的に絶命するが、ホーエンハイムが事前におこなっていた錬成陣潰しによる失敗で息を吹き返した。

騒動後は、国内の一連のクーデターはすべて大総統の地位を狙う軍上層部(ホムンクルスの協力者たち)が起こしたものとされ、ブラッドレイとその義息セリムは暴動内で命を落としたというシナリオで公表された。殆どの将校が罪人として捕縛され、マスタングも(イシュヴァール復興のため)身を引いた結果、空位となった大総統の座にまんまと収まり、長年の野望を成就するに至った。

最終話では、ブラッドレイ夫人と談話をしつつ当時の出来事を振り返り、彼女が改めて養子として迎えたセリムの行く先について監視を続けると釘を刺した。

余談

メイン画像右の少女は、幼少期のリザ・ホークアイ中尉である。
『パーフェクトガイドブック2』によると、グラマンはホークアイ中尉の母方の祖父に当たり、前述のマスタングの嫁にと勧めていた孫娘とは実は中尉のことではないかとも推測されている。

関連タグ

鋼の錬金術師 アメストリス
中将 軍人 将校 眼鏡 女装 チェス

pixivに投稿された作品 pixivで「グラマン中将」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 356

コメント