ピクシブ百科事典

デビルズネスト

でびるずねすと

『鋼の錬金術師』の舞台となるアメストリス国南部の都市、ダブリスに存在する酒場の名。およびそこを根城とするグリード一派を表す読者による便宜上の通称。
目次[非表示]

概要

鋼の錬金術師』の舞台となっているアメストリスは、中央(首都)を中心に東西南北に分かれているが、その南部のダブリスイズミ・カーティス肉屋がある)に存在する酒場が「デビルズネスト(悪魔のねぐら)」である。

デビルズネストは表向きはホステスなどもいる普通のバーであるが、その総元締め(オーナー?)はお父様の元から脱走した人造人間グリードである。
店にはグリードを慕う者たちが多く集まっているが、グリードの側近たちはいずれも傷病を理由にムリヤリ錬金術動物合成させられたアメストリス軍の元兵士たちで固められている。

グリードが「真の不老不死」を求め、アルフォンス・エルリックをここに拘束するが、グリードの居場所を察知したキング・ブラッドレイと配下の兵隊たちにより合成人間は全滅、グリードも捕縛されてデビルズネストは壊滅した。

ちなみに原作・アニメFA版ではキング・ブラッドレイ(ラース)の命、03年アニメではフランク・アーチャーの命によってグリードの部下どころか、たまたまいた客やホステスまでもが粛清されており、原作の単行本ではのカバー裏の真ん中は死んだ人物が描かれており、「デビルズネストのみなさんとか」、「逝きすぎ」と書かれている。

旧アニメ版の独自設定

2003年版アニメではグリードは第五研究所崩壊に乗じて脱走した設定であり、キメラ人間たちも全員第五研究所でグリードにより解放された設定。また、これに伴いゾルフ・J・キンブリー及び変わり果てた姿となったショウ・タッカーもグリード一派に同行しダブリスに逃げ延びた。
本来タッカーは軍の命令でキメラたちを作った存在、つまりキメラ人間たちにとっては憎むべき敵なのだが、キメラを治せる医者がいないという理由で無理やり同行させられたようで、そもそも怪物じみた姿になってしまった以上人間社会にも戻れず(そもそも表向きは重罪人として死刑にされている)やむなく付いてきたというのが正しい。
そしてキンブリーも先述したアーチャー中尉の唆しによりあっさり裏切り、タッカーもアーチャー傘下に下る。

キメラにされたドルチェット・ロア・マーテルの三名が元軍人であることは原作と同じであるが、彼らはイシュヴァール殲滅戦に関与している(後に原作でもロアの従軍が描かれている)。原作とは異なり旧アニメ版では「イシュヴァール人児童への発砲」自体が行われておらず、ドルチェットらの所属する小隊が一方的にイシュヴァール集落への襲撃を敢行したことが原因となっている。関与した兵士らは皆捕らえられ、口封じのために殺されるか合成獣人間に改造されている。

主な幹部


関連イラスト

お前ら
デビルズネスト



関連項目

荒川弘 
エルリック兄弟 アレックス・ルイ・アームストロング
改造人間
ダリウスハインケルジェルソザンパノ:作品後半に登場するキメラ人間。

pixivに投稿された作品 pixivで「デビルズネスト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 163808

コメント