ピクシブ百科事典

アメストリス軍

あめすとりすぐん

『鋼の錬金術師』に登場する架空の国家、アメストリスの国軍。
目次[非表示]

概要

鋼の錬金術師』の舞台となるアメストリス国軍
を基調とした軍服が特徴であり、寒冷地では上からコートを羽織ることもある。拳銃サーベルの携帯が許されている。
地理により東西南北+中央の5軍に分割されているが、内陸国のため海軍は無い。
作中に登場する人物の大半は兵卒を統率する立場の「士官」であり、実際に士官学校も存在することが明かされている。

本作の舞台である同国が大総統を中心とした完全な軍事国家で立法司法が完全に軍の傀儡とされているため、“アメストリス軍=アメストリス政府”と考えて差し支えなく、主人公であるエドワード・エルリックアルフォンス・エルリックもまた間接的ながらもこの軍に属しており、それ以外にも物語の重要人物の多くがこのアメストリス軍の関係者だったりする。
エドをはじめとする国家錬金術師は資格取得の際に軍への忠誠を誓わされるため、有事には非戦闘員であっても動員をかけられることがある。ちなみに国家錬金術師は軍属でなくても少佐総統の権限を有する。

実際の所、ネタバレを含むため詳細は省くが、この国および軍自体がある思惑の元で生み出された傀儡組織でもあり、そのせいかイシュヴァールの内乱やリオールの宗教暴動などを始めとする国内の騒乱に対して不必要なまでの苛烈な対応を行ったり、隣国とも小競り合いを繰り返して対立を深めたり、さらに中央部には国民のことを顧みないような独善的な将校が数多く蔓延っていたりと、その内実は極めて好戦的かつ退廃的な軍隊となっている。
特に(黒幕がまだ判明していなかった)旧アニメでは無抵抗の国民に反乱関与の「疑い」だけで引き金を引くなど、その過激ぶりは原作以上に強調されていた。

なお、本作に登場する軍人の多くは武器メーカーや航空機メーカー、兵器関連の用語などから名が取られている。

ちなみに、非戦闘員は基本的に軍服にそでを通すことは無いのだが、軍法裁判所勤務になったシェスカはタイトスカート型の制服を着用している。また、旧アニメ版で国家錬金術師がイシュヴァール殲滅戦に参加した際には明らかに非戦闘員であるティム・マルコーも軍服を着用していた。

階級別所属者一覧

大総統


将軍

以下、国家錬金術師には☆を附属。
中将


少将

准将

佐官

大佐


中佐

少佐

尉官

上級大尉


大尉

中尉

少尉

准尉

下士官

曹長


軍曹

キンブリー直属部隊


退役・脱走者(いずれも階級不明)


関連項目

鋼の錬金術師 国家錬金術師
キング・ブラッドレイ

pixivに投稿された作品 pixivで「アメストリス軍」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 167

コメント