ピクシブ百科事典

レイブン中将

ごうまんすけべおやじ

レイブン中将とは、漫画「鋼の錬金術師」に登場する軍上層部の1人である。
目次[非表示]

概要

「不死の軍団に興味はないかね?」
CV:宝亀克寿
レイブン中将とは、鋼の錬金術師に登場する登場人物の1人である。初登場は原作第50話。

人物

アメストリス軍の将校であり、階級は中将。褐色の肌に口ひげを蓄えた老人といった風貌で、一見すると豪快で大らかな性格だが、その本性は自らの目的のために平気で弱者を切り捨てられる外道である。又、ブリッグズの女看護師の友達によると、相当なスケベであり、劇中でもアームストロング少将の手や肩をいやらしく触り、彼女を「ぶった斬ってしまいたい!」と怒らせた。

経歴

当初は中央に転勤したマスタング大佐の将来を気遣うなど、豪快で気さくな態度を見せていたが、マスタングが「大総統がホムンクルスである」というジョークを話した途端、邪悪な本性を見せ、他の上層部の軍人や大総統と共に彼に対して「君は束縛されている」とでもいうような威圧感を与えた。
本性は己の目的である不老不死の為に平気で弱者を切り捨てる性格であり、「不死の軍団などくだらん」と言ったグラマン中将を東部へ左遷したり、イシュヴァール殲滅戦の計画にも参加していた。
彼からすれば、愚かな者(上層部を踏みにじる者)は皆排除され、国家の礎(賢者の石)となる存在であるらしい。
次に物語に絡むのはエルリック兄弟がブリッグズに来た時であり、傷の男との戦闘で腹部に重傷を負ったキンブリーを、錬金術師の金歯医者と共に見舞いに訪れ、彼の持つ賢者の石で全快させた。しかし、老いによる焦りから、そこでエルリック兄弟とオリヴィエ少将の罠に嵌り、上層部の目的をベラベラと喋ってしまう。
その後、ブリッグズの「弱肉強食」の掟を持ち出し、少将にスロウスを元のトンネルに戻させ、コンクリートで穴を塞がせた。しかし、トンネル内でプライドに捕食され、腕だけとなった彼女の部下スミスの死を「国家の繁栄には仕方の無い死」と見做したことにより、激昂した彼女に「スミスの腕は、左でしたか?右でしたか?」と言いながら腕を愛刀で貫かれ、彼女を射殺しようとするも、老害と罵られて斬殺された。そして、その遺体は皮肉にも彼女に流させたコンクリートの中に埋もれ、自分が文字通り国家の礎となるという過去の悪行に相応しい結末を迎えた。

余談

元々は純粋に国家を想いながら活躍する、勇敢でまっとうな軍人であったのだが、「お父様」の不老不死に釣られ、今のような性格に歪んでしまった。その点は、アニメ版で詳しく語られている。

関連イラスト

レイヴン中将に関するイラストを紹介してください。

別名・表記ゆれ

レイヴン中将

関連タグ

アメストリス軍 中央司令部 オリヴィエ・ミラ・アームストロング スロウス

コメント