ピクシブ百科事典

キング・ブラッドレイ

きんぐぶらっどれい

キング・ブラッドレイとは『鋼の錬金術師』の登場人物。
目次[非表示]

「自分の城に入るのに 裏口から入らねばならぬ理由があるのかね?」

概要

CV:柴田秀勝木内秀信(青年期)

アメストリス軍の最高位「大総統」であり、軍事国家アメストリスの国家元首。戦場での数々の功績から44歳の若さで大総統に就任し、現在の軍事国家としての体制を築き上げた人物。

黒髪のオールバックと口髭、左目のアイパッチ(眼帯)が特徴の男性。
年齢は60歳だが、日頃の厳しい鍛錬のおかげで若々しい肉体美を維持している。

家族にと義息セリムがいる。

人物像

大総統として

物語序盤は温厚な好々爺としての登場。
エルリック兄弟に対しても好意的であり、公務をサボってエドのお見舞いに現れたり、国家錬金術師の査定をあっさり通過させたり、兄弟の生き急いだ行動に警告したりするなど「いい人」としての描写が多かった。エドの後をこっそり尾行した際は、アロハシャツにソフト帽というラフな姿で変装するなどお茶目な一面も。

こうした人柄から部下や国民からも敬愛される人物であるが、その本質は現実主義の独裁者であり、過去には予てからアメストリス人と民族・宗教的な溝の大きかったイシュヴァール人を殲滅するという利己的な戦争(イシュヴァール殲滅戦)を勃発させている。国家錬金術師を大量動員しイシュヴァール人の集落へ侵攻し、長との平和的解決への交渉にも応じず、当時軍に籍を置いていたイシュヴァール人たちをも階級に関係なく拘束するなど冷徹に彼らを虐げた。

戦闘においても相手に情け容赦のない冷徹非情なリアリストであり、老齢とは思えぬ高い戦闘力を持つ。そうした苛烈な面を知るマスタングヒューズなどの一部の軍関係者には彼の方針に疑念を抱いている者も少なからず存在する。

ホムンクルスとして

不撓不屈六十年史


その正体は、7番目に造られた“憤怒”のホムンクルスラース」である。
ただしラストら他のホムンクルスとは作成方法が異なり、人間の体に賢者の石を注入されて適合したことによりホムンクルスとなる。左目のウロボロスの紋章は、賢者の石を流し込まれたときに現れた。普段は眼帯で隠しており、怪我で失ったように偽装している。

元はホムンクルスの計画により、幼少期より国の長となる為のあらゆる教育を注がれた大総統候補生の一人で、十二番目の実験体。「キング・ブラッドレイ」という名もその時に医師から与えられたもので、本当の名前は不明。以前は「父上」の計画のためにアメストリスの独裁体制を編成し計画の外堀を固める役目を担う。

戦闘スタイル

前述の大総統候補として養成期間に培った教育によりあらゆる戦闘術に精通しているらしいが、作中では特にサーベル(剣術)を使用。現在もその手腕は健在であり、エドの国家錬金術師試験においては目にも留まらぬ速さで剣を抜き、彼の突き出した槍を両断している。
剣は状況に応じて二刀流やナイフを使用することもある。また、グリード一味によるアル誘拐事件の際は、手に一本、腰に四本のサーベルを装備した武装態勢で登場しているが、どのようにして闘うかは不明(単に刃毀れした際のための予備なのかもしれない)。コミックスの表紙裏では「ブラッドレイ式五刀流」と称して両手・耳の穴・尻の穴にそれぞれサーベルを装備した姿が描かれている。

ホムンクルスとしての能力は「最強の眼(め)」。
銃の弾道すら見切る常人離れした動体視力を持ち、ホムンクルスの身体能力と合わさり素早い動作による高速な戦闘術で相手を圧倒する。

ただし前述の通り元が人間であり、体内に入れられた賢者の石の魂との競争の末に生き残った魂であるため、魂のストックが最初から一つしかなく再生能力はない。また人間同様に老化もするため、本人も寄る年波による自身の能力に衰えを感じている発言をしている。

上記のように体質自体は普通の人間と大差がないが、その戦闘能力はプライドと並んでホムンクルス内でも上位クラス。その踏み込みの速さは同じホムンクルスで「最強の盾」を持つグリードでも皮膚の硬化が間に合わないほど。満身創痍の状態でも、マスタングの焔よりも早いスピードで彼に詰め寄り、作中でも上位クラスの実力を持つ傷の男(スカー)ですら満身創痍のブラッドレイを相手にしてほぼ相討ち寸前まで追いつめられていた。

ちなみに、彼の強さは40年近く戦場を駆け巡って来た経験と厳しい鍛錬によるものであり、賢者の石とは直接の関係はない。リンがベースとなった二代目グリードからも分かるように、ホムンクルスのベースとなる人間はその能力を存分に使える強靭な肉体と精神が必要となる。実際、最強の眼を使わなくても恐ろしいほど強い。

作中での活躍

当初は前述の通り好々爺としてのイメージが強く描かれ、兄弟に何かしらの助力こそするものの物語に大きく関与することはなかった。

ホムンクルスとしての正体が判明して以降は冷酷な独裁者としての面が際立つようになった。
また、軍の将校の多くは既に彼がホムンクルスであることを認知した上で、彼らの提唱する永遠の命を渇望しブラッドレイを支持していることも後に明らかになる。

基本的には他のホムンクルス同様に、ホムンクルスであることには矜持と優越感を持っているが、人間を単純に軽蔑しているわけではなく、「自らを打ち倒しにくるものは神ではなく人間」という発言や、リンオリヴィエ目的への執念を気に入る様子を見せる等、度々語られる自身の人生観・宗教観などの思想信条には他のホムンクルスとは違った面もある。

また、人生の全てを用意された盤石なシナリオの中で生きてきた事に対しては、多少の不満を抱いており、唯一自らの選択で得たには特別な感情を持ち、エドやマスタングの反逆といった計画の障害に対して面白みを感じる、といった一面もある。
養子役を演じるセリムことプライドに対しても、他のホムンクルスたちと違って畏怖している様子はなく、逆に自らの本音を話したりと他のホムンクルスよりも気を許している様子。

戦闘力の高さや人を見抜く目は確かであり、イシュヴァール殲滅戦の時点で既にマスタングに着目していた。ラストがマスタングに倒されてから、お父様に自分をマスタングの担当にするように進言し、マスタングへの圧力を強めていく。特にグラトニーが捕まってからは、マスタング直属の部下達を各地方に左遷し、彼の補佐役だったホークアイ中尉を自身の直属にするなど、その圧力をいっそう強めていた。

「約束の日」の手前、東方司令部で行われる北方司令部との合同演習に怪しいものを感じ取り急遽視察に訪れるも、グラマン中将が仕掛けた二重の罠にはまり、列車に乗って中央へ急いで戻る最中に列車もろとも橋を爆破され、行方不明となる。
しかし、実際は橋が落とされる瞬間に崩落する瓦礫を跳び移って脱出していた。

生還した後に中央の大総統府に舞い戻り、府を占拠したバッカニア率いるブリッグズ兵を、たった一人で、尚且つ軽装(サーベル一本と手榴弾)のみで圧倒。合流したグリードとフーらの猛攻をも物ともしない一騎当千の実力を発揮したが、死を覚悟したバッカニアとフーの捨て身の奇襲で腹部を、それに続いたグリードの一撃で左目を負傷、さらにブリッグズ兵の銃弾を肩に受け水堀に転落。

致命的な重傷を追いながらも、そのまま水路を通り地下へ潜入し、先に地下に潜入していたエド一行と対峙。マスタングを拘束し、合流したプライドによってマスタングが扉を開けさせられたことを確認した後、「お父様」の部屋へと向かおうとする傷の男と「名無し」同士で死闘を演じる。既に満身創痍の状態でありながらも終始相手を圧倒するも、刀身に反射した陽光により一瞬目が眩み、その隙を突かれ惜敗した。

最期は祖父の仇を討とうと現れたランファンに看取られる形で自分の人生に満足を抱いて息を引き取った。ベースが人間であるためか他のホムンクルスのように霧散せず、白色化した遺体が残った。

なお、独裁者ではあったものの国民からは慕われていた為、彼がホムンクルスであった事や国民に危険を及ぼしていた事は一般国民には伏せられ、彼の死は留守を狙って国土錬成陣の実験をしようとした勢力との戦いで殉職した事にされている。
(同時に、セリムも列車の爆破の際に亡くなった事にされている)

余談

大総統一家の休日


前述の通り戦闘面におけるトンデモないチートキャラだが、そんな彼にも弱点はある。
奥さんである

奥さんとは普通の恋愛結婚だったらしく、出会いは彼が25歳のときだったそうだが、初デートの際にビンタを喰らっている。そして2回目のデートでもお尻を誉めたせいでまたもビンタを喰らっている。だがこのビンタがプロポーズの決め手となったらしい。
(なお、奥さんをデートに誘う際、ラストから女性の扱いのノウハウを脂汗を掻きながら必死で教わっていたそうな。)

この通りかなり尻に敷かれている事が容易に想像できるが、「お父様」のレールに敷かれた彼の人生に置いて、唯一自分の力と意志で手に入れたものであり、深い愛情を抱いている。ランファンから妻に対してすら遺言をしないことを批難された際には「なめるなよ、あれは私が選んだ女だ。私とあれの間に余計な遺言など要らぬ」と王の妻として絶対的な信頼を寄せていたことを伺わせる言葉を返した。

ちなみに彼女のビンタは「最強の眼」を持ってしても見切れなかったらしく、一部ファンの間では
最強の眼<最強のビンタ」とも呼ばれている。

コミック表紙裏のオマケ漫画によると女性を見るポイントはお尻
ちなみにマスタングは太ももで、激しい論争を繰り広げた。

03年版アニメでの設定

原作同様ホムンクルスだが、「ラース」ではなく「プライド(傲慢)」として登場。
本作におけるホムンクルスは「人体錬成により生み出された産物」という設定が存在するが、彼の誕生の経緯や錬成のベースとなった人物は不明。

能力は原作と同じく「最強の眼」による動体視力の他「空気の流れを読む」という能力も持つ。
また原作のような「賢者の石の力を得た人間」ではなく、純正のホムンクルスとして生み出されている為、肉体の再生が可能で、年もとらない(作中では人間に擬態するため、人間と同じように年をとったようにみせかけていた)。

ホムンクルスたちの中でも最もダンテに忠実な部下であり、彼女自身“傑作”と称する。
アメストリスの事実上の元首に据えられることで、国家権力を以てダンテの目的を代行・遂行する傀儡道具とされていた。原作のような人間らしさはなく、冷酷非道な支配者として描かれている。
こうした人間性の希薄さのためか原作に比べると登場が少なく、一部のゲームタイトル(『ドリームカーニバル』『神を継ぐ少女』)以外では好々爺な面は大分少ない。

作中では最終戦にてマスタングと対峙。
前述の「空気の流れを読む」能力により彼の焔を物ともせず終始優位に立っていたが、何も知らないセリム(本作では普通の人間)が、父が“大事な物”として話していた「ベースとなった人間の頭蓋骨(ホムンクルスの弱点)」を持ち出して父に渡すために現れる。弱点を持ち出され激怒したブラッドレイはセリムを絞殺したが、すぐにマスタングに頭蓋骨を奪われてしまい、動けなくなった所を紅い石の生命エネルギーが尽きるまで焼き殺された。その後、公には行方不明扱いとなっている。

劇場版『シャンバラを征く者』には、実在の映画監督フリッツ・ラングが、彼そっくりの姿で登場している(別世界のブラッドレイという設定なので、当然ながらブラッドレイとは別人である)。
03年版アニメの終盤は、「右腕を機械化して人造人間を生み出した」というエドワードの行動からか、随所にラングの作品「メトロポリス」のオマージュが盛り込まれている。
映画の舞台である戦間期のドイツという時代も、同作の制作直後であり、恐らくラングの登場も、そうしたオマージュ要素の1つであると考えられる。
(ただしラングの当時の年齢は32歳であり、本当ならブラッドレイの外見年齢よりもずっと若い)

ゲーム作品におけるブラッドレイ

『ドリームカーニバル(PS2)』
03年設定の多人数対戦ゲーム。
気まぐれで「相手を殺さなければなんでもあり」の武術大会の開催を宣言。本作では各ストーリーモードのラスボスとしてプレイヤーに立ちはだかり、優勝者チームにそれぞれの望むものを景品として与える。一定の条件を満たすとPCとして使用可能(ただしストーリーモードは存在しない)。

本作ではホムンクルス設定について言及されておらず、最強の眼を使用する描写はない。
通常攻撃は遅いが、必殺技では原作さながらの素早い連続斬りを発動する。また、ステージギミックを破壊すると武器がサーベルから日本刀に変化する。

モンスターストライク
コラボ用キャラとして超究極降臨クエスト『大総統の帰還』にて登場し、ドロップする。特殊条件があり、コラボクエストの難易度・極以上をホスト及びソロでクリアした場合、ランダムで降臨するという仕様となっている。その上、降臨した時から24時間限定の制限付きでもある。
クエスト内容は、強力な爆発の全体攻撃に、ランダムでこちらのキャラに剣を投げつけて確率麻痺を行うなどの攻撃をしてくる。その上、回復のためのハートが湧かず、敵を倒すことで唯一の回復手段であるヒーリングウォールも一回貼られるだけではすずめの涙ほどの回復しかしないなど、原作再現とばかりに相当な難易度を誇っている。
また当初は全体爆発がこちらのHPの"8割強のダメージを与える"という壊れ具合であった。しかし、これは設定の手違いだったようで、修正されて"3割程度のダメージ"に下げられた。それにより多少難易度が下がられたが、それでもクエストに対応できる適正キャラが少ないでのお手上げ状態のプレイヤーも少なくはない。

関連イラスト

K i n g  B r a d l e y
憤怒


ハガレン
キング・ブラッドレイ



関連タグ

鋼の錬金術師
アメストリス軍 大総統
ホムンクルス ラース
ブラッドレイ夫人 セリム・ブラッドレイ
勝てる気がしない

pixivに投稿された作品 pixivで「キング・ブラッドレイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 820097

コメント