ピクシブ百科事典

目次[非表示]

国家錬金術師とは、荒川弘漫画鋼の錬金術師』に登場する職業資格である。

概要

現大総統キング・ブラッドレイによって制定された「国家錬金術師制度」に基づいた、アメストリスにおける国家資格の一つである。それ故に実は国家資格としての歴史は意外にまだ浅い。

その名の通り、政府直属の錬金術師として国家に服従して研究を進めて、その見返りとして莫大な研究資金と様々な特権を与えられる。後述の銀時計は軍の口座から研究費を引き出す為のキャッシュカード代わりにもなる(軍の口座なので当然ながら軍が差し止める事もできる)。
また資格者の証として、各錬金術師の特性や得意分野を示した称号と、大総統府紋章の六芒星の入った懐中時計(旧アニメ版では銀時計が錬金技術の増幅装置の役を担っているという設定が追加された)を与えられ、自身の別称として「~の錬金術師」と名乗れるようになる。

管理は大総統府の直轄であり、少佐クラスの軍事的権限を有し、一般では立ち入れない様々な施設への出入りを許可される。その為に直接に所属する錬金術師も多い。勿論戦闘技能と錬成技術は関係ない為に、マルコーやタッカーのように戦闘より研究に重きを置いている者も多数である。
その一方で、「錬金術師よ、大衆の為に在れ」という錬金術師の基本にして理想たる倫理感に反する存在ともされる為に、一般的な錬金術師達からは『軍の狗(いぬ)』と呼ばれて侮蔑され敬遠されている。また、研究費は国家財政=税金から支給されている為に、研究成果の見えにくい国家錬金術師達に対して、中央の一般国民達からもあまり良いイメージは持たれていない。
特にこういった国家錬金術師に対する反感は、そもそも現在のアメストリス国軍やブラッドレイ政権に対する不満や反感が燻っている地方に行く程に根強く、特に下記のイシュヴァールを初めとした国家錬金術師によって併合された土地の人間からは忌み嫌われている。

イシュヴァール殲滅戦において初めて戦線に投入され、その力を以てして「人間兵器」とまで呼ばれる程の戦果を見せる事で、その存在意義と力を本格的に知らしめ、国内外から広く畏怖される存在となった。しかし、同時にその重圧に耐えきれず、内戦後に資格を返上した者も多いという。
ただし、一般兵士にとっては国家錬金術師の出撃した前線は生存率が高いという事もあり、本人の人柄なども加わって尊敬と感謝を集めていた場合もあった(キンブリー等の例外もあるが)。

試験内容

原作ではかなり省略されているが、旧アニメ第6話では試験内容が描かれている。ちなみに試験時期は(=年末年始?)のようである。
一般的な筆記や面接や健康診断等による選抜が行われた後、実技試験=試験官(大総統が直接務める事もある)の前での錬成実演(原作で描かれている回想だが、原作と旧アニメでは錬成したものがある意味対局である)を果たす事で晴れて合格となる。なお研究者系の錬金術師は、実技においてその場で錬成せずとも研究成果をプレゼンする事が可能で、事前にどちらかを選ぶ事ができる。
勿論合格倍率は極めて高く、エドが受験した時には数百名が受験していたが、同エピソードのタッカーの発言によれば毎年1、2名しか合格しないとの事。なおアルは、原作では国家錬金術師試験自体を受けていないが、旧アニメでは筆記試験のみ受験していた(筆記試験自体は合格したが、健康診断で空の鎧である事がばれるのを避ける為に、マスタングが試験を辞退させた)。

国家錬金術師の三大原則

国家錬金術師は以下の3つの原則の厳守を義務付けられている。特に上の2つについては、元々「国家錬金法」という法律でも禁じられた、国内に住む全ての錬金術師達が厳守を義務付けられている絶対の大原則であり、これに背いた者はいかなる理由があろうと重罪人として重刑が下される。

一、人を作るべからず
一、金を作るべからず
一、軍に忠誠を誓うべし

この中の1つ目と2つ目は倫理観や経済バランスの崩壊を防ぐ為に、元々国家錬金法で禁じられていた大原則であり、3つ目は「国家錬金術師制度」制定に伴って新たに追加された、国家から支援を受ける事への見返りとしての国家錬金術師のみへの義務である(これが上記した「錬金術師よ、大衆の為に在れ」という錬金術師の基本の理念や倫理観に反するとして、大きな反発を集めた)。
特筆すべきは3つ目であり、この義務には国家が有事の際には戦力としても登用する事が含まれており、イシュヴァール殲滅戦の際には、多くの国家錬金術師達が戦力として徴兵された。彼等はその人間離れした強さから、味方からも『化け物』『人間兵器』と呼ばれ、畏怖の視線を向けられる事となった(国家錬金術師の力が本格的に知らしめられたのはこの戦いからである)。

ちなみに国家錬金法の三大原則は以下の通りである。

一、人を作るべからず
一、金を作るべからず
一、軍に逆らうべからず

3つ目の「軍に逆らうべからず」は、軍事国家であるアメストリスにおいては錬金術師を含む全国民に課せられた当然の法とも言えるものであり、軍に背いた者はやはり重刑に処される。
そして実は1つ目の「人を作るべからず」の原則が制定された裏には、実は全く別の思惑が存在する

査定

国家錬金術師は年に一度、研究成果を軍に発表・報告する義務がある。
元来国家直属の研究員である為に、研究成果を成せない者は不要とされ、査定に合格しなければ資格剥奪の危機に晒される(例えば、タッカーは2年連続ギリギリの結果だった為に3年目は進退窮まり、エドも〆切直前に気付いて、列車内でレポートを書いて旅先の南方司令部に提出し、ギリギリ首の皮一枚繋がっている)。
ただし、軍人として所属する国家錬金術師の場合は、普段の勤務態度がそのまま査定対象となっている。

作中に登場した国家錬金術師

二つ名は本人の得意分野に応じたものになっている事が多い。

原作に登場した国家錬金術師

※1…二つ名は旧アニメ版のもので、原作及びFAでの二つ名は不明。
※2…直接登場するのはアニメ『FA』だけのキャラクターだが、原作者原案のキャラクターにして原作でも名前は登場しているので、実はオリジナルキャラではない。

アニメ・ゲーム版オリジナルの国家錬金術師

  • ヴィルヘルム・エイゼルシュタイン(ゲーム『翔べない天使』、黎明の錬金術師
  • ジャック・クロウリー(ゲーム『赤きエリクシルの悪魔』、銀弾の錬金術師
  • アストン・マーティンス中佐(ゲーム『迷走の輪舞曲』、雷霆の錬金術師
  • コーニッシュ・ロイス(同上、調律の錬金術師
  • クラベス・ファゴット(ゲーム『想い出の奏鳴曲』、二つ名不明)
  • リュオン・エッガー(小説『それぞれの絆』、二つ名不明)


真の目的

実はアメストリスという国も国軍も、全てはホムンクルス達のある計画の為に作られた集団であり、「国家錬金術師制度」も軍の力を増強しつつ、彼等の計画に必要な人材=「人柱」と成り得る錬金術師を効率よくピックアップし、軍の管理下に置く為にブラッドレイが制定した制度である。

その事もあって、国や軍の平和的な改革を目指しているマスタングら改革派は、軍の権力の分散と軍縮政策の一環として、いずれは「国家錬金術師制度」の撤廃も視野に入れて活動している。

関連タグ

鋼の錬金術師 アメストリス軍

 職業 資格

関連記事

親記事

アメストリス軍 あめすとりすぐん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「国家錬金術師」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18543

コメント