ピクシブ百科事典

ショウ・タッカー

しょうたっかー

「鋼の錬金術師」のキャラクター。
目次[非表示]

CV:永井誠、実写版:大泉洋
※アニメのCVは水島版に引き続きFAでも永井氏が続投している。


概要

ショウ・タッカーとは、荒川弘漫画鋼の錬金術師』の登場人物である。
君のような勘のいいガキは嫌いだよのセリフが有名。

人物

原作第5話(単行本2巻)に登場。
合成獣(キメラ)の権威として有名な国家錬金術師で、銘は『綴命(ていめい)』。
列車ジャック事件を解決したことで、エドワードマスタングに見返りとして、生体錬成に詳しい錬金術師の紹介を頼んだ際に、タッカーが紹介されることとなった。
痩せ気味でやや小柄、気弱で優しそうな顔をしており、性格も真面目で控えめである。
登場時点から2年前に妻に逃げられ、娘のニーナと大型犬のアレキサンダーと暮らしていた。
2年前に『人語を理解する合成獣』を錬成し、国家資格を取得。その後はなかなか研究成果が振るわず、翌年の査定では厳しい結果に終わり、資格剥奪の瀬戸際に立たされる。

エルリック兄弟に自身の研究室にある蔵書を公開し、兄弟も蔵書の閲覧と、その息抜きにニーナとアレキサンダーの相手をしていた。

その後、再び『人語を理解する合成獣』の錬成に成功。成果を兄弟たちに披露するも、その正体に兄弟が気付き、二人の逆鱗に触れることになる。更に2年前に妻に逃げられたのではなく、妻を合成獣に錬成して国家資格を得たことも見抜かれてしまった。
人道に有るまじき行為として資格を剥奪され、自宅に拘留されていたが、国家錬金術師殺しの指名手配犯によって殺害されてしまった。

アニメFAではアルを怒らせるシーンがカットされ、オリジナル描写としてエドに殴られた後に銀時計を蹴り飛ばされそれを這い進んで拾い上げるタッカーの姿が描かれ国家錬金術師の権威に執着し続けて人としての道徳を失っていた部分を強調されている。

やらかした行動こそ外道そのものだが、後になればなるほどより高度かつ非人道的な技術で作られた合成獣が沢山登場する(しかも時系列で考えれば資格の取得より前)ことを考えると、彼でさえ作中の世界観では小悪党止まりの人物であった。

2003年テレビアニメ版

序盤の展開はシャッフルされており、エドが国家錬金術師試験を受験する前(リオール大暴動事件の2年前)にタッカー邸で研究資料を閲覧し、勉強していたことになっている。
上記は殆ど原作と同じと言えるが、エドに全てを見抜かれた後にアルに「ニーナとの生活を守るために査定を通らなければならなかったのではないのか」と聞かれた際は「キメラを作るのに理由などない、そこに可能性があったから試した」と平然と発言しニーナを元に戻そうとしたエドに「母親のようにしないようになっ!」と憎々しげに吐き捨てるなど半ば精神的に追い詰められ狂気に駆られるままに家族を犠牲にした原作に比べ、明確な意思を以て家族を犠牲にしているのでより性質が悪くなっている。最後はキメラになってしまった娘と共にアメストリス軍に連行されてしまう(但し、ニーナはエドの錬金術で脱出した後に、スカーによって殺害される)。後に研究所で顔面が逆さまになったキメラに変身して、彷徨うことになる。最終的にはニーナの肉体は作り出せたものの魂の入ってない人形同然だったため精神崩壊。以後はそのまま姿を消した。
原作・FAにおいては序盤で退場するが、2003年アニメ版では物語の最後まで生存している。

実写版

2016年5月24日に実写版映画製作が発表され、配役が明かされる。当初タッカー役はほぼそのままなくらいそっくりな矢柴俊博氏が筆頭候補とされていたが、実際にはよりによって大泉洋に決定。それを受けて(当時放映中だったドラマにて大泉の役ほぼ番組中の彼そのままだったこともあって)早速某所例の番組と絡めた大喜利が始まってしまった。結果エド役となった山田涼介他キャストの配役に対する不満や、実写化反対の声は収束を迎えた……。なんてことにはならず、むしろ大喜利が完全に脱線どころか暴走を始め、ハガレンキャラに番組出演者のセリフや企画をあてはめたものから、onちゃんをキメラ扱いしたもの、終いには「アルのアクターはヤスケンにやらせよう」「キメラの代わりにマズい珍妙な料理を作って相手にお見舞いする」「ミスターDの出番はまだか」と最早「ハガレン実写化」ではなく「どうでしょうメインのコラボ展開」扱いされるようになってしまった(ちなみに何の因果かハガレン原作者の荒川弘も列記とした道民である)。

余談

単行本カバー裏の背表紙ではその巻に収録されているエピソードで死亡した人間生物が天に昇るような図が描いてある(ただし最終巻の27巻ではネタバレ防止のため、本来描かれるはずのグリードお父様ホーエンハイムが描かれていない。また、第9巻では死亡していないマリア・ロスが昇天させられ、生存が判明した第10巻で地上に戻されている)が、こいつだけは地獄に落ちているホムンクルスキンブリー、殺人狂の地下研究所番人トリオのような悪人ですら成仏しているにもかかわらず、である)。

またネット界隈では、劇中のエドとのやり取り「○○○どこいった?」→「……君のような勘のいいガキは嫌いだよが、一種のテンプレネタとしてよく使われている。

なお大泉は「どうでしょう」にて「君のような~」をほぼそのまま使用しており、これが採用の決め手になったのではないかとも言われている。一方で作中では「変にまじめに決めようとせずいつも通りボヤくようなノリでやってほしい」と間違った方向と意味で期待されている。

関連タグ

鋼の錬金術師
国家錬金術師 キメラ(合成獣) ニーナ・タッカー 君のような勘のいいガキは嫌いだよ 吐き気を催す邪悪
ハガレンどうでしょう

pixivに投稿された作品 pixivで「ショウ・タッカー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 267529

コメント