ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

大泉洋

おおいずみよう

北海道出身のタレント・俳優・声優・作家・歌手・コメディアン。「TEAM NACS」のメンバー。
目次 [非表示]

来歴

1973年4月3日北海道江別市生まれ。血液型B型。所属事務所はCREATIVE OFFICE CUE、業務提携先はアミューズ

自身のファンの名称は「子猫ちゃん」だが、大泉自身は大の猫嫌いである。


札幌市立真駒内中学校、北海道札幌藻岩高等学校を卒業後、2浪して1994年に北海学園大学経済学部経済学科に入学し、演劇研究会へ所属。森崎博之らと仲良くなり、親友同士5人でTEAM NACSを結成。演劇研究会及び森崎の薦めで入団した劇団イナダ組の舞台が評判となり、大学在学中に当時鈴井貴之が主宰する劇団の劇団員に認められ、現在の事務所に所属することになった。

大学在学中の1995年7月、鈴井の斡旋下で北海道テレビ放送深夜番組モザイクな夜V3』に出演し、芸能活動を開始。因みにデビュー当時の芸名は「元気くん」こと大泉元気。翌1996年10月には同局の深夜番組『水曜どうでしょう』に出演。大泉を番組に起用したのは魔神こと藤村忠寿である。しかし鈴井は大泉の起用にはプロ意識の低さから当初難色を示していた。


しかし、蓋を開けてみれば事務所社長である鈴井に対しても物怖じせずに絡み、前枠・後枠では容赦なく鈴井をどつき回す、シェフ大泉では傍若無人なキャラを発揮し、北海道を爆笑の渦に巻き込み深夜枠での放送にもかかわらず、最高視聴率18.6%を記録する。『水曜どうでしょう』は2002年にレギュラー放送を終了するが1999年の秋田を皮切りに全国各地のテレビ局に販売、放送されローカル番組にもかかわらず全国的な知名度となった。

1999年からは『パパパパパフィー』(テレビ朝日)に不定期出演。全国ネットのバラエティ番組にも登場していく。


2003年、ドラバラ鈴井の巣にて自身の家族の半自伝的ストーリー『山田家の人々』にて企画・脚本も担当。


2004年以降東京進出を果たす。2005年に『救命病棟24時』(フジテレビ)にて全国ネットの連続ドラマ初出演。以後『小早川伸木の恋』(フジテレビ)、『ハケンの品格』(日本テレビ)など人気ドラマに多く出演。特に『ハケンの品格』では準主役ということで注目度が高まり、北海道(札幌テレビ)での視聴率が関東地区や関西地区よりも高く、平均で25%を超える高視聴率を獲得した(ちなみに関東地区での平均視聴率は20.1%であった)。

また、歌手として「本日のスープ」(全国版オリコン最高位10位)を「北海道限定版」と「全国版」で発売し、『ミュージックステーション』(2004年2月放送)や『うたばん』(2004年5月放送)に出演した(この年の誕生日はとんでもない場所で迎えることになったが)。

声優としても『千と千尋の神隠し』など複数のスタジオジブリ作品や2003年には、高坂希太郎監督の『茄子 アンダルシアの夏』にて主人公のペペ・ベネンヘリを務める。なかでも『レイトン教授シリーズ』では主人公のレイトン教授を担当。ゲーム化、映画化もされた。


2009年5月2日、フジテレビドラマプロデューサーの中島久美子と結婚を発表。2人は2005年の『救命病棟24時』がきっかけで知り合った(交際は2008年ロスタイムライフ』出演時の再会以降)。

2010年8月29日、挙式。参加者は親族および友人・番組関係者など(司会札幌テレビアナウンサー木村洋二)。

2011年5月30日、第一子となる長女が誕生。


2012年2016年に第35回・第39回日本アカデミー賞 優秀主演男優賞(それぞれ『探偵はBARにいる』・『駆込み女と駆出し男』)を受賞。


2014年、北海道特別"福"知事に任命される。同年、第6回TAMA映画賞 最優秀男優賞(『青天の霹靂』)を受賞。


2016年、第58回ブルーリボン賞 主演男優賞(『駆込み女と駆出し男』)を受賞。


2018年、NHKの音楽番組『SONGS』にて番組の顔兼責任者として出演。


2020年12月31日『第71回NHK紅白歌合戦』で白組司会を担当。


翌年2021年12月31日の『第72回NHK紅白歌合戦』でも2年連続で白組司会を担当したのだが、

その最中……


さらに翌2022年の『第73回NHK紅白歌合戦』で3年連続の司会を担当。今年も今年である赤組歌手から麦わら帽子を投げ渡されるというサプライズを受けた。


2023年の『第74回NHK紅白歌合戦』ではついに歌手として紅白初出場を果たす。ただ、ここで大人しくしないのが大泉である。オープニングで本来司会を担当するはずの有吉弘行を差し置いて「司会の…!」と言いかけるなど相変わらずの言動を見せつけた。


その翌年である2024年、御年50歳記念として、とうとう歌手として初の全国ツアー及び武道館ライブ「大泉洋リサイタル」を開催し、1万3000人の観客を熱狂の渦に引き込んだ。


人物

彼自身がかなりユーモアあふれる性格のためか、演じる役も二枚目半三枚目のコミカルな役が多い(もっとも、数は少ないが悪役悪人とは言えないまでも冷酷な役柄を演じたこともあり、最近では『鎌倉殿の13人』の源頼朝役が記憶に新しい)。


このように、本業はれっきとした俳優なのだが、『水曜どうでしょう』内での諸言動のせいでお笑い芸人と間違えられることがある。ネットでどうでしょうの情報が出回ると大泉=どうでしょうという認識はより一層強くなり、(本人が「真剣にやってるのにいつも茶化される」と冗談交じりにぼやく程)テレビや映画に出演する度にネタにされる。とはいえ、自分の芸能人生の礎を築いた作品ということもあり、彼自身も思い入れは深いようで、(半ば自虐気味にではあるが)自らネタにすることもしばしば。


主に愚痴と声帯模写が得意。声帯模写のレパートリーは柳生博渡辺篤史渡哲也などの俳優から鈴木宗男田中眞紀子といった政治家、果てには料理研究家の土井善晴(料理番組『おかずのクッキング』司会、最近だと『プレバト』の料理の辛口先生でお馴染み)などマニアックなものまで数多く持っている。傾向としては、その人物の特徴的な口調を真似ることが多い。物真似を生かしてテレビ・ラジオ番組でのトークの端々に物真似を織り交ぜることもある。


教員免許(高校/地歴公民)所持。少年時代から目立ちたがり屋であり、小学校の卒業文集には「スターになって金を稼ぎまくる」と書くほどであった。小学生時代のあだ名は顔の長さと肌の黄色さから「たくあん」。


『水曜どうでしょう』を見た高坂希太郎やスタジオジブリのスタッフに気に入られ、『千と千尋の神隠し』では番台蛙役に起用された。また、ゲーム「レイトン教授シリーズ」のレイトン教授役の起用は、日野晃博が大泉のファンだった事に由来する。こういった声優演技にも長らく携わっていた事から、本業にも負けず劣らずの声演技、ナレーションを披露することがある。

同郷のタカアンドトシが2009年2月福岡放送の『ナイトシャッフル』に出演した際、「なぜ二人は北海道でブレイクするのに時間がかかったのか?」と質問を受け「北海道には大泉洋という怪物がいて、当時はとてもかなわなかった」と語っている。


遅筆で有名。自身が企画・脚本担当した『山田家の人々』では原稿の完成が2ヶ月遅れた。重ねてテーマ曲の製作まで遅れてしまったため、あまりの遅さに業を煮やしたスタッフが鈴井に援護射撃を要請し、鈴井が大泉に「殺人予告」し、父親に謝罪文を書いてもらったこともある。


自他共に認める「騙され上手」であり、『水曜どうでしょう』をはじめとしたHTB関連のローカル番組などでは、何かしらのドッキリが仕掛けられている場合が多く、ネタばらし時のリアクション、直後のボヤキトークが恒例の見せ場になっている。(のちに安田顕が似たような形で騙された際は、「大泉が騙されやすいだけだと思っていたけど、スタッフの方も騙しがうまい」と評していたためただ単に騙されやすいわけではないようだ)


その他、雨男でもある。2012年、2013年の自身の誕生日に2年連続で爆弾低気圧が日本を直撃。ドラマ、映画の撮影日、完成披露試写会、初日舞台挨拶日でも雨に降られることがある。

『清州会議』の完成披露試写会では三谷幸喜監督から「すべては雨男である大泉のせい」と公言。撮影中も大泉が現場入りすると、たびたび雨が降り出したといい、当の大泉も「さすがにシャレにならない…」と恐縮しきりだった。


北海道に愛着があり、全国的な人気を得た現在も北海道を拠点としている。大泉自身の理想としては、冬だけ(1 - 3月期クール)東京に出稼ぎに出て雪を回避し、他の季節は北海道在住を挙げている。また、2010年現在でも『水曜どうでしょう』に関しては「行けと言われたらいつでも行く覚悟はできている」と話している。

なお、シェフ大泉シリーズを見ている人にはおなじみだが、「料理は好きだし簡単な料理は得意だが、複雑な料理が苦手」という特徴がある。

彼自身味覚がおかしいわけではなく、実食時に「おぉう…」とうめき声をあげて一緒に自分の料理で苦しんでいるのだが、半ば即興で味付けをしたり、時間管理に失敗して調理時間が長くなりすぎたりと地味にミスして味が壊れたりすることが多い(尤も、屋外の風が強い中に加えガスコンロの貧弱な火力で強い火力が必要なエビチリを無理やり調理した結果加熱不足になったり、初めて扱う素材を普段使っている似たタイプの素材と同じ感覚で調理したが思った以上に味の相性が悪くてひどい味になってしまうなど、調理器具や材料を考えずメニューの選択自体を間違えたことが原因の失敗も多い)。

初登場はアラスカ編第三夜で、料理一つ作るのに45分以上費やしたりパスタをゆですぎた挙句長時間放置してドーム型パスタ(食感的にはもちに近いビーフンのような何か)にしてしまったりと失敗が目立ったが、パスタこそ最後までうまくいかなかったがしっかりとミスを活かして次第に精度を高めていた。

なお、最初は「ビストロ大泉」という店名設定だったのだが、アラスカ編第五夜で大泉本人がピストル大泉」と言い間違えてしまって以降は当人も半ばあきらめたのか「ピストル大泉にようこそ!!」「撃ち抜くぞー!!撃ち抜くぞー!!」と発言していた。

因みに、この時の口癖は「おみまいするぞー!!」


朝日放送探偵!ナイトスクープでゲスト出演した際、探偵達からは「ゲストよりもこっち側の人」と言われてしまった。確かに間違ってはいない。かつて槍魔栗三助という探偵がいた実績があるので…。


福山雅治との関係

事務所の先輩であり、歌手・俳優の福山雅治と親交が深い事で有名。「the波乗りレストラン」での共演が決まり、事務所で挨拶を交わしたのが最初だったそう。大泉は福山から醸し出されるオーラに驚き、顔を見るなり得意のぼやき芸で「福山さんは悪い人ですね」「悪い人だ!悪い事務所だ!」と捲し立て、ドアを閉めて出て行ったそう。(福山のオーラにただただ驚いた記憶しかなかった大泉はそれを聞いて「頭おかしい」と自身を批判している)

その当時は特に目立った交流は無かったが、ある時福山の北海道ライブで福山が滞在中の食事のプロデュースを大泉に依頼した出来事があった。依頼を受けた大泉が有名寿司屋やカリー軒(北海道の有名店)などの名料理店を勧めた所、あまりの美味しさに感動した福山からマネージャー経由ではなく本人の携帯から大泉に感謝のメッセージ電話を送られたと大泉はラジオで語っており(当の大泉はその時電話に出られず、後で留守電を確認した所福山本人から電話が掛かってきた事に驚き「思わずその場で(番号を)保存した」と語っている)、この出来事をきっかけとして急速に仲を深めていった模様。

以降も「龍馬伝」での共演などでさらに交流を深め、現在では互いに「洋ちゃん」「先生」と呼び合う程の仲である。プライベートでも非常に交流が深く、美味い料理店を見つけては食事に誘い合っている模様。(そのためなのかバラエティ番組でも料理の話題になる事が多い)

しゃべくり007において福山氏本人が大泉の名前を挙げて直々に「好き」と断言される程可愛がられているほか、バラエティ番組で料理を行った際には福山氏がシェフ大泉の物真似で「おみまいするぞ‼︎」を披露している。(Twitterでは「シェフ大泉」ならぬ「シェフ福山」がトレンド入りする事態となった)

大泉も氏の武勇伝(本人曰く「スター語録」)を様々な番組で氏の声真似と共にネタにしており、特に龍馬伝ロケ時の五島うどんの話は有名。最近では御本人からネタを提供されることが定番となっている。

そして2023年、日曜劇場ラストマン-全盲の捜査官-」にて初のダブル主演かつバディ共演を果たした。

近年のNHK紅白歌合戦では福山が長年の中継ライブから紅白本会場ホールで歌唱する様になった為か、福山との絡みも一段と目立つ様になっている。「2人で毎回白組優勝を目指しては負ける度に福山にどつかれている」と語っていたが、2023年度の紅白結果発表でついにその様子が生中継されてしまった。

大泉の武道館ライブの際も「どこの会場でもバカ受けだったので武道館でも福山さんの話をしますね」と本人に伝えた所、当日福山本人が武道館に観客として訪れ(許可を得た上で)トーク音声を録音して自身のラジオで公開するという待遇を受けた。(この事について後に大泉は福山とのラジオで「何でそうなる」とツッコミを入れている)


メディアでもペアで紹介されたり話題に取り上げられる事が多く、(『龍馬伝』での共演当時でも既に話題にされる事が多かったが紅白歌合戦や「ラストマン」の共演を機により広くファンに知られる事になった)特に「ぴったんこカンカン」では安住紳一郎アナウンサーによって何度も話題を振られたり(その度に大泉は「私は福山さんの話をするタレントじゃないんですよ!」とツッコミを入れている)、「日曜日の初耳学」では「我らが福山雅治、我らが大泉洋」などと紹介されるなど、かなりの破格の待遇を受けている。

その他の交友関係

メディアでは福山との絡みが取り上げられがちであるが、他にも「マツコ・デラックスや「鎌倉殿の13人」で共演した小栗旬小池栄子などの芸能人・俳優とも交流を深めている」と語っている。

特に小栗旬とは『救命病棟24時』での共演を機に親交を深めている。当時の楽屋が2人で1室だったらしく、当時2人とも役者として駆け出しの時期だったこともあり、歳の差を超えた絆を深めていった。メイン共演を果たした「鎌倉殿の13人」では、スケジュールの都合で撮影に来れなかった大泉に変わって小栗が後ろ姿で頼朝の代役を務めた、というこぼれ話がある。他にもリハーサル時に大泉がキャスト達に差し入れをした所、小栗が「大泉、パンありがとう」と書かれたマスクを身につけてリハーサルを行い、本人からツッコミを入れられるという微笑ましい場面もあった。


余談

  • 実は、役者として本格的に東京進出する数年前に仮面ライダーのオファーが来ていたらしい。東映曰く、「従来の路線と違うライダー像を求めている」とオファーしたらしく、大泉も当初は出演依頼を受けようとしていた。だが、当時の彼はまだ毎週放送中だった『水曜どうでしょう』をはじめ、北海道で7本のレギュラー番組を持つ超売れっ子だったため、結局スケジュールの都合がつかずに実現には至らなかった。この件に関して、本人はかなり根に持っているようで自分からこのエピソードを語ることもある。

  • 兄は函館市の市長である大泉潤氏。元函館市役所職員(地方公務員)であり、2023年の函館市長選挙にて初当選を果たした。

主な出演作

まれ

NHk大河ドラマ龍馬伝:近藤長次郎

NHk大河ドラマ・真田丸真田信之

NHK大河ドラマ・鎌倉殿の13人源頼朝

青天の霹靂

浅草キッド:深見千三郎

探偵はBARにいる(主演)

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST:ショウ・タッカー

アイアムアヒーロー:鈴木英雄

ガメラ2 レギオン襲来ソルジャーレギオンに襲撃される地下鉄の乗客(映画デビューにもかかわらず社長のミスで名前が入っていない)

ノーサイド・ゲーム

ラストマン-全盲の捜査官-

他多数


主な声優活動

番台蛙@千と千尋の神隠し

山下医師@思い出のマーニー


関連イラスト

どうでしょうはじめました。僕は一生どうでしょうします

関連タグ


しゃべりをテキスト化した場合、大泉氏としゃべり方が非常に似通ったものになるキャラクターたち(まあ、実際に口に出した音声上では当然差異はあるが…)。


こちらは関西地方でナイトスクープの探偵をしていた為にお笑い芸人扱いされていた。


関連記事

親記事

NACS ちーむなっくす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7218131

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました