ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

解説編集

道を究めたものにはこれが見えるという。

後光敵意などはっきりとした定義は無い。


ラグナロクオンラインではベースレベルがカウンターストップするとキャラクター周辺に光があふれ、発光 オーラなどと呼ばれる。


ファイアーエムブレムシリーズでは、魔法として初代の暗黒竜と光の剣から登場している。

闘気を纏う攻撃などではなく、エネルギーを立ち上らせた後、それを敵にぶつけるというものになっている。

大司祭であるミロアの形見であり、その娘であるリンダが使い手となる。

また、作品ではレクスオーラやバルオーラ、攻撃エフェクトがどことなく似ているアルジローレなど、オーラの影響を受けたと思われる魔法がいくつも存在している。


聖戦士ダンバイン(及びバイストン・ウェルを舞台とした各種派生作品)では「オーラ力(オーラちから)」という表記で、人型兵器オーラバトラーの原動力をはじめとする物語の根幹設定として扱われている。

基本的にバイストン・ウェルの現地人よりも地上界から召喚された者の方が高いオーラ力を有しており、いわゆる異世界チートの走りと言えなくもない。

……無論そんな都合の良い代物である筈もなく、一度制御を誤れば暴走現象が待っている。


頭文字D中里毅曰く、『一流の走り屋とそれが運転する車からはオーラが出る』『オーラが見えるのも一流の走り屋だけ』との事。アーケードゲーム版でもプレイヤーランクが上がるとオーラが出るようになる。


HUNTER×HUNTERにおけるオーラは、のようなものとして扱われており、このオーラを自在に操って様々な特殊能力を発現することが、本作におけるバトルの基盤となっている。

詳しくは⇒念能力


関連タグ編集

 プラーナ 生体エネルギー 生体マグネタイト



(様々な観点からの加筆・修正を募集中)

関連記事

親記事

オカルト おかると

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1692527

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました