ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

同シリーズの『聖戦の系譜』でも「リンダ」という名前のキャラクターが登場するが、本キャラクターとは別人である。

詳細はリンダ(FE聖戦)参照。


概要編集

「わたしはミロア司祭の娘リンダといいます。」

「ガーネフから逃れるため男の姿に変えていました。でも…奴隷商人に捕まってしまって…。」


CV:雪乃五月(現ゆきのさつき)(ドラマCD版)/瀬戸麻沙美(幻影異聞録♯FE/ヒーローズ/無双)

クラス:魔道士司祭(FC暗黒竜/無双)/賢者(紋章/新暗黒竜/新紋章)


暗黒竜と光の剣』および続編の『紋章の謎』(ともにリメイク版含む)に登場。

アカネイアの大司祭ミロアの娘。


箱田真紀版コミックや佐野&わたなべ版コミックでは勝気な性格にされていた。また、箱田版ではマジックシールドで魔法防御を限界まで上げたうえでガーネフの【マフーの書】と自身の【オーラの書】による一騎打ちを仕掛けるという、オリジナルの展開を繰り広げたことがある。


暗黒竜と光の剣編集

賢者ガトーの後継者として超破壊魔法オーラを受け継いだ父・ミロアを、ガトーに選ばれず嫉妬に狂ったガーネフに殺害されてしまう。しかも「オーラの書」を父から受け継いでいる事を知られ、命を狙われる羽目になる。

ガーネフから身を隠すべく男装して逃げ延びていたが、奴隷商人に捕われてノルダの市場に監禁されていた所をマルスに救われ、そのままオーラの書を携えてアリティア軍に加わる。


紋章の謎編集

ニーナ王妃の命でマルスにファイアーエムブレムを渡すため旅立つも、マケドニアで囚われの身となっていた中でアリティア軍と合流。

戦争終結後はパレスに建設された魔道学院に勤め、想い人の存在が噂されている。


リメイク版編集

本編に関係する重要な魔法である「オーラ」が専用装備ではなくなった事でシナリオにおいて問題が発生する事に…(後述)彼女といいマリクといい、「専用では無くなった」事でシナリオにツッコミどころが出来てしまった事に不満をあげる旧ユーザーは多かった。

また諸事情により「奴隷商人に売られていた」設定が「ならず者に捕まり捕虜になった」という設定にされた。


性格が掘り下げられ「やや勝気な性格だが、宮廷暮らしゆえ世間知らずなお嬢様」というキャラ付けがされた。このため田舎育ちのマイユニットの気にしている事に対して配慮ができない発言をしてしまうことも…。しかし、最終的にはしっかり互いを信頼しあえる仲となる。特にマイユニットが男性の場合はローブの事を指摘されて照れるなど、恋愛ものに近い支援となる。その場合、後日談で噂される「好きな人」というのはもしかすると…?


余談編集

  • 正体を明かした際にロングヘアーの美少女が登場した事で男装は無理なのでは…と、言われていた事はよくネタにされる。FE無双以降の作品では身体のラインもはっきりして大人びた雰囲気になった事でより言われるようになった。
  • かなりスリットの深いきわどいローブを身に付けているが、本人いわく「お父様からの大事な贈り物なので恥ずかしくはない」とのこと。ほんとかよ。しかし以降一部のエムブレマーの間では、その「娘にきわどいローブをプレゼントした」父親ミロアに対してなんとも言いがたい視線が投げられるようになってしまった。
  • 『新・暗黒竜』ではオーラがリンダ専用では無くなり、女性専用魔法になってしまったが、前述した様にガーネフが暴走するきっかけになったのはオーラの継承者に選ばれなかったからである。リメイク版で女性専用になってしまった事で、男性であるガーネフは使用権限すらない魔法の為に狂ったのか?、そもそも女性専用魔法を継承されたリンダの父は使えたのだろうか? それ以前に最初に作り出したガトーもオーラを使えないじゃないかとか、女性専用魔法を2人の男のどちらかに継承させようとした意味はなんなのかとか、たくさんの疑問と矛盾が発生する事になってしまった…流石にマズイと思ったのか『新・紋章の謎』において継承されたミロアが独自にこういう制限をかけたという設定が追加された。しかし制限をかけた事に関しての理由が語られてないので、何故ミロア自身が使えなくなる様な制限をかける必要があったのか?という疑問は残ったままとなっている…憶測にはなるが「万が一、ガーネフに渡ってしまった時に使えなくさせるため」といった所だと思われる。
  • 『紋章の謎』の時点でマリクから一方通行の支援効果を受けることが出来た事でマリクに好意を持っているというのがユーザー間での認識であった。後日談などで語られる事はないため彼女の気持ちは知るすべもないが、『新・紋章の謎』で追加されたマリクとの支援会話にて、彼の想い人の存在を知ると少し気落ちする事からもそういう見解で良いと思われる。

ユニット性能編集

初期ステータスはそこそこだが、成長率は極めて高く魔法キャラとしてはマリクと双璧をなす最強ユニット。FC版では魔法キャラは全員力の成長率が0%という事もあり、最強の威力を持つ専用魔法・オーラの存在が光る。

『紋章の謎』ではダメージに直結する力が伸びる様になったものの、守備の成長率が落とされてしまい「ガラスのエース」となってしまう。

『新・暗黒竜』では全体的に成長率が落とされている中、変わらず高い水準を誇るが、とうとう守備の成長率が0%になった。SFC版より耐久よりのバランスになった事で、成長率こそ高いものの相対的に弱くなるという悲しい事になってしまった…とはいえ魔防がさらに伸びる様になった事に加え、相変わらず火力はトップクラスなので相手をよく見て運用すれば強い。


リメイク前は、唯一の女性魔道士ユニットということもありグラフィックは彼女独自のものであった。しかしクラスチェンジすると足が隠れてしまうため、あえてクラスチェンジさせず運用する派のプレイヤーもいた。


幻影異聞録♯FE編集

終盤に賢者のミラージュとして登場。本作でCVが新規に設定され、ヒーローズや無双でも引き続き担当している。なお、作中に登場する「チキは俺の嫁P」と兼ね役である。


実は黒乃霧亜のミラージュブラスト候補として『覚醒』のサーリャと競合していたが、霧亜の近寄りがたいミステリアスな性格には合わないとして没になってしまった。


ファイアーエムブレムヒーローズ編集

光の魔道士 リンダ編集

押せばオーラの泉湧く神装リンダ

わたしはリンダ。

 ミロア大司祭の娘よ。

 …あんまりじろじろ見ないで。

属性
兵種魔法/歩行
武器オーラ(専用)↔共鳴オーラ(専用)
補助献身
AHP3
C魔防の鼓舞3

初期から登場。本作では「オーラ」は継承不可能な専用武器の扱いになっている。


ステータスは攻撃、速さに特化したアタッカーで非常に優秀な反面、原作通りにHPと守備が低いため物理耐久が低い。

専用武器「オーラ」自分から攻撃した時のみ戦闘後、自分の周囲1マスの味方を5回復「生の息吹2」を内蔵した効果。言えばちょっとしたヒーラーにもなれる。スキルも実用性に欠けているのでアップデートで登場した新要素のスキル継承でさらにアタッカーとして活躍出来る。


守備は全く期待出来ない紙耐久で属性関係なしに物理攻撃を受けると一撃で沈みかねない。魔防も決して高いわけではなく、ニノラインハルトなど、高火力な魔道士が相手ではやはり危険。


守備魔防を犠牲にして攻撃速さを高める「死線」を継承させることでアタッカーとしてはより強力になり、全ユニット中最高レベルの攻撃と速さを得られるようになる。しかし、この運用だと最高レアリティの最高LVでも守備が僅か9(苦手個体だと6)という悲惨な事になる。

とにかく攻撃を受けない位置取りを心がけて相手を一方的に攻撃することで真価を発揮できるユニット。


2017年11月のアップデートで武器錬成の実装に伴い、デューテが持つ共鳴オーラへ変更できるようになった。


2018年6月のアップデートで錬成武器対象に。ターン開始時、周囲1マスの味方の魔法、杖のみ攻撃+6とヒーラー効果は消えた。特殊錬成効果は魔法、杖の味方が2マス以内にいる時、戦闘中、攻撃速さ+5。これで武器は限定的となるが戦闘中の強化とバフが行える個性を得た。

2019年3月のアップデートで「共鳴オーラ」も錬成武器対象。効果はデューテと同じ。


2020年6月から神装英雄に選ばれた。アスク王国の衣装で何故か安心感が出るようで。


夏の光条 リンダ編集

センシティブな作品

わたしはリンダ。ミロア大司祭の…

 …あ、あんまりじろじろ見ないで!

 こんな格好だけど、れっきとした魔道士よ。

属性
兵種暗器/騎馬
武器ヒトデ+
補助献身
A攻撃魔防の大覚醒3
B相性相殺3

2018年7月から登場した超英雄で初の暗器・騎馬ユニット。

普段のローブを水着デザインにしたような見た目のセクシーな服装。星型のアクセサリーが可愛らしいが、それとは裏腹に武器としてヒトデを投げつけてくるという意外とエグい攻撃をしてくる。


通常版とステータスを比べると攻撃と速さは大方一緒だがHPは減ってしまった。


「ヒトデ+」は「攻め立て3」を内蔵した効果。パッシブAに「攻撃魔防の大覚醒3」も覚え、パッシブBの「相性相殺3」も持つので無属性有利になる「レイヴン」系の魔法には強い。

基本はデバフをバラ撒くサポートユニットとして立ち回れるが、「献身」でHP調整をして武器とパッシブA効果を発動しておくと魔法ユニット相手に強く立ち回れるようになる。再行動すればなお確実に仕留められる。逆に物理相手には低HP低防御が祟ってまず一発で消し飛ばされるので注意。


ちなみに、この水着は本人にとってはとても恥ずかしいらしく、スキル習得時に羽織るものを欲しがったり、外伝ストーリーでは「こんな下着同然の格好で戦うなんて…」「こんな格好だとうまく戦えないわ…!」と苦言を漏らしたりしている。なお、カミラからは普段のローブもかなり際どいことについて突っ込まれてるが、「あ、あれは大切なものだから、恥ずかしくないわ!」と返している、ホントかな?

もしかしたら今後もイースターのバニー衣装など、衣装で弄られるポジションのキャラとなるかもしれない…。彼女に失礼のないよう、紳士的な気持ちを持って次の登場を待とう。


天涯奇縁の双輝 リンダ(双界英雄)編集

双界リンダ&サラ

属性
兵種魔法/騎馬
武器魔継ぐ少女の天球儀(専用)
奥義月光
A鬼神飛燕の離撃
B速さ魔防の遠影3
C守備魔防の紫煙3

2023年1月からの超英雄で約4年半ぶりの登場。今回はトラキア776サラとの双界英雄で手を組んだ。司祭の娘繋がりであるが実の父が殺された過去という共通点も持っている。

通常版とステータスを比べると攻撃速さがかなり上がっている。


専用武器はキラー武器効果とターン開始時に周囲二マス以内に味方がいると「移動可能な地形マスを平地マス扱いになる」と「見切り・追撃効果」を付与。

もう一つは自分から攻撃するか周囲二マス以内に味方がいると戦闘中、全ステータス+5かつ速さの20%分ダメージに加算しつつ敵のダメージ軽減効果を半減する。ダメージ加算と発動条件以外はバレンタインリーヴと似ているがリスクは無い。

新たに登場した一撃系効果の応用版が登場。効果は自分から攻撃すると戦闘中、攻撃速さ+7といつも通りだが最初に受けるダメージが30%軽減する。すなわち防御能力が加わった一撃系効果。


双界効果は自分と同じ出典作品(紋章・トラキア)の味方に回避効果と奥義カウント変動量+1を付与。攻守両方を持つ。


守備の低さは据え置きでしかも水着版同様に騎馬特攻も弱点で物理武器は今まで以上に弱い。


ファイアーエムブレム無双編集

DLC第2弾「ファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣」追加パックでナバールミネルバと共に参戦。

キャラ設定自体はリメイク版に準拠しているが、クラスはFC版準拠で司祭になる。司祭にクラスチェンジすると杖が使えるようになる。

専用武器は「オーラの書」。


ルフレと同じく魔道士系のキャラだがモーションは別のものが設定されている。

オーラを始め、ブリザー、トロン、ボルガノンなど原作に登場した様々な魔法を駆使して戦う。覚醒奥義ではリザイアを使い敵からHPを吸収する。また、デュアル奥義では原作でガーネフのマフーの書に唯一対抗できた魔法「スターライト・エクスプロージョン」まで使用する。


ステータス傾向は原作同様に攻撃よりで魔力の数値は全キャラトップ。さらに幸運も全キャラトップなので、本作屈指の強スキル『滅殺』との相性がよく雑魚もボスもあっという間に殲滅していく。欠点も原作と同じ守備の低さでこちらはぶっちぎりのワースト値であり、高難易度ではネームドキャラの強攻撃一発で瀕死、レベル差次第では即死すらありうるので敵の攻撃を喰らわない様な立ち回りが求められる。


関連イラスト編集

リンダセンシティブな作品

センシティブな作品センシティブな作品


関連タグ編集

ファイアーエムブレム FE

暗黒竜と光の剣 紋章の謎 新・暗黒竜と光の剣 新・紋章の謎 幻影異聞録♯FE ファイアーエムブレムヒーローズ ファイアーエムブレム無双

マルス マリク

ポニーテール はいてない


ガーネフ…父の仇

オーラの書…父から受け継いだ最上位魔法

イナ…同シリーズの中の人繋がり

関連記事

親記事

アカネイア あかねいあ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10454513

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました