ピクシブ百科事典

マフーの書

まふーのしょ

マフーの書とは、ゲーム作品「ファイアーエムブレム」シリーズに登場する魔導書のひとつである。
目次[非表示]

概要

初登場は記念すべきシリーズ第一弾、FC版「ファイアーエムブレム〜暗黒竜と光の剣〜」。
暗黒司祭ガーネフが所有する魔導書で、所有者自らが闇のオーブから生み出した。(同時に闇のオーブの影響で自身の精神が蝕まれてしまった。)
死霊が対象者にダメージを与えるほか闇のオーブが持つ拘束効果で、相手の動きを封じるため、対抗するにはこれを用いても攻撃を封じられることのないある魔道書が必須となる。
※戦闘時は、専用のBGMと背景になる(ただし、上記の魔道書を持った状態で戦った場合は、そちらの演出が優先される)。

ガーネフは、これを持ってリンダの父「ミロア」とマルスの父「コーネリアス」の命を奪った。

SFC作品「紋章の謎

第一部

所有者と同じくカダインとテーベの神殿で二度活躍する。耐久値がないため使用回数は無制限であるが、ガーネフ専用装備のため自軍が使用することはできない。

第二部

物語終盤で登場。 仕様は同じ、自軍が使用することができない。

コミック版&ドラマCD版

箱田真紀氏が描くコミック版とソレを土台に製作されたドラマCD版「暗黒竜と光の剣」では、リンダのオーラと激闘を繰り広げる。マフーの脅威を彼女に思い知らせた。

関連タグ

ガーネフ:所有者にして生みの親。

オーラの書:光のオーブから生み出された魔道書。マフーとは対なす存在。

pixivに投稿された作品 pixivで「マフーの書」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30

コメント