ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:佐久間レイ(電撃CD文庫)/根谷美智子箱田真紀版ドラマCD)

概要

『暗黒竜と光の剣』および続編の『紋章の謎』(ともにリメイク版含む)『アカネイア戦記』に登場。クラスは「司祭(賢者)」。味方キャラだが『暗黒竜と光の剣』『新・暗黒竜と光の剣』では操作できない。

アカネイア大陸最大の王国「アカネイア聖王国」の王女。暗黒戦争において、他の王族は2年前(602年)にドルーア帝国の手で全員処刑されたが、まだ年若い彼女だけは敵将の黒騎士カミュに匿われ、マルス王子の蜂起と同年に数代前のアカネイア国王の血筋に連なるオレルアン王国へと落ち延びた。後に再会したカミュに剣を収めるよう懇願するも、祖国と命運を共にする道を選ばれ、王家再興の代償として愛する者を失う「アルテミスのさだめ」を繰り返す事態となった。

暗黒戦争の終結後は、聖王国の王となる夫を早急に決めなければならない状況下、最大の功労者であるマルスにはシーダが居る為、遠縁に当たるオレルアン王弟・ハーディンとの結婚を余儀なくされた。ニーナは当初「気持ちの整理がつくまでもう少し待ってほしい」と望んだものの、ボア司祭から再三強く要請された為に、王族としての責任からこれを受諾、戦争終結の翌年の606年には早くも婚姻が結ばれた。しかしまだ気持ちの整理がついていなかった彼女の心はカミュに向いたままで、その結果、闇のオーブによるハーディンの闇堕ちを招く一因となってしまう。自身も逆上したハーディンによってガーネフに引き渡される。既婚者でありながら「けがれなき高貴な女性」の条件を満たし、竜の神殿でエリスレナマリアと共にメディウスへの生贄にされそうになった際に、仮面の騎士シリウスに助けられる。

英雄戦争終結の翌年、マルスがシーダと結ばれて正式にアリティア王となると、英雄としての絶大な名声を博した彼はニーナ本人の強い希望によってアカネイアの未来を託された。
後に「王の中の王」と呼ばれた伝説の英雄王、ロード・マルスの誕生である。

ニーナはマルスにアカネイアのすべてを託した後、どこへともなく姿を隠し、歴史の表舞台から消えていった。
同時にアカネイア政権は完全崩壊。マルスの主導下、アカネイア連合王国となった。
騎士団も自由騎士として、ジョルジュ達がゴードン(と一時期カシム)を加えて活動する。

過去とカミュへの想い

暗黒戦争が終わる約三年前にパレスが陥落した時、上述の通り家臣や王家の者は全て殺されてしまった。王家の者は見せしめとして、城門に曝し首にされている。幼き頃の彼女は、両親の変わり果てた姿を見て酷くショックを受けてしまい、声を上げて泣く事が出来なかった(その時の心境は、『ひたすら哀しく、助けることができる力がなかったことが悔しかった』) 。

生き残った自身もドルーア帝国の手によって殺され掛けるも、カミュ将軍によって命を救われ、彼の助力によってオレルアンへの亡命にも成功。この出来事から『憎き家族の仇』であるはずのカミュを、憎もうにも憎み切れなくなってしまう。

グルニアでカミュと彼の率いる黒騎士団と戦う事態には『できれば、彼と戦いたくない。 彼にもう一度あって、話がしたい』とマルスに懇願。カミュに『アリティア軍の力になって欲しい』と頼むが『できることなら力になりたいが、滅亡の近い祖国を裏切ることはできない…短い間だったけど楽しかった、幸せになって欲しい』と告げられ、カミュを救えなかった。

無論、敵国の将校に対する思慕の念は、ニーナ自身の近辺を含めた戦災被害者にとっては非難されるべき感情であり、本来は忘れるべき過去でもあるのは間違いない。
カミュへの思慕を注意深く見れば、何時殺されてもおかしくない状況から、自分を救ってくれた過去が根幹であり、その想いの発端に関しては純粋な愛情だったのかどうか少々疑わしい部分もある。
暗黒戦争終了後、気持ちの整理をするだけの十分な時間も与えられず、愛していない男性との婚姻を結ばされると、王族としての義務から仕方がないとは言え、1人の女性として感情的に辛い境遇に置かれたのも、カミュへの追慕を中々振り切れなかった一因であるかもしれない。
もちろん、英雄戦争において生贄にされかかり、心を失った状態でさえシリウス(=カミュ)の呼びかけで正気を取り戻している事実からすれば、最終的に彼女が彼に対して抱いていた感情が、真の愛情と呼べるものであったのは疑問の余地はないだろうが(但し、既に死亡していたと思われる人物が生存していた事実によって、意識を取り戻したとも見れる以上、疑いが残るのも事実であるが)。

英雄戦争後のニーナはどうなったのか?

ニーナのその後は一切言及されていないので不明である。
王族の責任から解放され、1人の女性としてシリウス(=カミュ)の後を追ったと考える向きもあるが、英雄戦争終結から1年前後の期間が空いている事実を考えれば、どこへ行ったかも知れない彼を追い、そして会えたとしても彼と結ばれるのは現実的に考えて不可能であろう。
事実、ニーナ救出時にシリウスはすでに恋人が居る事実をニーナに告げており、後のEchoesのエンディング等を考えると、ニーナのカミュへの想いが報われないまま終わったのはほぼ確定してしまっている。

アカネイアをマルスに託したのが『ニーナ本人の希望』だったのは作中で明言されているが、実際の所それ以外の選択肢が存在しないのもあった。
ニーナに統治する意思がない・敗戦国になった等、様々な理由が重なっているのもあるが、一番の要因は「アカネイアが諸悪の根源だった」に尽きる。

各国がアカネイアに(何国かは嫌々ながらも)従ってきた理由は、アカネイアが作った掟があったからであり、アカネイアはそれを盾に好き放題してきた。
しかしアカネイアの真実(建国の歴史と掟、メディウスが人間の敵となった大元の理由etc……)がマルス軍に所属していた者達に知られ、その根本が覆された上に敗戦国になった以上、アカネイアの多大な権威はその正当性と共に完全に失われた。
加えて暗黒戦争後の早期復興はハーディン頼みだった(にも関わらず、アカネイアの王侯貴族の大半は彼を軽んずる始末)上、上層部と騎士達の大量死亡も重なり、アカネイアの内情が更にボロボロになり、自力での復興が不可能な詰み状態に陥っている。
つまり「あらゆる方面から見てアカネイアの存続は流石に無理」な事態になり、仮にニーナが存続を主張してもアカネイア側の身内も含め、周囲が認めない。

また、アカネイアの真実は絶対に外部に漏れてはいけないものであり、表舞台に居続けた状態で真実が漏れた場合、今度はそれを大義名分とした暗殺や暴動等によってニーナの命が狙われる可能性があり、表舞台に残り続けるのはお互いにとってマイナスでしかない。

よって彼女は自身や周囲に対する後の災いを避ける為に『アカネイア王族としての最後の責任』として、戦後処理等を果たしてから表舞台から姿を隠し、誰にも見つからないような場所に去るしかなかったと考えられる。
いずれにせよ、彼女は自身とアカネイア王族が犯した罪を背負って生き続けなければいけない。
消息が途絶えたニーナにマルス達が望めるのは、彼女が自身とアカネイアが犯した罪を忘れず、されどそれに囚われ過ぎず、安らかに生きいける未来を願う位だろう。

結局、彼女の人生は最後までアカネイアに振り回されるのであった……。

尚、ゲームブック版紋章の謎のエンディングでは、外伝に繋がらないオリジナル展開として、後にニーナから「カミュと結ばれ穏やかに暮らしている」旨を記した手紙がマルス達の許に届くと、ニーナにとって救いのあるハーディンにとっては死体蹴りにも等しい)ラストとなっている。

関連イラスト

ニーナ
ニーナ様



関連タグ

ファイアーエムブレム FE 暗黒竜と光の剣 紋章の謎 アカネイア戦記
新・暗黒竜と光の剣 新・紋章の謎
王女 金髪ロング 人妻 未亡人 
カミュ(ファイアーエムブレム) ハーディン シリウス(ファイアーエムブレム)

ギネヴィア:直接的な関係がある訳ではないのだが、封印の剣に登場する似たようなポジションの女王。但し、こちらは最終的に女王となっており、政治の舞台から退かなかった等、違っている部分も多々あり、決して二番煎じなキャラではない。

ニナ・パープルトン:語感だけでなく中の人がCD文庫版のニーナと同じな上に、とある人物に未練タラタラな行動をした為に、ファンから叩かれ易い宇宙世紀の人物。

関連記事

親記事

暗黒竜と光の剣 あんこくりゅうとひかりのつるぎ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ニーナ(ファイアーエムブレム)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ニーナ(ファイアーエムブレム)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 120869

コメント