ピクシブ百科事典

ニーナ(ファイアーエムブレム)

にーな

ニーナとは、任天堂によるゲーム作品『ファイアーエムブレム』シリーズに出演する架空の人物。
目次[非表示]

概要

CV:佐久間レイ(電撃CD文庫)/根谷美智子箱田真紀版ドラマCD)

暗黒竜と光の剣』および続編の『紋章の謎』(ともにリメイク版含む)、『アカネイア戦記』に登場。
アカネイア大陸最大の王国、アカネイア王国の王女
クラスは「司祭賢者)」。
ただし『暗黒竜と光の剣』・『新・暗黒竜と光の剣』では操作できない。

暗黒戦争では他の王族はドルーア帝国によって全て処刑されたが、彼女だけは敵将カミュにより処刑を免れた。カミュとは紆余曲折を経てお互い愛し合うようになったが、それぞれの立場により敵同士として戦場でまみえることとなる。
暗黒戦争終了後に王となる夫を決めなければならず(作者の加賀昭三は自分の作品では王女の王位継承を認めていない)、最大の功労者であるマルスにはシーダがいたため、ハーディンとの結婚を余儀なくされた。
しかしカミュを忘れることができなかったため、逆上し闇堕ちしたハーディンによってガーネフに引き渡される。
竜の神殿でエリスレナマリアとともに生贄にされそうになったところを、シリウスに助けられる。
その際に、自分がハーディンを追い詰めてしまった事を自覚し悔やんでいた。
英雄戦争終了後は王女の座を捨て、姿を消す。


過去とカミュへの想い


約三年前にパレスが陥落した時、上述の通り家臣や王家の者は全て殺されてしまった。 王家の者は、見せしめとして城門に曝し首にされている。(その中には父母がいた) 幼き頃の自分は、両親の変わり果てた姿を見て酷くショックを受けてしまい、声を上げて泣くことができなかった。(その時の心境は、『ひたすら哀しく、助けることができる力がなかったことが悔しかった』とのこと)

生き残った自身もドルーア帝国の手によって殺されかけたのだが、カミュ将軍によって命を救われ、オレルアンへ逃亡することができたのだが

この出来事から、彼を憎み切れなくなってしまった。


そして、グルニアで彼と彼の率いる黒騎士団と戦うことになった時『できれば、彼と戦いたくない。 彼にもう一度あって、話がしたい』ということをマルスに打ち明けている。

一度、カミュに『アリティア軍の力になって欲しい』と頼むが『できることなら力になりたいが、滅亡近い祖国を裏切ることはできない・・・短い間だったけど楽しかった、幸せになって欲しい』と告げられてしまった。



悪女?

昔の男が忘れられず、ハーディンを追い詰め闇堕ちの原因となった点から「悪女」「英雄戦争の元凶」と言った評価を受ける事が多い。
最終的に姿を消した点も、「シリウスを追った」と取る事が出来るため、「未練たらたらの無責任な王女」と言うのがプレイヤー間における一般的な評価である。

ただそもそも、彼女はハーディンに対して何かをした訳ではなく、ただカミュが忘れられなかっただけである。ハーディンの生前、彼女がカミュの元に走るような行動を取った事はない(死んだと思っていたので当然だが)。ハーディンへ冷たくした訳でもなく、ただハーディンが鋭さゆえにニーナの本心に気づいてしまっただけである。
カミュとの記憶と恋心は、心構えや行動でどうこうなる物ではないので、ニーナに「カミュを忘れてハーディンを愛せ」と言うのは「記憶を消せ」と言うレベルの無理難題であろう。
(というか、カミュを完全に忘れてハーディンを一途に愛していたら、それはそれで「尻軽」と叩かれるのが目に見えている)

むしろこの件については、ニーナがカミュの事を吹っ切っていないの事を承知の上で強引にマルスかハーディンのどちらかと(マルスにはシーダがいたので事実上ハーディン一択)結婚する事を迫った、ボア司祭に責任を求めるべきだろう。
さらに、ハーディンがカミュの事を知っていれば決して承知しなかったと分かっていながら、その事を秘密にしてこの結婚を進めた(ニーナに対しても口止めを行っている)。言わばハーディンを騙す形で二人を結婚させたのである。
ニーナはアカネイア王族の最後の生き残りであり、万一があれば王族は絶えてしまうから一刻も早く世継ぎが欲しかったと言うのもあるだろうが、結果としてこの行為こそが暗黒皇帝ハーディン誕生の最大の元凶になった。
マルスは「ニーナ様がおかわいそう」「ハーディンは、カミュの事を知っていれば絶対に結婚を承知しなかったと思う」と語っており、ボア自身も「国をおもうあまり、とんでもない過ちをおかした」と悔悛している。

また、ハーディンの闇堕ちは、アカネイア貴族・騎士との関係が悪化し、トーマストムスミシェランが離反した事による孤立と言う原因も大きい。確かにニーナとの関係がトドメとなったのは確かだが、他所から復興のために王を招いておいて孤立させた貴族たちの責任の方が明らかに大きい筈である。これらを考慮せず、ニーナのみに責任を求めるのは明らかに不公平と言えるだろう。


こうして見ると、ニーナの責任は実の所かなり小さいように思われるのだが、にも関わらずファンの間ではニーナを悪女扱いする風潮が強い。

原因としてはまず、ニーナのハーディンに対する思いや考えが、ほとんど語られていない点にあるだろう。英雄戦争編においてニーナの台詞は非常に少なく、終章における「シリウス→洗脳ニーナ」の会話がほぼ全てである。
そして、その会話の最初に、ハーディンを苦しめ追い詰めた事への後悔を口にするのが、正規ルートにおけるハーディンに対する言及の全て。それ以外の台詞はほぼカミュに関する物であり、この事が「ハーディンを蔑ろにしている、カミュを優先している」と取られてしまったのだろう。
ただ、そもそもシリウス(カミュ)本人との会話、しかも死んだと思っていた相手との会話となれば、そちらに意識を割かれるのは当然ではある。
むしろ、操られている状態でも後悔を口にしている時点で、ハーディンに対して強い後悔の念を抱いていたと取る方が自然である。

一応、散り際の台詞、新紋章で追加された生存時の台詞もカミュに言及するものであり、その点からもカミュを優先していると取れるが、ぽろりと口をついて出たそんな言葉にまで責任を追求するのは過剰と言うものだろう。
また、オーブを全て集められなかった場合のバッドエンドでは、「いいのです、彼は野心に取りつかれ自分を失ってしまった。滅びるのは当然です」と他人事のように語っており、こちらもハーディンを蔑ろにしているように感じられるが、そもそもこのニーナはガーネフが変身したものである可能性が高い。

もう1つの理由は、「アカネイアの全てをマルスに託して姿を消した」と言う後日談が、シリウスを追ったと取られたためである。
ただこれについては、一部ファンがそう決めつけているだけで、どういう理由で姿を消したのかは不明である。
そもそも、前述した終章の会話においては「わたしは同盟軍の一兵士シリウスと言う者、カミュなど知らぬ」と言う言葉に対して、「そう……ですか……わかりました……」と不承不承ながらも納得しており、その会話の後にシリウスを追ったと言うのは考えにくいようにも思える。
アカネイア最後の王族であるニーナの存在は残っていても内乱の火種でしかないため、それを避けるために姿を消した可能性も高い。
少なくとも、後の時系列かつカミュ(あちらの名義ではジーク)の登場する「外伝」および「エコーズ」のエンディング後日談の時点では、彼とニーナは再会を果たしていない。

ただこうした擁護がある一方、ニーナがハーディンに対して、何らかの配慮を行っていれば、暗黒皇帝ハーディンの誕生がなかったであろう事も事実ではある。妻としての愛がどうこう以前の問題として、王妃と言う立場としてハーディンを支える責任と義務があったはずだが、それを行った描写はない。
また、上では否定的に述べたものの、カミュを追っていないと言う保証もない。納得できずに全てを捨ててカミュを追った(その場合、ニーナをカミュの家族だと推測したロリ巨乳シスターと…)、と言う可能性も全面的に否定出来るものではない。

総論としては、「元凶として責任を押し付け、悪女と評するのには無理がある」「しかし全く責任がない訳ではない」と言う所だろう。

関連タグ

ファイアーエムブレム FE
暗黒竜と光の剣 紋章の謎 アカネイア戦記 新・暗黒竜と光の剣 新・紋章の謎

pixivに投稿された作品 pixivで「ニーナ(ファイアーエムブレム)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 71214

コメント