ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

CV:佐久間レイ(電撃CD文庫・ヒーローズ)/根谷美智子箱田真紀版ドラマCD)


※注意

この項目は過去に編集合戦が起こった実例があります。詳細は省きますが、過激な内容から一気に消すといった合戦が多々見受けられました。


しかしどの時期においてもこのキャラクターの筋の通らない擁護と論点ずらし、ハーディンの項目で露骨なアンチが横行し、目に余るものがあります。


好きなキャラクターを悪く言われたくない気持ちはわかりますが、できる限り中立かつ、筋の通った内容を過激にならない程度にお願いします。

概要

「マルス、あなたにエムブレムを託します。『覇者の証』……ファイアーエムブレムを!」


暗黒竜と光の剣』および続編の『紋章の謎』(ともにリメイク版含む)『アカネイア戦記』に登場。クラスは「司祭(賢者)」。味方キャラだが『暗黒竜と光の剣』『新・暗黒竜と光の剣』では操作できない。


アカネイア大陸最大の王国「アカネイア聖王国」の王女。暗黒戦争において、他の王族は2年前(602年)にドルーア帝国の手で全員処刑されたが、まだ年若い彼女だけは敵将の黒騎士カミュに匿われていた。アリティア王国のマルス王子の蜂起と同年に、数代前のアカネイア国王の血筋に連なるオレルアン王国へと落ち延び、自分のもとへ馳せ参じたマルスに、代々王家に伝わる「ファイアーエムブレム」を授けた。


後に再会したカミュに剣を収めるよう懇願するも、祖国と命運を共にする道を選ばれ、王家再興の代償として愛する者を失うアルテミスのさだめを繰り返す結末を迎えた。

英雄戦争編

暗黒戦争の終結後は、聖王国再建のために国王となる夫を早急に決めなければならず、結婚を余儀なくされた(俗に言う政略結婚)。


本人は「もう少し待って欲しい」と言ったものの、ボア司祭から再三強く要請されたのもありこれを受諾。

候補者は先の戦争の功労者であるアリティア王子マルスと、オレルアン王弟ハーディンの2人だったが、マルスには婚約者シーダがおり、ニーナは「シーダ姫が悲しむからだめだ」と言い、消去法でハーディンを選んだ。


戦争終結の翌年の606年には婚姻が結ばれた。


しかし、その政略結婚は巡り巡って、国家崩壊と闇のオーブによるハーディンの闇堕ちを招く一因となってしまう。

ニーナはカミュへの様々な心残りがあり、それに気づき自分への心が無いと考えたハーディンは傷つき、酒に溺れ部屋にこもってしまう。

そしてその隙をついたガーネフが商人に化けてハーディンに闇のオーブを与え、彼は人が変わってしまった。

SFC版紋章の謎でのマルス曰く、「ハーディンはカミュのことを知らなかった」「知ってたら結婚を承知しなかった」とのこと。(紋章の謎19章での会話。ただしリメイク後は一部セリフが変更されている)


その後ハーディンの変貌に気が付き、再びファイアーエムブレムをマルスへ託す為にリンダへと預けるも、ハーディンにそれが露呈し軟禁される。

それでも密かにボアと連絡を取り合っており、ハーディンの兄オレルアン王にも彼の異変を知らせる手紙を送っていたが、ボアとの連絡を知って逆上したハーディンによってガーネフに引き渡された。


そして心を壊され、竜の神殿でエリスレナマリアと共に暗黒竜メディウスへの生贄にされそうになった際に、仮面の騎士シリウスに助けられる。


その後エンディングにて、ニーナは英雄王となったマルスにアカネイアの全てを託した後、どこへともなく姿を隠し、歴史の表舞台から消えた。

同時にアカネイアは国としては崩壊し、事実上の滅亡。その後はマルスの下、アカネイア連合王国として導かれることになった。


根本の容量が少ないFC版、シナリオをギチギチに詰めた結果、容量に余裕がなかったSFC版に比べ、リメイク後である新・暗黒竜ではマルスと共にセリフや描写は大幅に増加。

カミュに関する描写などが増えたこともあり、SFC版に比べて歳若い一面、悲恋の一面が増えている。

負が詰まった彼女の人生

彼女の人生とは「周りの私情と国の都合に振り回され、最後は国が犯した大罪も背負わされたもの」に尽きる。

暗黒戦争に関しては特に大きな問題が無かった彼女だが、英雄戦争で大罪を犯してしまう。


『紋章の謎』においてハーディンが暴走する最初のきっかけとなったのは前述の通り、ハーディンに隠し事をした事である為、ボア共々戦争勃発とアカネイア王国の崩壊の原因になっている。


もっとも、ニーナ自身も戦争やメディウスの復活は望まない所である他、こんなことになるとは思ってなかったのは明白であるため、彼女だけが責められるわけではない。

また、『国の再建の為に政略結婚を行い、王を迎える』という行動自体は極めて妥当なもので、少なくともその時点での王女の責務は果たしている。


ではなにが駄目だったかのかと言うと、やはり「思慮の浅い甘い考えと行動」に帰結する。

そもそもボアが考えた暗黒戦争後の再建プランの内容が「婿任せ」(この場合はハーディン)であったため、婿が崩れればたちまち破綻する内容であった。当たり前だがハーディンの耳に入ればただではすまないし、統治に支障が起きる可能性が高く

ハーディン達の私情を抜きにしても、婿が崩れるような要素を残してはいけないし、支え続けなければならず、生半可な覚悟で出来る計画とはお世辞にも言えない。

にもかかわらずハーディンに隠し事をする形で強行。その結果、あっさり悟られてプランが崩壊。ハーディンに秘匿し続けられる自信が有ったのか、もしくは知られる危険性を考えつかない程にアカネイアという国が追い詰められていた(もしくはそのリスクを承知して)のかわからないが、ボアと心が壊れていたニーナの言葉から、「隠し通す」以外の行動が確認できず、秘匿しきれなかった際の対処を全く考えていない。


その後、いろんな要因で心が弱り酒に溺れたハーディンに対し、ガーネフが横槍を入れた結果、ハーディンは暗黒皇帝の暴君となり、泥沼の戦争に発展した。


戦争勃発に関してはガーネフの介入によるものが大きいが、それを簡単に許してしまったのはニーナとボアの取った行動にあり、国の崩壊と戦争時のアカネイア軍の行動にはガーネフに直接の関係は無い。英雄戦争の動乱は彼女だけのせいではないが、彼女の行動のせいである事も否めない上、その行動とアカネイアの暴虐で多くの人間が涙を流したため、彼女の罪は大きいといわざるを得ない。


また、アカネイアの政治体制がどうあれ、戦後に国のトップに近くて責任が取れる人物というのが彼女以外に存在せず、また、何をやっても許されるような人間でもないため、国が犯した大罪も背負わなければいけない。表舞台から去った時もおそらく王族として最後の責任を果たしてから去ったものと思われる。

死んだ方が幸せだった?

周りの私情などもあり、最後まで生き延びた彼女だが、「死んだ方が彼女にとって幸せだった」という意見もある。これに関しては英雄戦争時に限るなら一理ある。

その最大の理由は「アカネイア王国」と言ってもいい。上記の通り、彼女(というよりアカネイア上層部)のせいで戦争が起こり、大陸が滅びかけてしまった。

私情を抜きにすれば彼女は処刑されてもおかしくなかっし、それを抜きにしても彼女は根は善寄りの人間であるため、あまりの被害の大きさに罪の意識に苛まれるだろう。

また、戦後のアカネイアと彼女は全てを失ったと差し支えない状態であるため、戦後と彼女の心を考えれば、英雄戦争時に死んだ方が幸せなのもあながち間違いでもない…。

その後のニーナ

王族の責任から解放され、1人の女性としてシリウス(=カミュ)の後を追ったと考える人もいるが、Echoesのエンディング等を考えると、ニーナのカミュへの想いが報われないまま終わったのは確定してしまっている。

ニーナのその後については、今のところ「一切言及されていないので不明」というのが唯一の公式な設定である。『覚醒』でニーナの血縁は確認できなかったため、ニーナかどこかの代で血が途絶えた可能性もある。


確かな事と、想像できることがあるとすれば彼女の人生は最後まで国に振り回された事と、表舞台から去った後の人生は決して楽ではないの2点であるだろう。


なお、ゲームブック版紋章の謎のエンディングでは、外伝に繋がらないオリジナル展開として、後にニーナから「カミュと結ばれ穏やかに暮らしている」旨を記した手紙がマルス達の許に届くというラストとなっている。

アカネイア大陸屈指の生存運の持ち主

国に振り回されたり悲恋に終わったり、平和になった後にハーディンが闇堕ちして再度戦争勃発、ガーネフに心を壊され生贄にされかけるなど、到底幸運とは言えない人生を送っている彼女だが、(周りの私情があったとはいえ)生存運だけは神に愛されているレベルでいい。

アカネイア陥落時には他の王族が皆殺しにされる中1人生き残り、その後、2度の戦争において殺されたり、戦後処刑されてもおかしくない場面を全て回避して生き延びている。


ちなみに竜の祭壇にいるユニットとしてのニーナの幸運は18と全味方キャラの初期値ではぶっちぎりの1位でSFC版ではカンスト手前の数値。

幸運とは口が裂けても言えない様なことばかりが起きていてこの数値な辺り、やはりFEにおける幸運の数値は生存運という事なのだろうか…。まあいくら幸運があってもゲームシステムの都合上、1ターンで仕留められなかったり、即座にマップの下端に避難できなかったら幸運関係なく竜に淘汰されるのだが。


スマブラSPにはHOPEランクのスピリッツとして登場。逃げ回る憑依ファイターを倒せばクリアだが、一緒に出て来るのがガノンドロフと言うのが何ともせつない。さしずめ、闇に堕ちたのような存在である彼は残してもクリアと言うのが……。

ヒーローズ

ラストプリンセス ニーナ


属性
兵種杖/歩行
武器サンクチュアリ+
補助リブロー+
奥義祈り
A速さの混乱3
B守備の大紋章2

2022年11月からようやく登場。星4からも排出される。暗黒竜(紋章の謎)では電撃CD文庫版ドラマCDから初代担当の佐久間レイ氏が再起用されるケースは『ヒーローズ』初(他声優は別の担当者及び未登場など)


ステータスは攻撃、速さ、魔防が高め。


サンクチュアリは周囲2マス以内の味方は戦闘中、守備魔防+2、かつキャンセル効果。クリスマスセフェランの聖樹の杖と同じ効果でレギュラー入り。


関連イラスト

ニーナ姫ニーナ様


関連タグ

ファイアーエムブレム FE 暗黒竜と光の剣 紋章の謎 アカネイア アカネイア戦記

新・暗黒竜と光の剣 新・紋章の謎

王女 金髪ロング 人妻 未亡人

カミュ(ファイアーエムブレム) ハーディン シリウス(ファイアーエムブレム)

シーダ…同シリーズの中の人繋がり。こちらは箱田真紀版ドラマCDから


ギネヴィア:直接関係がある訳ではないが、封印の剣に登場する近いポジションの女性。但し、こちらは最終的に女王となっており、歴史の表舞台から退かなかった等、ポジティブな方面に寄っているため、決して二番煎じなキャラではない。

関連記事

親記事

アカネイア あかねいあ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 171693

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました