ピクシブ百科事典

ギネヴィア

ぎねびあ

主に『ファイアーエムブレム』シリーズの『封印の剣』および『烈火の剣』に登場するキャラクターを指す。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. アーサー王伝説アーサー王の王妃であるグィネヴィアの別名。
  2. ゲーム『ファイアーエムブレム』シリーズの『封印の剣』および『烈火の剣』の登場人物。
  3. アニメコードギアス反逆のルルーシュの登場人物→ギネヴィア・ド・ブリタニア

本項では2について解説する。

概要

CV:石見舞菜香(ヒーローズ)
兵種:賢者

封印の剣

ベルン王国の王族。気品の高さから「プリンセス中のプリンセス」と言われ国民からの人気も高いものの、芯が強く情熱的で、「一国の姫君」の枠を飛び越える行動力を持った王女。
腹違いである兄王・ゼフィールを止めるためにリキア同盟軍に和解を願い出ようとしており、途中、ベルン軍の兵に捕まってしまうが家臣であるエレンロイに助けを求めたことで、無事に救出される。後にベルンの国宝であるファイアーエムブレムは彼女が所持していると判明する。

かつての優しさを失い変貌した兄を憂いつつも、ベルンによって混乱した西の大国エトルリアでの一件が済み終盤になるとファイアーエムブレムをロイへと託して戦争の元凶である兄の討伐を懇願した。動乱の後、亡き兄に代わって女王となり、国を売った女としてベルンの旧臣や国民の反発を受けながらも粘り強い努力で祖国を復興の道へ導く。

ゲーム中のクラスは賢者で、本編を9週クリアする事によりトライアルマップで加入する。
加入キャラ最後の1人というのもあり、かなりの高性能だが、フィンブルやサンダーストームのような理の高位魔法を操ることはできない。その代わりにエレブ大陸の賢者なのに光魔法が使用でき、それどころか光については神将器のアーリアルまで操ることができるなどイレギュラーな才能を見せる。能力的にもゼフィールに次ぐ程の実力を持っており、三竜将とも互角もしくはそれ以上に戦えるだけの能力はある。

余談

ギネヴィアは『封印の剣』のオマージュ元である『暗黒竜と光の剣』と『紋章の謎』におけるニーナ(ファイアーエムブレム)ポジションとも言えるキャラである。
とはいえ、境遇等に似た部分があるというだけで実際には別に関係があるわけではないし、ニーナが二度の戦乱と悲劇を経た後にマルスに後を託して政治の舞台から退いたのに対して、ギネヴィアはベルン王国の女王になっているなど、最終的な結末にはだいぶ差がある。
まあ、全く同じようなキャラでは完全な二番煎じになってしまうわけだから、当たり前といえば当たり前だが。

一応物語的な観点から見ると、エトルリアは遠方という理由でベルン王国の直接統治を断念したのと、部下に恵まれて自分のやりたい事ができた運の良さもあったが、彼女は最初から積極的に動いていたことが大きい。これによって誰の目からわかる実績が出来上がり、彼女がベルン王国のトップの後釜になることに多くの人が納得できるようになったのはある。
また、彼女自身とベルンという国に大きな罪があったわけなく、ゼフィールの凶行も元をたどればほぼ全て前王であるデスモンドのせいである事から、存続が許されたとも言える(実際の所、諸悪の根源はデスモンド王である)。
しかし彼女の行為は必要な事だったとはいえ、ベルンにとって最大の裏切り行為でもある。
それらの関係上、ベルン国民達からの反発は避けられないだろう。
それでも彼女はその運命から目を背けず立ち向かった。それがベルンの民達の心をつかんだのかもしれない。

このように、ギネヴィアはオマージュ元のニーナをいい意味でブラッシュアップした女性とも言える。

烈火の剣

少しだけ登場しており、幼い頃のギネヴィアが優しい兄ゼフィールに可愛がられながら兄妹で仲良く幸せに暮らしていた頃の姿を見ることができる。

ヒーローズ

ベルンの王妹 ギネヴィア

「ベルンの王妹 ギネヴィア」


属性
兵種魔法/歩行
武器アーリアル(魔法特効)(専用)
奥義氷蒼
A攻撃魔防の渾身4
B攻撃魔防の凪3
C魔防の相互大紋章

2020年11月から登場。サイファ同様に神将器アーリアルを持参しての登場となった。
その効果は魔防3と魔法特攻。ハロウィンサクラ以来だが魔法ユニットで持つのは初、そしてレギュラー入り。
もう一つの効果は自分から攻撃した時か周囲2マスに味方がいる時、戦闘中全ステータス+5、かつ敵の錬成ブレスにある「敵の守備か魔防の低い方でダメージ計算」を無効化にする。そして戦闘後に自分と周囲二マスの味方の体力を7回復する生の息吹3の上位互換に値する効果。渾身でも効果でダメージを実質無かったことにして味方をも回復も熟せるアタッカー兼ヒーラー。
現環境で暴れているオフェリア、ブラミモンド、リリーナ。マムクートなどには効果覿面ですぐに撃墜するほどの火力を持ち合わせている。
原作同様に守備は当然紙耐久。HPも少ないので有利な赤属性であっても倒し切れないと反撃されて終わる。魔法やマムクートは彼女に任せた方がいいだろう。

また、ヒーローズには封印時代と烈火時代のゼフィールが共に登場するが、「想いを集めて」ではそのどちらとも会う
まず、烈火時代のゼフィールと会う。このゼフィールにとってギネヴィアはまだ幼い少女のため成長したギネヴィアの姿に驚くが、妹が立派になったんだから自分も立派な王になるという決意をする。
そして、今度は自身のよく知る封印時代のゼフィールとイドゥンに出会う。
ゼフィールは「アスク王国ではあくまで一人の英雄なので何もしないが、元の世界に帰ったら竜に世界を明け渡すために行動する。止めたければ勝手にしろ」と告げられる。
二人の兄と出会ったギネヴィアはシャロンに相談する。もし烈火時代のゼフィールに未来の事を教えれば人間に絶望せず、ベルン動乱は起きないのではないのかと。
しかしシャロンからは「そうすればベルン動乱は起きなくなるとしても、ゼフィールが戦争をしなかったせいでそれ以上の災厄が起きる可能性が生まれてしまうのでは」と告げられる。
それを聞いたギネヴィアはある答えにたどりつく。


関連イラスト

薄幸の王女



関連タグ

ファイアーエムブレム 封印の剣 烈火の剣
ゼフィール デズモンド エレン ミレディ
ベルン

イングリット=ブランドル=ガラテア…同シリーズの中の人繋がり

関連記事

親記事

ベルン べるん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ギネヴィア」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ギネヴィア」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 503417

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました