ピクシブ百科事典

イドゥン(ファイアーエムブレム)

いどぅん

ゲーム「ファイアーエムブレム 封印の剣」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

魔竜イドゥン



ファイアーエムブレム封印の剣に登場するキャラクターであり同作のラスボス。元・神竜族の娘。
人と竜が争う人竜戦役の時代に人を苦しめた、強く、悲しく、美しい魔竜。
千年の間に戦いの真相は忘れ去られ、かつての竜族の王とされている。

ベルン国王ゼフィールローブを着せた状態で普段から連れている。
人の姿では竜を使役するとても能力が高いシャーマンとして暗闇の巫女と呼ばれる。
ローブを着ている状態では顔もほとんど見えないがオッドアイである。

過去に英雄ハルトムートによって封印されたがゼフィールが復活させた。
常に彼の近くに控え、千年の眠りから自身を目覚めさせた彼の願いを叶えるべく戦う。それは仮に彼が命を落とし、幾千の昼と幾万の夜が流れようとも…。
ゼフィールの人が支配する世界を竜に明け渡すという成就の為には欠かせない存在。

イドゥンの秘密



イドゥンが魔竜となったのは竜が人に追い詰められた際における苦肉の策。
真相は人が戦いを始めたことによる人竜戦役最大のきずあと。

いかに圧倒的な巨体と力を誇る竜族も増えすぎた人間の数に対抗しきることはできず、次第に数を失っていった。この事態に竜族は滅亡を逃れるべく、その対抗策として神竜の力を強化することで敵意のみに反応して動き出す戦闘竜を量産する方法を選んだ。戦闘力以外に大した知性や自我を有さず、敵意だけに反応して動く戦闘竜はセンサーで動くマシンとなんら変わりなかったが、竜と見れば襲い掛かる人間相手にはそれで充分だった。

しかし神竜はこの方法に反発し姿を消してしまう。イドゥンは神竜と他の竜族の間に亀裂が生まれてしまうことに迷い逃げ遅れて捕まってしまった。
この時に強化されて強大な力を与えられ「魔竜」となった。自意識に乏しいのはイドゥンがこの改造に応じず、種族の為として仕方なく「心」を抜き取った結果である(ヤアン曰く、事は我ら『竜』全体に関わり、手段は選べなかった)。このあたりの設定は黒い任天堂全開である。

やがて戦いも終焉を迎え、いよいよ英雄たちが魔竜と対峙した時、英雄たちは目の前の光景に言葉を失った。世界の秩序を崩壊させるだけの存在であり、『その息吹は天を閉ざし、その爪は大地を踏み砕く』、どれだけ恐ろしい竜が待ち構えているのかと思えば、目に入ったのはただ空を見上げ、話し掛けても反応一つない少女が座り込んでいただけだったからである。
元より魔竜の生い立ちを知り、この姿を見たハルトムートはそんな彼女に同情し、魔竜を殺さず封印するだけに留めた。これが千年の間に忘れ去られた人竜戦役の真相である。

ただ忘れ去られたと言っても、秩序崩壊の原因のように人竜戦役の真実は勝利した人間の手によってわざと歪められている部分もあり、戦いに勝利した人間こそが強く、正しく、その人間こそがあえて正しい歴史を作っていった感も否めない…。

現にこのゲームのプレイヤーとて人間であるため、こうしたイドゥンに降りかかった不幸のみを指して竜族を悪者呼ばわりしたり、人間も悪いが竜族も悪いとする意見を持つプレイヤーも存在する。


本当に悪いのは一方的に縄張り争いを仕掛け、同族を犠牲にするまでに追い詰めた人間たちであるというのに…。


ラスボスとして

神将器を全て集めてストーリーを進めると最終的にロイ達の前に立ち塞がる。この時には魔竜という姿を取ってくる。竜ではあるのだが、他のマムクートと異なりドラゴンキラーや神将器による特効はなく、封印の剣、神竜石のみが特効となる(それでも特効があるだけ戦いやすいが)。また、竜の幻影を実体化させる能力があり、敵意のみに反応して動き出す戦闘竜として無限に量産が可能である。

パラメータとしては決して弱い、ということはないのだが……。

不動型ではないのだが彼女の欠点は何と言っても「間接攻撃出来ない」という点にある。その為、間接攻撃されれば反撃することが出来ない。しかもロイが扱える封印の剣は間接攻撃可能、さらには特効効果で封印の剣だけで威力が54にまでなるため、剣で戦うだけでも倒す事は難しくなく、普通に成長したロイがいれば2回攻撃で終了、クリティカルが出れば一撃である。

その為、ファイアーエムブレム史上最弱のラスボス、という評価をされることが多く、同作中でも間接攻撃可能で目立った弱点の無かったゼフィールより弱いと思われる。
ちなみに彼女を封印の剣でトドメを刺したかどうかでエンディング内容が変化するが、封印の剣を使わない場合は一応それなりの強敵となる。この場合ですら、伝説の武器を使わないラスボス戦の中では弱い方に入る。

封印の剣でとどめを刺し尚且つファが生存している場合、戦闘後にロイに助けられて生き残り、ファと共にナバタで生活していく姿が描かれる。また、その生活の中で少しずつ感情を取り戻しつつあることが伺える。
ラスボスとしての強さはかなり物足りないが、条件次第で生存できることから見方を変えればある意味今作のヒロインの一人と言えるかもしれない(いわゆるラスボス系ヒロイン)。

あのね



関連イラスト

たつどし
巫女



関連タグ

ファイアーエムブレム 封印の剣 ラスボス オッドアイ
ロイ ゼフィール ファ ヤアン

コメント