ピクシブ百科事典

メディウス

めでぃうす

『ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣』・『紋章の謎』及びそれらのリメイク版に登場する竜族。
目次[非表示]

概要

暗黒竜と光の剣』および続編の『紋章の謎』(ともにリメイク版含む)のラスボス。
地竜族の王。ミミズではない。
「暗黒竜」の異名で人々から恐れられた。

「地竜族」の中では神竜王ナーガに賛同した唯一の地竜であり、地竜の王族。
ヒトの姿となった後はナーガの命を受けて竜の祭壇とラーマン神殿を守っていた。
だが人間盗賊がラーマン神殿を襲い「封印の盾」を奪われただけでなく、他に居た神官の「マムクート」たちを皆殺しにされてしまう。
元は人間との共生を図っていたが、人間の横暴さに失望したメディウスは人間を滅ぼそうとドルーアの地に竜族たちを集めて「ドルーア帝国」を興す。
ドルーア帝国によってアカネイア聖王国は滅亡、人間は竜族に奴隷のように扱われていたが、しかし「ファルシオン」を持った若者に倒された。
強靭な生命力を持つ地竜故に完全に滅びることはなく、100年の時を経て蘇った。
……ここまでが『暗黒竜と光の剣』の前の話。

そして本編ではその失われた力を取り戻すまでカダイン出身の悪の司祭ガーネフと共謀、彼をアカネイアをはじめとする各国で暗躍させ、再び大陸を戦乱に巻き込んだ。その国の中にはマルスの母国であるアリティアも含まれており、このことがメディウスとマルスの長きに渡る因縁を生み出すこととなった。
最終的にドルーア帝国を再興させ、再び大陸制覇のための戦いに臨むが、今度もアンリの血を引いていたマルスとの戦いの末にまたしても敗れ去った。
これが『暗黒竜と光の剣』における「暗黒戦争」である。

だが、続く『紋章の謎』では「暗黒戦争」でメディウスと共に倒されたはずのガーネフが「闇のオーブ」の力で蘇っており、彼は再び策略を張り巡らして大陸を大混乱に引き込む。そして彼が各国から攫って来た4人のシスター(マルスの姉であるエリスを含む)の生命力を取り込んで今度は以前よりもさらに巨大な身体と背中に二枚の翼を有した暗黒竜形態へと復活進化、二度目に及ぶマルス達との最終決戦を繰り広げた。

人間の浅ましい邪心を見せ付けられたことがこれらの争乱の発端だったことから滅びる際にはマルス達に「光がある限り闇は消えることはない」「人間の心に欲望がある限り何時か我らは再び蘇るだろう」という忠告に近い言葉を残している。

竜の姿

『暗黒竜と光の剣』

「地竜=ミミズ」と読むせいか、地中からよじ登ってくるような姿をしている。(モグラにも見えなくはない)

『紋章の謎』

一般の地竜は、移動する様がまさにミミズ(地中移動)である。
今作では「暗黒竜」に生まれ変わっているためか、体の一部が闇にとけているようである。
「地竜」は相手の攻撃力を半減し、「ドラゴンキラー」特攻無効。
「暗黒竜」は相手の攻撃力を半減し、「ドラゴンキラー」特攻無効、魔法無効。

新・暗黒竜と光の剣
「地竜」であることに変わりはないが、難易度によってステータスが大きく強化され、
H5(最大難易度)では、マルスの速さがカンストしていても追撃を食らう(マルスの守備が22なければもれなく死ぬ)ためかなり厄介。

新・紋章の謎

「暗黒竜」として登場。
前作同様難易度が上がるとそれに応じて強くなるが、マニアック以上ではどう考えても大陸を間違えたとしか思えない凶悪極まりないステータスになっている。
当然のように周りの竜も強化されているので正攻法で攻め込んだらジリ貧になってしまうため、
「レスキュー」や「アゲイン」を惜しみなく使い、、トライアングルアタック等あらゆる方法を駆使して倒す必要がある。
前作とは違い、「封印の盾」の特殊効果でマルスの全ステータスが+2されるが、速さカンストでなければ追撃確定な上、守備上限の低い兵種では2発喰らって保つかどうかため、メンバーの戦闘力次第では詰みかねない。
ちなみにルナティックではどの兵種であっても2発耐えることは不可能

ステータス

作品難易度兵種装備HP魔力速さ幸運守備魔防
暗黒竜と光の剣-地竜闇のブレス5210-00-1515
紋章の謎-暗黒竜闇のブレス5220-00-1515
新・暗黒竜と光の剣ノーマル地竜地竜石6010+14016+1014+7012+135+18
H16013+140+120+1018+7012+135+18
H36017+141+120+1020+10012+135+18
H56017+142+120+1020+10012+135+18
新・紋章の謎ノーマル暗黒竜闇のブレス60250252502520
ハード76310312703124
マニアック92370372903728
ルナティック99400403004030


ロプトウス / ギムレー

ファイアーエムブレム 聖戦の系譜』に登場したロプトウスもまたメディウスと同じく地竜族とされ、両者は同族関係にあったと言える。

ただし、(以前は)人間擁護派だったメディウスと違ってロプトウスは最初から人間否定派であり、やがてメディウスの方はナーガの意思に賛同して他の地竜族を敵に回して争ったことから、この二体もその時に交戦したとも考えられる。

ファイアーエムブレム 覚醒』ではマルスとメディウスとの戦いから1000年後(『覚醒』の時代の1000年前)にマルスの血を引く初代聖王によってギムレーが封印されたとある。

ギムレーが竜族の中でどのような位置付けにあるのか、いかなる経緯で誕生したのか不明だが、ギムレーはかなり古い存在であり、倒しても数千年周期で復活するので以前にメディウスがナーガの配下だった頃にはメディウスもギムレーと戦ったのかもしれない。

関連タグ

ファイアーエムブレム FE
暗黒竜と光の剣 紋章の謎 新・暗黒竜と光の剣 新・紋章の謎
アンリ マルス マムクート
メビウスの輪

pixivに投稿された作品 pixivで「メディウス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12955

コメント