ピクシブ百科事典

メディウス

めでぃうす

『ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣』・『紋章の謎』及びそれらのリメイク版に登場する竜族。
目次[非表示]

CV:茶風林(FEヒーローズ)

概要

暗黒竜と光の剣』および続編の『紋章の謎』(ともにリメイク版含む)のラスボス。
地竜族の王。ミミズではない。
「暗黒竜」の異名で人々から恐れられた。

「地竜族」の中では神竜王ナーガに賛同した唯一の地竜であり、地竜の王族。
ヒトの姿となった後はナーガの命を受けて竜の祭壇とラーマン神殿を守っていた。
だが人間盗賊がラーマン神殿を襲い「封印の盾」を奪われただけでなく、他に居た神官の「マムクート」たちを皆殺しにされてしまう。
元は人間との共生を図っていたが、人間の横暴さに失望したメディウスは人間を滅ぼそうとドルーアの地に竜族たちを集めて「ドルーア帝国」を興す。
ドルーア帝国によってアカネイア聖王国は滅亡、人間は竜族に奴隷のように扱われていたが、しかし「ファルシオン」を持った若者に倒された。
強靭な生命力を持つ地竜故に完全に滅びることはなく、100年の時を経て蘇った。
……ここまでが『暗黒竜と光の剣』の前の話。

そして本編ではその失われた力を取り戻すまでカダイン出身の悪の司祭ガーネフと共謀、彼をアカネイアをはじめとする各国で暗躍させ、再び大陸を戦乱に巻き込んだ。その国の中にはマルスの母国であるアリティアも含まれており、このことがメディウスとマルスの長きに渡る因縁を生み出すこととなった。
最終的にドルーア帝国を再興させ、再び大陸制覇のための戦いに臨むが、今度もアンリの血を引いていたマルスとの戦いの末にまたしても敗れ去った。
これが『暗黒竜と光の剣』における「暗黒戦争」である。

だが、続く『紋章の謎』では「暗黒戦争」でメディウスと共に倒されたはずのガーネフが「闇のオーブ」の力で蘇っており、彼は再び策略を張り巡らして大陸を大混乱に引き込む。そして彼が各国から攫って来た4人のシスター(マルスの姉であるエリスを含む)の生命力を取り込んで今度は以前よりもさらに巨大な身体と背中に二枚の翼を有した暗黒竜形態へと復活進化、二度目に及ぶマルス達との最終決戦を繰り広げた。

人間の浅ましい邪心を見せ付けられたことがこれらの争乱の発端だったことから滅びる際にはマルス達に「光がある限り闇は消えることはない」「人間の心に欲望がある限り何時か我らは再び蘇るだろう」という忠告に近い言葉を残している。

竜の姿

共通する地竜族の特性として「ドラゴンキラー特効無効化」「相手の攻撃力半減」の能力を備え、直間両用の「闇のブレス」で攻撃してくる。
メディウスは移動してこないが、一般の地竜は移動の際にミミズや土竜(モグラ)のように地中を移動する。
ちなみに漢方薬にはミミズを乾燥させた「地竜(じりゅう)」というものがある。

『暗黒竜と光の剣』

人の姿をとっているが、攻撃時には本性を解放し、地中から上半身だけ這い出して襲ってくる。変身する度に地面に潜り直しているとかツッコんではいけない。背中には小さな翼もある。この作品は仕様上「闇のブレス」ではなく「ちりゅうせき」での攻撃で、グラフィックでも炎を吐いている。
この作品のメディウスのみ間接攻撃ができず、代わりに間接攻撃を封印する能力を持つ。そのため、弓兵やシューターでの撃破は不可能。玉座両脇及び背後が進入不可地形となっているため、直接攻撃のタイマンで倒さねばならない。

『紋章の謎』

暗黒戦争編では基本的にFC版と変わらない姿だが、角度が違うので背中の翼が見えない(マップアイコンでは翼を確認できる)ので、トカゲのような印象の強いデザインになった。人の姿での右肘をついたグラフィックに合わせて、竜の姿でも同じように右肘を曲げている。
この作品のみ玉座左右の地形が侵入可能となっており、複数人での集中攻撃(トライアングルアタックも)が可能に。
英雄戦争編で復活したメディウスは「暗黒竜」に変貌を遂げている。体の一部が闇にとけているように見え、下半身はぼやけて見えない。
このメディウスは地竜の特性に加え、魔法を無効化する能力を備えている。

新・暗黒竜と光の剣

本性のデザインが大幅に変更。地面から上半身のみ這い出すマッシブな竜ではなく、全身を晒すスマートな竜に。首もDS版の他の竜族と同様、ニョロンと長く伸びた。背中の翼は完全に消滅した。
「地竜」であることに変わりはないが、難易度によってステータスが大きく強化され、
H5(最大難易度)では、マルスの速さがカンストしていても追撃を食らう(マルスの守備が22なければもれなく死ぬ)ためかなり厄介。

新・紋章の謎

「暗黒竜」に変貌を遂げて登場。デザインは紋章の謎を踏襲しているが、下半身まで描かれている。魔法無効化能力は無くなった。
前作同様難易度が上がるとそれに応じて強くなるが、マニアック以上ではどう考えても大陸を間違えたとしか思えない凶悪極まりないステータスになっている。
当然のように周りの竜も強化されているので正攻法で攻め込んだらジリ貧になってしまうため、
「レスキュー」や「アゲイン」を惜しみなく使い、トライアングルアタック等あらゆる方法を駆使して倒す必要がある。
前作とは違い、「封印の盾」の特殊効果でマルスの全ステータスが+2されるが、速さカンストでなければ追撃確定な上、守備上限の低い兵種では2発喰らって保つかどうかため、メンバーの戦闘力次第では詰みかねない。
ちなみにルナティックでは魔竜石・氷竜石・神竜石を使って最低でも被ダメージ59以内に抑えられるチキ以外では2発耐える事は不可能(ナギでもできなくはないが、ドーピング必須でもう育成なんて言ってられる状況ではない上、そんな事する位ならチキ育成するなり別のことした方が有意義なので除外)。
また、恐ろしく硬くて速いため、速さ26以下の兵種は追撃されて死ぬ上、非力職ではまともにダメージが入らない。
よって、まともに対峙できる人物がマルスとトライアングルアタックができるサジマジバーツとペガサス三姉妹しかいない。
兵種にいたってはマルス以外で追撃されず、まともにダメージを与えられるのはバーサーカーのみと恐ろしい強さである。


ステータス

作品難易度兵種装備HP魔力速さ幸運守備魔防
暗黒竜と光の剣-地竜闇のブレス5210-00-1515
紋章の謎-暗黒竜闇のブレス5220-00-1515
新・暗黒竜と光の剣ノーマル地竜地竜石6010+14016+1014+7012+135+18
H16013+140+120+1018+7012+135+18
H36017+141+120+1020+10012+135+18
H56017+142+120+1020+10012+135+18
新・紋章の謎ノーマル暗黒竜闇のブレス60250252502520
ハード76310312703124
マニアック92370372903728
ルナティック99400403004030


ロプトウスとの関係

ファイアーエムブレム 聖戦の系譜』に登場したロプトウスもまたメディウスと同じく地竜族とされ、両者は同族だと言える。

ただし、(以前は)人間擁護派だったメディウスと違ってロプトウスは最初から人間否定派であり、やがてメディウスの方はナーガの意思に賛同して他の地竜族を敵に回して争ったことから、この二体もその時に交戦したとも考えられる。

ヒーローズ

地竜族の王 メディウス(神階英雄)

「人は我を暗黒竜と呼び、恐れ、頭を垂れた。
 地竜の王、メディウスがここに命じる。
 すべての竜よ、今こそ力を取り戻すときだ!」

属性
兵種竜/歩行
武器暗黒地竜のブレス(専用)
奥義氷華
A守備魔防の万全4
B我が復活は成った(専用)
C再移動制限3

2022年4月から初代ラスボスが闇の神階英雄としてようやく登場。戦闘時の姿が紋章の暗黒竜であるため、出典は紋章の謎として扱われる。
ステータスは補正込みだと攻撃は圧巻の63で、竜ユニットではセイロスと伝承ファを超えてトップ。全体でもウルウルフの2人と並んでのトップタイ。ただしこの2人は死線4を持つことでこの値を叩き出しているため、それ無しでこの水準のメディウスがいかに強いかが分かる。
守備と魔防も高水準で速さは超鈍足だがこの体格で以外にもHPは平均値。

専用武器「暗黒地竜のブレス」は攻撃3とターン開始時に自分と周囲二マス以内の味方に攻撃魔防+6かつ『戦闘外ダメージ無効』を付与。これは蛇毒や死の吐息などの戦闘以外(後)の固定ダメージを掻き消す能力で飛空城にもある雷の塔も対象内。

この『戦闘外ダメージを無効』の説明がゲーム内で端折られ過ぎているが、デビルアクスやデスのような「攻撃していたら、戦闘後に固定ダメージ」を受ける武器や、クリムヒルドやセクヴァベルのような「自身が戦闘後、特定範囲の味方がダメージを受ける」効果を持つ武器、獅子奮迅や渾身系スキルによる戦闘後ダメージや、飛空城の「このマスの上に止まったら、範囲内のユニットがダメージを受ける」効果のある『雷の罠』なども全て無効化する。

なお、巨影の扱う奥義「戦闘後、周囲2マスにいる敵にダメージを与え、かつ攻撃してきた相手と位置を入れ替える」奥義・影撃(滅、没)は奥義という扱いの為か戦闘後のダメージを無効化出来ない
現状としては、「巨影の奥義を含む、範囲奥義以外の全ての戦闘外ダメージを無効化する」と、覚えていて良い。
因みに…と、いうか当然ではあるが「自身のHPを分け与える」効果のある汎用スキル・「献身」や浴衣バージョンを除いたミカヤの専用スキルである「癒しの手(乙女)」のHP減少効果は「ダメージ」という扱いでは無いので流石に無効化はできない。
HP条件も無く無条件で発動するので、Aスキルの万全もこれだけで発動可能。

もう一つは攻撃されるか敵のHPが75%以上の時は戦闘中、敵の攻撃魔防-6かつ追撃不可と自分の守りも徹底完備している。
専用Bスキルは魔防が敵より高いと絶対追撃。そして範囲奥義と受けるダメージを軽減するがこれはかなり複雑で特殊。一つ目は魔防系の回避効果だが二つ目は周囲三マス以内にいる味方の杖か竜の人数分×20%軽減する。最終決戦で複数のマムクートや洗脳したニーナ、マリア、レナ、エリスに生命力を捧げるステージを再現した効果。その二つは重複するので最大60%まで軽減可能。

新たに登場したCスキルはミコトの専用武器にあった特殊錬成効果と同じで、自分の周囲四マス以内に敵が近影または遠影系など再移動スキルが発動した場合、近距離武器はグラビティ効果で遠距離武器は強制終了する再移動制限を付与し、敵を逃がさない。

ただでも高い守備や魔防をスキルで更に補強し、このうえに戦闘外ダメージ無効や強力なダメージ軽減を持つなど守備面に大きく寄った性能。相性良く組み合わせられる編成が限られてしまうのが難点だが、簡単には落とせない構成でまさに地竜族の王の名にふさわしい強さ。
組み合わせるなら、竜ユニットで武器効果を発動させたい場合は護り手のスキルを持った開花イドゥンで、いない場合は護り手継承の特攻無効である総選挙ヘクトルでも相性は良い。杖ユニットでは味方ダメージ軽減を使って自分も味方もダメージを抑えられるフレンの組み合わせは相性抜群。

弱点は竜特効やレイヴン系、狙撃などの軽減効果無効などが挙げられようが、それらをもってしてもこの固さでは正面切っての突破は困難。メディウスの周りにいる杖や竜ユニット、もしくは壁役のユニットを先に倒して数を減らすか、攻めに来るように誘い出すしかない。
絶対追撃と追撃不可を併せ持つので低い速さが弱点になりにくいが、見切り・追撃効果を持つ相手は貫通して追撃を受ける可能性があり、速さ依存の回避効果を持つ相手にはダメージを軽減される。攻撃面は意外に対策はあるが、無論近づけるか突破出来るユニットがいればの話になるが…。

余談

担当声優の茶風林氏は幻影異聞録♯FEで鶴海万広を演じていたがヒーローズ声優かつ原作シリーズは初担当で7年ぶり。警視庁捜査一課の警部を筆頭に玉葱頭の小学生磯野家の家長(二代目)旅する武器屋など連想する者がかなり多い。大御所でもあり、採用はかなり召喚師達も驚いた様子。
前者は関連する人達と関わりがあるキャラを演じた声優がFEシリーズで出演している。

ちなみに、『♯FE』のメディウスは喋りこそしないが、咆哮に声らしきものが付いているのが確認できる。
クレジットには一切の記載が無いためこの声の正体はずっと不明のままだったが、今回のヒーローズでの登場により、この声も茶風林氏であった可能性が高まったといえる。


関連タグ

ファイアーエムブレム FE
暗黒竜と光の剣 紋章の謎 新・暗黒竜と光の剣 新・紋章の謎
アンリ マルス マムクート
メビウスの輪

関連記事

親記事

暗黒竜と光の剣 あんこくりゅうとひかりのつるぎ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「メディウス」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「メディウス」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26974

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました